●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

マッサン (第103回・2/2) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第18週『遠くて近きは男女の仲』【第103回】の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


マッサン(玉山鉄二)の工場は新たな取引先も見つかり、ようやく軌道に乗り始め、エリー(シャーロット)やエマ(住田萌乃)も徐々に北海道の暮らしに慣れ始めていた。しかしある日、りんご汁が濁り、ラベルにカビが生えたと取引先から苦情が。品質には何の問題もないと釈明するが全て返品、回収費用も負担するよう告げられるのだった。そんな中、熊虎(風間杜夫)が進(螢雪次朗)に頼まれた縁談をハナ(小池栄子)に持ちかける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今週は、別の「新夫婦誕生秘話」なんだ?

今日の15分とサブタイトルで、今週がハナ(小池栄子)と俊夫(八嶋智人)の「新夫婦誕生秘話」の一週間なのがわかってしまった。

まあ、酒の消費量が減少している昨今だから、ウイスキーづくりより婚活ブームに乗っかった方が視聴率が良いとのNHKの判断だろう。この点については、もはやこれ以上の論議は無駄話だからやめておく…

「北海道に遅い春がやってきました」は雑過ぎるぞ

それにしても冒頭から、「北海道に遅い春がやってきました」とは何とも創意工夫のないナレーションだろう。季節と恋の“春”をかけたにしてはお粗末な。しかし、ドラマは突然リンゴ汁の話へ。先週末には「売れない」と悩んでいたマッサン(玉山鉄二)もニコニコ顔で出荷中。

と思ったら、シーンはエリー(シャーロット)の漬物づくりへシーン転換。更に先週雑ながらも1週間かけて描いたエマ(住田萌乃)も、登校時に友だちが迎えに来ることもなく、普通に投稿して終了。話は「新夫婦(仮)」のネタ振りへ。やはり、エリーの主演シーンの演出は気合が違う。だって、今朝は相当テンポが速過ぎるから…

リンゴ汁販売のくだりを見せずに「冒険」もないだろ?

それにしても、もう少しリンゴ汁販売のくだりを見てみたものだ。人気が出たり販路が広がったこと(東京にまで売ったのは初耳だぞ)はナレーション・ベースで、いざ苦情処理の部分だけ描かれても“冒険中”のマッサンに共感するは難しいのでは?

きっとマッサンがあれこれ工面して持ち直したのだろうが、その過程が視聴者に丸投げでは、「愛と冒険の物語」と言うには粗削り過ぎるような気がする。もちろんNHKは、エリーの“愛のお節介”を応援してもらえばそれで良しなんだろうが。

あとがき

確か、マッサンとエリーが互いに惹かれ結婚に至る過程は、僅かな回想シーンと繰り返しのナレーションで語られただけだったなのに、この度の「遅い春」は1週間かけてじっくり描くようですね。
ただ、今日の出演者の時間配分を見る限り、今週は何とかマッサンも描かれるようなので、良しとするしかないようです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「マッサン」オリジナル・サウンドトラック
ウイスキー一筋に生きてきた男、竹鶴政孝。 (マガジンハウスムック)
竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語
大好き「マッサン」ファンブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6616/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/413373720.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40 41 42
第8週『絵に描いた餅』
43 44 45 46 47 48
第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』
49 50 51 52 53 54
第10週『灯台下暗し』
55 56 57 58 59 60
第11週『子に過ぎたる宝なし』
61 62 63 64 65 66
第12週『冬来たりなば春遠からじ』
67 68 69 70 71 72
第13週『急いては事をし損じる』
73 74 75 76 77 78
第14週『渡る世間に鬼はない』
79 80 81 82 83 84
第15週『会うは別れの始め』
85 86 87 88 89 90
第16週『人間到る処青山有り』
91 92 93 94 95 96
第17週『負うた子に教えられる』
97 98 99 100 101 102
第18週『遠くて近きは男女の仲』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マッサン 第103回

内容 病院というリンゴ汁の販路が見つかり、売れ始めたことで、 ようやく政春(玉山鉄二)の工場も軌道に乗り始めるが。。。。 ある日、取引先から、濁っている、ラベルにカビが。。。とクレームが入る。 中身には問題はないと説明はしたが、返品になってしまうのだった...

「マッサン」第103回★けんかするほど仲がいい

連続テレビ小説「マッサン」 第103回(2月2日) ナレーション<病院など新たな取引先も見つかりリンゴ汁の製造販売は軌道に乗りました。 エリーやエマもすっかり北海道の暮らしになじんでいます。> <そんな穏やかな日々の中近頃毎日のように見かけるのがこの2人の口げんか。> 俊兄ぃ(八嶋智人)とハナ(小池栄子)がつまらないことで朝から口げんか。 <けんかするほど仲がいい...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第103回 感想

マッサン(玉山鉄二)の工場は新たな取引先も見つかり、ようやく軌道に乗り始め、 エリー(シャーロット)やエマ(住田萌乃)も徐々に北海道の暮らしに慣れ始めていた。 しかしある日、りんご汁が濁り、ラベルにカビが生えたと取引先から苦情が。 品質には何の問題もないと釈明するが全て返品、回収費用も負担するよう告げられ るのだった。 そんな中、熊虎(風間杜夫)が進(螢雪次朗)に頼まれた縁談を...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR