マッサン (第89回・1/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第15週『会うは別れの始め』【第89回】の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


鴨居商店を辞め、自分の工場を作ろうと決意したマッサン(玉山鉄二)は、エリー(シャーロット)とともに野々村(神尾佑)の元を訪ね、実業家の渡芳利(オール阪神)と出会う。北海道に工場を建てウイスキーをつくりたいとエリーが話を持ちかけたのだ。計画を必死で説明するマッサンだが、出荷までの5年間の経営計画がなければ投資できないと言われてしまう。悩むマッサンとエリーだが、りんごを見たエリーはあることを思いつく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今作も結局は、年表の箇条書きの映像化か?

もう前回とほぼ違うドラマになってしまった本作。すべて脚本家の手抜きと計算の無さが原因だ。前回でチラッと大家が登場しただけで、今回ここまで話を進めちゃうのは、唐突過ぎてもはや連ドラとは言えないと思う。

年表の箇条書きの映像化は前作で散々見てきたが、どうやら本作も同じ道を歩むことがほぼ確定したのではないだろうか。

最も重要なくだりをたった15分で台詞で済ませた!

以下の項は敢えて前回の感想をコピペするが、以下の部分がマッサンのモデル竹鶴政孝さんの人生の選択で最も重要なくだりなのだ。それを本作は簡単に数名の台詞に割り当てて15分で済ませてしまった。これには呆れたとしか言いようがない。

マッサン(玉山鉄二)が作りたいジャパニーズ・ウイスキーと、鴨居(堤真一)が売りたいジャパニーズ・ウイスキーの違いから、2人の仲が険悪になる。特にマッサンは、一度工場長を外されたことを悔しく思っていて、密かに鴨居商店から独立を計画。

エリーと一緒にマッサンの夢に共感する出資者を探し、余市に新しい会社と工場を作って独立。しかし、業界の習わしもあり、すぐにウイスキー製造をせずに、数年間はアップルジュースを中心に商売を始める。余市の農家はマッサンとエリーの会社が果物を買ってくれるから、どんどん親睦が深まり、余市には無くてはならない存在になる。

順序立てて丁寧に必要なエピソードを描くだけで良い

マッサンとエリー夫婦が図々しいとか短絡的とか、そう言う細かいことはもはやどうでもいいこと。史実に忠実であれとは言わないが、実在のモデルがいてウイスキーが存在する以上、到達点は見えている。物語は単純にそこに向かって、マッサンとエリーを歩ませれば良いだけのこと。

そのためには、夫婦が到達点に至るまでの十分な時間の流れを作れば良いだけの話。順序立てて丁寧に必要なエピソードを描くだけで良い。まだ二か月あるのだから、語りで補完しても良い。とにかく無駄話に時間を割くのを辞めて、必要な部分だけを丁寧に描くことだけして欲しい。

あとがき

今日の15分間では、マッサンにもエリーにも「図々しい奴ら」、「考えの甘い夫婦」との悪い印象しか生まれませんよ。だって、いつでも金に困ったら金持ちの大家に頼んでるだけですから。こんなことの繰り返しで、ニッカの創業者の物語を描こうとしているんですから、困ったものです。

――『[読書]竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語 (千石涼太郎/著・双葉社) 感想』の記事もご参照下さい。史実と本作のズレについて少し触れています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 マッサン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 マッサン 上 単行本
竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語
NHK連続テレビ小説「マッサン」主題歌“麦の唄" 中島みゆき


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6537/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/412438630.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40 41 42
第8週『絵に描いた餅』
43 44 45 46 47 48
第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』
49 50 51 52 53 54
第10週『灯台下暗し』
55 56 57 58 59 60
第11週『子に過ぎたる宝なし』
61 62 63 64 65 66
第12週『冬来たりなば春遠からじ』
67 68 69 70 71 72
第13週『急いては事をし損じる』
73 74 75 76 77 78
第14週『渡る世間に鬼はない』
79 80 81 82 83 84
第15週『会うは別れの始め』
85 86 87 88

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第89回★リンゴ汁と5000万円

連続テレビ小説「マッサン」 第89回(1月16日) 鴨居商店を辞め、自分の工場を作ろうと決意したマッサン(玉山鉄二)は、エリー(シャーロット)とともに野々村(神尾佑)の元を訪ね、実業家の渡芳利(オール阪神)と出会う。北海道に工場を建てウイスキーをつくりたいとエリーが話を持ちかけたのだ。芳利「ほんでなんぼほどかかんねん?」 マッサン「少なくとも50万は。」 現在の貨幣価値で約2...

連続テレビ小説 マッサン(89)「会うは別れの始め」

鴨居商店を辞め、自分の工場を作ることを決意したマッサン。 いよいよニッカウヰスキー誕生へと物語は進んでいく。 家主の野々村さんの知り合い実業家の渡芳利。演じるはオール阪神師匠。 北海道に工場を建てウイスキー作りたいという話に渡芳利は出荷までの5年間の 計画がなければ投資は出来ないと言う。お金を出す人間にしたら当然のことだ。 思い悩むマッサンとエリーはりんごを見たエリーはあることを思...

マッサン 第89回

内容 鴨居商店を辞めて、工場を作ることを決意した政春(玉山鉄二)は、 エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)と 家主・野々村(神尾佑)のもとを訪ねる。 そして実業家の渡芳利(オール阪神)と会い、話を始める。。。 敬称略 あいかわらず、唐突に物語が動く...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第89回 感想

鴨居商店を辞め、自分の工場を作ろうと決意したマッサン(玉山鉄二)は、エリー (シャーロット)とともに野々村(神尾佑)の元を訪ね、実業家の渡芳利(オール阪神) と出会う。 北海道に工場を建てウイスキーをつくりたいとエリーが話を持ちかけたのだ。 計画を必死で説明するマッサンだが、出荷までの5年間の経営計画がなければ投資 できないと言われてしまう。 悩むマッサンとエリーだが、りんご...

コメント

何か見当違いのような・・・
このドラマは「主人公二人の愛と冒険の物語」と1回目のナレーションで謳われていた通り史実の忠実なドラマ化では無い云わばラブストーリーであることを制作側も最初から明言しています。
初の国産ウィスキー造りというプロジェクトX風味こそあれど、本質は朝ドラ特有のヒロイン側の視点を重視したいわばメロドラマなわけで、史実通りで無いと目くじら立てるのはどんなもんでしょうか?
Re: 何か見当違いのような・・・
☆不破 悠さん
コメントありがとうございます。

史実と違うなんて目くじらを立てているつもりはないです。

ただ、史実がとても感動的なのに、
一応モデルがある前提で変更するなら、
それに見合う、いやそれ以上のフィクションの楽しさを創出しなければ、
作り手としての面白味に欠けるのでは?と思うだけです。

> 本質は朝ドラ特有のヒロイン側の視点を重視したいわばメロドラマなわけで、

確かにこのような捉え方はあると思いますが、
それ前提で朝ドラを観たらつまらないと私はおもうのですが。。。

と言うわけで、私のブログは普通の朝ドラを普通に楽しんでいる方向けで無いので、
そっとしておいて頂ければ幸いです。
  • 2015-01-17│00:53 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR