●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

銭の戦争 (第5話・2/3) 感想

関西テレビ系『銭の戦争』公式
第5話『父の死と赤松金融に因縁…奴に復讐だ!』の感想。
なお、原作漫画:パク・イングォン『銭の戦争』も関連ドラマも未見。


赤松(渡部篤郎)は富生(草なぎ剛)の素性を知り警戒する。そんな中、未央(大島優子)が借金を一括返済しに来た。赤松は、富生の情報を随時教えるよう頼む。未央は赤松が捨てたはずのUSBメモリーを持っていると聞き、断ることができない。富生らは、高級住宅街の中の一軒家に取り立てに行く。一方の梢(木村文乃)は、赤松の話から富生の父親の会社が早和子(ジュディ・オング)の会社の傘下に入っていたことを知り、疑問を抱く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

富生に纏わる5つの事柄が描かれ、ドラマ全体がスッキリ

前回の記事では、「いい人」なのか「悪い人」なのか、その境目の曖昧さが富生(草なぎ剛)の“魅力”と書いた。しかし、実はその“富生の魅力”こそ主人公のキャラやドラマ全体の印象を曖昧にしていた。だが、今回は違った。富生に纏わる5つの事柄を、下記のように丁寧に整理して魅せてきた。

[1] 富生の今の仕事が金貸しであること。
[2] 富生が務める赤松金融が悪徳業者なこと。
[3] 赤松(渡部篤郎)が富生を調べていること。
[4] 富生と未央(大島優子)の今の状況や関係性。
[5] 梢(木村文乃)が未央に敵対する以外に富生への復讐心が見えたこと。

富生がどんな男なのか、次々と明らかになるのも楽しい

上記の5つだけでも、かなり主人公が立ってきたのだが、更に富生の父・孝夫(志賀廣太郎)の死直後と一歩前進できそうにまで回復したホワイト化学と富生の関係までしっかり挿入したことで、富生と従業員たちとの関係もスッキリし、ほぼすべての登場人物たちの関係性が明瞭になったのは見事だ。

また、元カリスマ美容師の妻の自殺を止めたり、ホワイト化学での乾杯のシーンなど、富生と言う男がどんな人間なのか、次々と明なかになっていく様も、なかなか楽しい。

荒々しい展開だからこそ、俳優の落ち着いた演技が輝く

もちろん、ドラマの展開としては、かなりトントン拍子的な部分は否めない。更に、韓国ドラマ風の奇抜で強烈で違和感を覚える展開を組み込むから、長編ドラマの縮小版的な少々残念なテンポ感になっているのも事実。

ただ、この日本のドラマらしからぬ激動の荒々しい脚本を、見事に日本の連ドラに仕上げているのが俳優陣の存在感と演技力だ。演技については基本的に言及しない当blogだが、こと本作に限っては俳優さんたちの演技なくしては、この完成度は成立しないと思う。

特に、草なぎさん、渡部さん、木村さんら俳優自身の存在感や演技から滲み出てくるようなリアルな恐ろしさや、人間性の弱さ、情け、怒りが、やは荒々し過ぎる脚本を人間ドラマに仕上げつつあると思う。特に静止状態の表情のアップだけで魅せる演技に何度もドキッとさせられた。

あとがき

全体的にだいぶスッキリしたとは書きましたが、予告編を見ても、まだ韓国ドラマ的なエッセンスは登場するわけですよね。韓国ドラマを否定しませんが、本作の俳優さんたちの演技などからすると、折角わかり始めた富生のキャラがまた見えにくくなりやしないかが心配なのです。さて、どうなるでしょうか。

それと、第5話にして、草なぎさんに“白石富生”が完全に憑依したような気がします。今回は、草なぎさんでなく、富生が怒り、富生が苦しみ、富生が笑ってました。こうなれば、あとは脚本の展開で多重人格者みたいに描かないようにして頂ければ、富生を演じきるでしょうね。

それと、これを書くとまた問題になりそうですが、前回に比べて、“女優・大島優子”が着実にステップアップしてました。特に富生と未央のキッチンでの料理から食事のシーンのやり取りを、撮影編集も単純なカットの切り替えのみなのに、真正面の相手と食事しながら上半身だけで、今の富生と未央の関係を目の演技でしっかり見せてくれました。良かった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「銭の戦争」 オリジナルサウンドトラック 菅野祐悟
華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ(初回限定盤A)
華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ(初回限定盤B)
銭の戦争 第一巻 魔王誕生


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6624/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/413485391.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銭の戦争 #05

『父の死と赤松金融に因縁…奴に復讐だ!』

銭の戦争 第5話

赤松(渡部篤郎)は、青池ファイナンスの早和子(ジュディ・オング)から自分が自殺に追いやったホワイト化学の社長の息子が富生(草彅剛)だと聞かされます。 赤松は何も知らない富生に何を企んでいるのかと詰め寄りますが、富生は紅谷(津川雅彦)から紹介されただけだと答えます。 赤松は、それから富生のことを調べ始めます。 富生から借りたお金で借金を全額返済した未央(大島優子)に、彼女が勤...

銭の戦争 第5話:父の死と赤松金融に因縁…奴に復讐だ!

富生も知らなかったんだ〜!?(/||| ̄▽)/ウソッ! 前回、赤松が富生の正体を知らなかった事に驚いたけど、富生もまた赤松の 正体を知らずに働いていただなんて・・・ あたしゃてっきり、お父さんの事は割りきってというか、赤松の元で父のように 借金で追い詰められた弱者を...

銭の戦争 第5話

「父の死と赤松金融に因縁…奴に復讐だ!」 内容 赤松(渡部篤郎)は、富生(草なぎ剛)が、赤松が追い込んだ男の息子と知る。 何かあるのではと勘ぐる赤松は、 富生から借りた金で返済にやって来た未央(大島優子)を揺さぶりをかける。 そんななか富生は元カリスマ美...

銭の戦争第5話(2.3)

白石富生@草彅剛が自分が自殺に追い込んだ白石@志賀廣太郎の息子だと知り、 身の危険を感じた赤松@渡部篤郎は富生の身辺を探る。 一方、富生もまた、赤松が父親を自殺に追い込んだ人間だと気づき、激怒、 赤松に襲いかかったと 互いの正体に気づいた富生と赤松、二人とも冷静さを失っていたな。 富生に「どういうつもりなんだ?」と尋問していた赤松、 前回も書いたけど、赤松は紅谷老人@津川雅彦が見込んだ人間...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR