●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

[読書]ブッダ 真理のことば / NHK「100分de名著」ブックス (佐々木閑/著・NHK出版) 感想

ブッダ 真理のことば / NHK「100分de名著」ブックス
【おススメ度】★★★★

文系的な視点に、理系的で合理的な考え方が加わって…

おおもとの仏教「釈迦の仏教」を説いた本。本書の面白い所は、仏教学者である著者・佐々木閑氏が若い頃に科学を研究する立場にあったこと。従って文系的な視点に、理系的で合理的な考え方が加わっているため、とても論点が明確で解り易い。歴史や歴史上の人物の解説も、やさしく丁寧に書かれているのが良い。

ブッダの教えの原点は、シンプル・イズ・ベスト

例えば、こんなくだりがある。

超越存在を認めず、世界を原因と結果の機械論的因果則でとらえようとする視点も、「釈迦の仏教」と科学で共通しています。
(P.58より引用)
どうやら、おおもとの「釈迦の仏教」は、現在の日本の「十八宗」と呼ばれる宗派のような神秘的な要素が少なく、ブッダの考え方は実に原理がシンプルのようだ。
だからこそ、より科学者視点の本書が活きてくるくだりもある。「諸行無常」を映写機に例えた比喩で……
スクリーン上の映像はたいへんな速さで移り変わっていくので、観客の目には一つの存在物が連続して動いているように見えますが、じつは一コマ一コマ区切られた別個の静止物であり、それらが一瞬毎に生まれては消えていく、その連続がこの世の真の姿なのです。この世はこれ以上分割できない短い時間のコマからできあがった集合体である
(P.59より引用)
このように、「釈迦の仏教」に書かれているブッダの教えの原点が如何にシンプル・イズ・ベストであり、現代的な解釈により十分に理解し易く書かれていることが解ると思う。

わたしは、ブッダの教えをこう捉えた

私はブッダの教えをこう捉えてみた。人間は何度死んで何度生き返っても、この世は苦しみばかり。だから、苦しみを正しく受け入れるしかない。そのために自分の心の在りようを変えるべく、自己鍛錬によって智慧や叡智の目を養い真理を見ることでしか、苦悩から解放されることはない。

これが、表紙に飾られている『仏教は「心の病院」である』と言うキーワードに繋がっていくのだ。詳しくは是非本書を読んで欲しい……

あとがき

どんなことでも「おおもと」の思想や意味合いは、時と場所が変わる度に変化して伝道してしまうものなんですね。本書を読めば「釈迦の仏教」のエッセンスだけでも垣間見ることができます。その上で、ご自身の宗派の教えを考えてみると、意外と面白いと思います。まず原点に触れよう、そんなやさしい一冊です。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK「100分de名著」ブックス 般若心経
いちばんやさしい ブッダの教え
本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか (NHK出版新書 399)
お寺の収支報告書(祥伝社新書)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6556/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書]お寺の収支報告書 (橋本英樹/著・祥伝社) 感想
[読書]ぐっとくる!仏像 (みうらじゅん/著・エイ出版社) 感想
[読書]意味不明でありがたいのか――お経は日本語で (戸次公正/著・祥伝社) 感想
【書評】いいお坊さん ひどいお坊さん (ベスト新書) 勝 桂子(著)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR