相棒Season13 (第11話・1/14) 感想

テレ朝系『相棒Season13』公式
第11話『米沢守、最後の挨拶』の感想。


4件の不審死事件の現場から同じDNAが見つかり、連続殺人の可能性が浮上する。しかし、事件に一貫性がなく、さすがの右京(水谷豊)もお手上げだ。そんな中、見つかったDNAは鑑識の米沢(六角精児)のものだったことが判明。DNA採取に使う綿棒に米沢の細胞が付着していたようだ。あり得ないミスを犯した米沢は、退職を迫られる。米沢の鑑識道具箱を調べた右京と享(成宮寛貴)は、紛れ込んでいた1枚の木の葉に気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

刑事ドラマ、連ドラとしては面白い

まず、あれこれ言う前に今回の物語だが、主人公の刑事に何かと捜査協力をしている鑑識係が事件に巻き込まれ退職にまで追い込まれるのを、主人公の刑事が真相を解明し鑑識係を助ける。これだけ見れば、とても良く出来た刑事ドラマだし、連ドラとして目の付け所も悪くない。

結局、米沢の退場は客寄せだったのか?

ただ、刑事ドラマや連ドラとして面白ければすべて良し、とならないのが『相棒』の難しいところ。視聴者の要求が高いのだ。特に“相棒らしさ”は必修項目。私が考える3つのらしさは…

1.刑事ドラマとして、特に事件発生から解決までが個性的であること。
2.長期シリーズとして、主人公以外の登場人物が上手く活躍すること。
3.右京(水谷豊)と“相棒”がしっかりバディとして活躍すること。

さて、今回はどうだったろう。「1」は何とかクリアしたと思う。「2」は脇役の中でも活躍度トップクラスの米沢(六角精児)の退場を単なる客寄せに利用しただけでは無かったろうか。そして「3」は見事に享(成宮寛貴)不在の残念な『杉下右京の事件簿』仕立てで終了。こんなところだろうか。

すべての元凶は「杉下右京の事件簿」状態だ

個人的には、小説『鑑識・米沢の事件簿』シリーズや映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』で主役を務めたまでの米沢守の退場劇で盛り上げるなら、きちんと2時間スペシャルなりで魅せて欲しかった。通常枠であの米沢が退場するはずないのは多くのファンが承知しているが、やはり怖いもの見たさがあるのは確か。

そして、ファンだから敢えて言うが、最近強烈になりつつある『杉下右京の事件簿』状態の本作では、正直米沢の存在感も薄くなっているのも事実。「もしや、ホントに退場するかも?」と思わせること自体が悲しいことなのだ。

あとがき

久し振りに米沢守にスポットライトを当てたのは良かったと思います。ただ、以下の4つは如何なモノかなあと思います。

1.享の存在感の薄さ
2.米沢の上司が真犯人と言う後味の悪さ
3.その真犯人を演じた池田政典さんが同シリーズに別キャラで登場済みなこと
4.そして何より米沢さんの退場を客寄せパンダに使ったこと

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season 12 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]
相棒 season12 上 (朝日文庫)
相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 豪華版Blu-ray BOX(初回完全限定生産)
相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 (期間限定出荷) [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6531/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/412374540.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(元日SP)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒season13 第11話「米沢守、最後の挨拶」★米沢のDNAが・・・

相棒 season13 第11話「米沢守、最後の挨拶」 内各地で同一犯による連続殺人と見られる事件が発生!手掛かりは3つの現場すべてに残されていた犯人と思しき人物のDNA。この“連続殺人犯”が鑑識・米沢(六角精児)だったことが発覚し大問題に。米沢はクビを宣告されてしまう。右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は憔悴しきった米沢を放っておけず独自の捜査を開始。そんな中、右京たちは3つの現場か...

相棒 「米沢守最後の挨拶」〜冤罪、そしてマニアックな米沢さんの部屋!

 科学捜査の危うさと怖ろしさを暗に語っていますね。  もし、今回の件が米沢さん(六角精児)のDNAでなく、他の人のものだったら、その人が犯人にされてしまう。 「4つの事件にお前のDNAがあったんだから、お前が犯人だろう!」  こう言われたら、誰も反論できない。...

「相棒 season13」第11話

虚像の連続殺人鬼… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201501150000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】相棒season12(下) [ 碇卯人 ]価格:907円(税込、送料込)

相棒 season13 テレ朝(1/14)#11

第11話 米沢守、最後の挨拶 公式サイトから都内各地で同一犯による連続殺人と見られる事件が発生!手掛かりは、3つの現場すべてに残されていた犯人と思しき人物のDNA。 ところが、問題のDNA が、鑑識課の米沢(六角精児)のものであることが判明。鑑識がDNA採取用に使用している綿棒に、米沢の細胞が付着していたのだ。マスコミでも大々的に取 り上げられている“連続殺人犯”が、 警視庁内の鑑識にいたと...

相棒 シーズン13 - 水谷豊 成宮寛貴

相棒 Season 13 水曜 21:00 テレビ朝日 2014年10月15日~ [キャスト] 水谷豊 成宮寛貴 鈴木杏樹 真飛聖 川原和久 山中崇史 山西惇 六角精児 神保悟志 小野了 片桐竜次 仲間由紀恵 石坂浩二 ほか [スタッフ] 公式サイト 相棒|テレビ朝日 P DAY プロ...

相棒 season13 第11話 米沢守、最後の挨拶 感想

連続殺人の犯人は米沢さん!? 公式HPよりあらすじ 都内各地で同一犯による連続殺人と見られる事件が発生! 手掛かりは、3つの現場すべてに残されていた犯人と思しき人物のDNA。ところが、問題のDNAが、鑑識課の米沢(六角精児)のものであることが判明。鑑識がDNA採取用に使用している綿棒に、米沢の細胞が付着していたのだ。マスコミでも大々的に取り上げられている“連続殺人犯”が、警視...

相棒season13 第11話

東京都内各地で発生した殺人事件の現場から、同じ男のDNAとたばこの銘柄が見つかって、同一犯による連続殺人事件と思われていました。 そんな中、犯人と思われる男のDNAが、現場に臨場した鑑識課の米沢(六角精児)のものと判明します。 右京さん(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、米沢のマンションを訪ねて、管理人さんに鍵を開けてもらって、憔悴し切っている彼を見つけて、即刻クビを宣告されて謹慎中の...

相棒season13 第11話

「米沢守最後の挨拶」 内容 2週間前に、都内のマンションで女性の遺体で発見され、現場からDNAが採取。 その1週間後、ホームレスの遺体が見つかり、現場からDNA。 4日前、歩道橋の下で女性の遺体。現場から前のふたつと同じDNAが発見。 連続殺人事件として...

相棒 season13「米沢守、最後の挨拶」

今回の導入。「エエっ?! Σ(゚□゚(゚□゚*)」度は、久々の衝撃でしたね。タイトルも、意味深だったし。まさか、米沢(六角精児)、犯人説で始まるなんて… 特命係以外は、彼をクビにしようと追い詰めます。そして、些細な発見から、丹念な操作で炙りだされる、以外な犯人像… なかなかに斬新で面白かったです。米沢さん以外の鑑識の人が見られて(特に女性)が見られて新鮮でした。個人的には、米沢さんのマニアッ...

相棒13期第11話(1.14)

『米沢守、最後の挨拶』  脚本:徳永富彦 監督:橋本一 連続殺人事件が発生、現場で犯人のものと思われるDNAが検出されるが、 なんとそのDNAが鑑識の米沢@六角精児のものだったことが判明、 内村刑事部長@片桐竜次は米沢に辞職を勧告、米沢もそれを受け入れる中、 杉下@水谷豊と甲斐@成宮寛貴は独自で捜査を開始したと 最初の三件で米沢のDNAが検出されたのは 鑑識に恨みを持つ米沢のマンションの管...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR