阪神・淡路大震災20年ドラマ 「二十歳と一匹」 (2015/1/17) 感想

NHK総合系阪神・淡路大震災20年ドラマ『二十歳と一匹』公式
『阪神・淡路大震災で両親を失った赤ん坊が、20年後に「災害救助犬」のハンドラーを目指す。「命」を守りたいと確かな一歩を踏み出す青年の成長を通して希望を描く。』の感想。


暗がりに突然光がさし、何かに顔をなめられる…。それが藤原理人(19歳)の最初の記憶だ。理人はひょんなことから災害救助犬のハンドラーを目指すことに。ある日訓練施設に閉じ込められたところを救助犬に救われた理人は、助けを求める人の思いを実感する。「最初の記憶」が「20年前の震災」に結びついていたことも…。震災で両親を失った幼子が、「命」を守りたいと確かな一歩を踏み出す青年に成長する姿を通して希望を描く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

阪神・淡路大震災を歴史にしてはいけない

理人「そりゃあ、俺は神戸の人間やけど…
        震災ん時には、まだ0歳だし…
        阪神・淡路大震災なんて…
        うん、学校で習ったやけやし…
        うーん、あんなん歴史やし…」

動物専門学校時代に東日本大震災を見て、「人を助けたい」と思い動物と一緒にできる仕事をと災害救助犬ハンドラーになったサラ(足立梨花)が、軽率な気持ちで災害救助犬のNPOに就職したことを責めた時に、主人公・理人(菅田将暉)が言う台詞がこれだ。

20歳の誕生日直前の主人公は、阪神・淡路大震災で両親を亡くし、がれきの中から災害救助犬に顔を舐められて救助された過去の記憶がある青年だ。しかし、この主人公は「阪神・淡路大震災=歴史上の出来事」との認識なのだ。

物語は、この震災の記憶の無い主人公とダメ犬・キューが、徐々に夢や希望に向かって確実に前進していく姿が、震災から立ち直っていく人たちや街並みと重なって見えた。

震災20年後にこそ、つくるべき価値あるドラマ

今人気のある菅田将暉さんと足立梨花さんの男女をメインにして、動物を絡めたり、高齢者社会の問題も描いたりと工夫した脚本で、いろんな人たちの記憶の中で、「阪神・淡路大震災=歴史上の出来事」にならないように訴えるドラマをつくることに意義があると思った。

特に、主人公・理人が、小さいながらも力強い一歩を、一匹の災害救助犬キューと共に歩み出す姿がしっかり描かれたのは素晴らしい。

単なる企画モノでない、手堅く見応えのあるドラマ

テレビドラマとしての仕上りも悪くない。特に、登場人物が少なく絞り込まれているため、主人公が物語に埋没しなかったのが良い。

20年前の消防士、元警察犬の訓練士、震災を知らない若者、亡き両親の代わりに自分を育ててくれた祖父母、震災を生き抜けた老人とそのひ孫など、登場人物たち全員と関係を持ちながら、主人公が小さいながらも力強い一歩を一匹の災害救助犬キューと共に歩み出す姿がしっかり描かれた。

これは、昨年NHKで放送された小池徹平さん主演ドラマ『ボーダーライン』(最終回の感想記事)が反面教師となって活かされたと思う。

あとがき

私は20年前の朝、東京のTVニュースで震災を知りました。ちょうど義弟が神戸市に就職したばかりで、彼は長田区で被災しました。彼と連絡の取れない数日間がどれだけ恐ろしかったか。今でも彼が公衆電話からかけてきた震える声は今でも忘れられません。
阪神・淡路大震災、決してあの悲劇を忘れてはいけない…

【当blog内の関連記事】
阪神・淡路大震災20年ドラマ 「二十歳と一匹」 (2015/1/17) 感想

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
めざせ! 災害救助犬 被災犬「じゃがいも」の挑戦
ありがとう、金剛丸 ~星になった小さな自衛隊員~
世の中への扉 災害救助犬レイラ
災害救助犬ものがたり-がれきの中のレスキュードッグたち


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6553/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/412552267.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR