流星ワゴン (第3話・2/1) 感想

TBS系『流星ワゴン』公式
第3話・10分拡大スペシャル『成功への道~鉄棒感動物語!奇跡を起こせ』の感想。
なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。


一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)、付いてきた健太(高木星来)は、公園で異様な光景を目にする。広樹(横山幸汰)が‘処刑’と称し、教師らの名前を書いた人形をパチンコで倒しているのだ。ここまで追い詰められていたのかと衝撃を受ける一雄は、受験をやめないかと提案するが、広樹は受験すると譲らない。そこに、級友たちがサッカーをしようと誘いに来た。塾を理由に断る広樹を、一雄は気分転換になるからと送り出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

何も日曜の夜に疲れるドラマに仕上げなくても?

親子や家族、夫婦の関係修復をタイムスリップしてやり直す話で、自分自身の家族らのことを見つめ直そうとした物語であることはわかるし、そんなドラマを本放送枠で放映する意味はあると思う。しかし、内容以前に、大人も子供も絶叫や怒涛の連続で観ているだけで疲れてしまう。

今週は、健太(高木星来)と広樹(横山幸汰)も怒鳴るシーンが多い上に、それに負けじと忠雄(香川照之)も被せてくるから、ストーリー以前に落ち着かなくて、私は話に集中できなかった。俳優陣の渾身の演技は良いが、ここまでやると、第3話なのに、もう私にはただただ疲れるドラマになってきているのだが…

共感できる登場人物がいない…

今回のテーマである、いじめがダメなのはわかる。ただ、いじめを受けている親・一雄(西島秀俊)の言動に共感できない。まあ、結果として友だちが遠ざかり自己反省すれば良いがそうなるのか…。

また、忠雄は一本気で気持ちのいい性格なのだが、一雄の少年期の暴力シーンが映し出される度、独りよがりで何でも強引に進める度にちょっと引いてしまう。どうも、本作には私が共感し本作応援できる登場人物がいない。ここが、本作に入り込めない最初の入り口なのだと思う。

あとがき

今回の記事は、敢えて内容に踏み込みませんでした。その理由は、あれこれ各家族に問題があり、それを解決しようと必死なのはわかりますが、正直これまでの3話の展開自体はそれほど変化はありません。

出来れば、忠さんだけでも劇中で表現に変化をつけるなりして、忠雄が過去に戻ってきた意味を一雄が感じ取るような流れに、ぼちぼち移行しても良いかなと思います。今はまだ第3話ですが、このままではパターン化は逃れられないような。話には興味があるので、勝手な意見ですが、少し変化してほしいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
流星ワゴン (講談社文庫)
TBS系 日曜劇場「流星ワゴン」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6615/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/413364159.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

流星ワゴン「成功への道~鉄棒感動物語!奇跡を起こせ」

10分拡大スペシャルだったけれど、大半は「これまでの、あらすじ紹介」でしたね。たしかに、幽霊(死んだら)不可能と思われてた、ワゴンの少年・橋本義明(吉岡秀隆)の未練、逆上がりが、忠雄(香川照之)の特訓で、「出来るようになった!」のは感動的だったけれど、あとはブルー三昧。一雄(西島秀俊)の息子・健太(高木星来)君、既に、かなり屈折してますね。公園で、恨む相手をコーンに名前を書き、Y字パチンコで...

流星ワゴン 第3話★逆上がり

流星ワゴン 第3話 一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)、付いてきた健太(高木星来)は、公園で異様な光景を目にする。広樹(横山幸汰)が‘処刑’と称し、教師らの名前を書いた人形をパチンコで倒しているのだ。ここまで追い詰められていたのかと衝撃を受ける一雄は、受験をやめないかと提案するが、広樹は受験すると譲らない。そこに、級友たちがサッカーをしようと誘いに来た。塾を理由に断る広樹を、一雄は気分転換...

【 流星ワゴン 】第3話 感想

世の中にはの、何かをやるやつと何かをやらないやつの2種類しかおらんのじゃ。 お前はどっちじゃ? やるんか、やらんのか? それをやるためにはどうすればいいんじゃ。 できるまでやればいいんじゃ。分かるか! できるまでやるにはどうするんじゃ。 やれるという強い心を持つんじゃ。 不可能を可能にせい、健太! まず心の中に奇跡を起こせ! 流星ワゴン 第3話   ...

流星ワゴン 第3話

一雄(西島秀俊)は結局、自分のリストラを回避することが出来ずに、浮かない顔でワゴン車に揺られていました。 ワゴン車でのドライブに慣れた忠雄(香川照之)が暇を持て余して騒ぐため、橋本(吉岡秀隆)は、ある場所に車を停めます。 そこは健太(高木星来)が生前通っていた小学校でした。 健太は忠雄から鉄棒の逆上がりを教わりますが、上手く行きません。 橋本は奮闘する健太を眺めながら...

流星ワゴン 第3話

「10分拡大スペシャル成功への道〜鉄棒感動物語!奇跡を起こせ」 内容 ワゴンの中で暇をもてあます忠雄(香川照之)に呆れる一雄(西島秀俊) それを見た橋本(吉岡秀隆)健太(高木星来)親子は、 とある場所へとワゴンを向かわせる。 そこは。。。健太が通っていた...

「流星ワゴン」 第3話 成功への道〜鉄棒感動物語!奇跡を起こせ!

 う〜ん・・・何だろうねぇ・・・(ーΩー ) 同じ父と息子の物語だった『とんび』では毎回ラストには自分の中が浄化されるような充実感があったのに、こっちでは終った後に嫌〜なも ...

流星ワゴン #03

『10分拡大スペシャル 成功への道~鉄棒感動物語!奇跡を起こせ』

流星ワゴン #03

公式サイト 結局、一雄(西島秀俊)のリストラは回避出来なかった。浮かない表情でワ

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR