ゴーストライター (第3話・1/27) 感想

フジテレビ系『ゴーストライター』公式
第3話『罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑』の感想。


由樹(水川あさみ)の書くプロットによって、リサ(中谷美紀)の作品は評価を取り戻す。リサは、由樹に執筆用の部屋を与え、優遇する。そんな中、由樹は神崎(田中哲司)から、小説駿峰で始まるリサの新連載は、プロットだけでなく自分の手で小説に仕上げてみるよう勧められる。一方、リサのかつてのライバル・七恵が10年ぶりに文壇に復帰する。七恵を意識するリサは、焦れば焦るほど、納得した作品を書くことができず苦しむ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

リサの母や過去のライバルまでバトルに参戦か?

最初からリサ(中谷美紀)と由樹(水川あさみ)の女同士のバトルを描くドラマだとは思っていたが、ここへきてリサの新人時代のライバル・向井七恵(山本未來)が登場し、認知症のリサの母・元子(江波杏子)まで絡めて来て、女のバトルが益々濃くなってきたのも面白い。

神崎編集長の怪しい行動も楽しい

さらに、神崎編集長(田中哲司)の何やら怪しい行動が、女のバトルに組み込まれることで、リサと由樹の本音と建前を複雑に絡ませて、ドロドロなバトルと言うより、サスペンス的な複雑さとなり、物語を楽しくさせているのは、上手い脚本だと思う。

三浦翔平さんの存在感が薄過ぎないか?

第3話で由樹が「利用してやる」と決意を告げるのは、やや遅いような気もするが、明らかな宣戦布告をしたことで、今後の展開が一気に進むことを期待したい。あと、ちょっと気になるのが、楓人(三浦翔平)の存在感の薄さ。単純に勿体無いと思うのだが、三浦さんの活躍にも今後期待…

あとがき

いよいよ次週から本格的に女同士のバトルが始まるって所でしょうか。やや引っ張り気味な感じはしますが、退屈はしませんしイライラもしないので、悪くないです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「ゴーストライター」オリジナル・サウンドトラック
Unlock (Choreo Video盤) (CD+DVD 三浦大知
Unlock (Music Video盤) (CD+DVD) 三浦大知
Unlock (CD) 三浦大知


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6591/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/413088331.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴーストライター「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」

遠野リサ(中谷美紀)は、川原由樹(水川あさみ)のために、豪華な仕事部屋を提供。由樹がプロットを書くようになって、巷の評判は上がったから、でした。小田颯人(三浦翔平)は、再び神崎雄司(田中哲司)に、由樹の持ち込み原稿を見せ、それを見た神崎は、由樹に、プロットのみならず、小説の形で並行して書くことも薦めます。それを、リサの現行として使おうと魂胆。リサの新連載『おとぎの国の住人』プロットは設定から...

ゴーストライター #03

『罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑』

デート二話&ゴーストライター三話&銭の戦争四話感想

■デート二話 高等遊民(笑)二話のラストの長谷川博己が、熱く語っていた(杏にプロポーズした)シーンは圧巻だったね。。 自分は働かない高等遊民だから、僕と結婚して養って欲しい!本当にお金がかからないんだ!家のことはなんでもするから!みたいな。高等遊民を名乗るだけあって、読書や芸術には触れているので、変に教養だけはあり、妙な説得力があるんだよね(笑) あの長い台詞も、後ろでダンス始まっちゃ...

ゴーストライター 第3回

「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」 内容 リサ(中谷美紀)は、由樹(水川あさみ)にプロットを書かせ、 それを利用して小説の執筆。その小説の評判は上々だった。 事情を知らない小田(三浦翔平)は、 神崎(田中哲司)に、由樹から預かっている原稿を読んで...

「ゴーストライター」第3話 感想

 書けなくなったリサと、小説家としてデビューしたい由樹。神崎がそんな二人を操って行く第3話でした。  リサは自分の地位を失いたくない。だけど書けない。  神崎は由樹の才能に気づいてはいる。だが無名の新人の本を売るより、リサの名を借りる方が簡単に行く。  ゴーストライターの役目を渋る態度の由樹に、以前の作品をきちんと本名で出版するからと神崎は持ち掛けます。  タイミングとしては交換条件...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR