●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

マッサン (第104回・2/3) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第18週『遠くて近きは男女の仲』【第104回】の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


縁談話が持ち上がり動揺するハナ(小池栄子)と俊夫(八嶋智人)を見て、エリー(シャーロット)は2人が互いに好き合っていると感じる。そんな中、俊夫はハナへの思いを振り切るように、返品されたりんご汁を利用したワインづくりに没頭するのだった。その様子にエリーの言うことがまんざらでもないと感じるマッサン(玉山鉄二)。互いに距離をとる俊夫とハナを引き合わせようとするエリーとマッサンであったが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

朝ドラらしいと言えば、朝ドラらしい…

一応、ウイスキーづくりの成功への過程と言う仕事も描いてるし、夫婦も家族も描いてるし、そのうえ新カップル誕生とのおめでたネタでもあるし、朝ドラらしいと言えると思う。

これまでの「お節介エリーの奮闘記」と違う

兎に角、今回のエピソードには、本作のお約束である“お節介エリー”の奮闘記に、きちんとマッサン(玉山鉄二)が関わってる点が過去との大きな違い。エマや熊虎に話が逸れるよりずっとマシ。ただ、先が見えてる結婚話だけに面白味は皆無だが、これまでより、少しはマッサンを活かして、且つ、仕事を絡めて物語を書く姿勢は見えてきた。

まさか、“余市編”でウイスキーづくりは描かないのか?

ただ、過去と残りの話数を考えると不安がある。例えば、今日のエリーのこのセリフなんて日本に来て何年経ってんだって次元。
「トシオさん、ハナ、ラブ」
明らかにエリーの日本語力が“大阪編”より退化してる。ってことは、“余市編”より以前に撮影された可能性大。だとすると、“余市編”の撮影時点では、ウイスキーづくりの過程は“大阪編”で描くと決めているはず。だとすれば、“余市編”では完成品だけが登場するってこと?おいおい、それが本当だと困ったものだ。

あとがき

まあ、今週は俊兄とハナの結婚を見届けるしかないですね。そして、今日、俊兄の話で、リンゴジュースからシードルやブランデーに話が進む可能性も出てきたので、来週以降の展開を待つしかないようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「マッサン」オリジナル・サウンドトラック
ウイスキー一筋に生きてきた男、竹鶴政孝。 (マガジンハウスムック)
竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語
大好き「マッサン」ファンブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6620/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/413433788.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40 41 42
第8週『絵に描いた餅』
43 44 45 46 47 48
第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』
49 50 51 52 53 54
第10週『灯台下暗し』
55 56 57 58 59 60
第11週『子に過ぎたる宝なし』
61 62 63 64 65 66
第12週『冬来たりなば春遠からじ』
67 68 69 70 71 72
第13週『急いては事をし損じる』
73 74 75 76 77 78
第14週『渡る世間に鬼はない』
79 80 81 82 83 84
第15週『会うは別れの始め』
85 86 87 88 89 90
第16週『人間到る処青山有り』
91 92 93 94 95 96
第17週『負うた子に教えられる』
97 98 99 100 101 102
第18週『遠くて近きは男女の仲』
103

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第104回★四六時中仕事の事しか考えとりまへん

連続テレビ小説「マッサン」 第104回(2月3日) ハナ(小池栄子)の縁談話に動揺している俊兄ぃ(八嶋智人)は仕事に打ち込んで気を紛らわせています。 返品されたリンゴ汁でワイン製造を思いついた俊兄ぃ(八嶋智人)は「わしゃ仕事一筋に生きる男ですけん。四六時中仕事の事しか考えとりまへん!わしゃおなごの事も結婚の事も一切興味ありまへん!。」 小生は”俊兄ぃ”という人物に愛着を感...

マッサン 第104回

内容 熊虎(風間杜夫)が、ハナ(小池栄子)に縁談話をもってくる。 ハナと俊夫(八嶋智人)の様子を 普段から見ていたエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は。。。。 敬称略 仕事を盛り込んでいるのは、良いことだと思いますが。 なにせ、今週。。。。や...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第104回 感想

縁談話が持ち上がり動揺するハナ(小池栄子)と俊夫(八嶋智人)を見て、エリー (シャーロット)は2人が互いに好き合っていると感じる。 そんな中、俊夫はハナへの思いを振り切るように、返品されたりんご汁を利用した ワインづくりに没頭するのだった。 その様子にエリーの言うことがまんざらでもないと感じるマッサン(玉山鉄二)。 互いに距離をとる俊夫とハナを引き合わせようとするエリーとマッサ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR