信長協奏曲 (第11話 最終回・12/22) 感想

フジテレビ系『信長協奏曲』公式
第11話/最終回(15分拡大版)『最終回15分拡大スペシャル友との約束!500年後の未来のために…』の感想。
なお、原作:石井あゆみ『信長協奏曲 (小学館)』は未読、アニメは未見。


サブロー(小栗旬)は本物の信長でないことを池田恒興(向井理)に知られ、織田家から出て行けと突きつけられる。そんな時、浅井、朝倉軍が合流し、攻めてくるとの報がもたらされた。いざ開戦とはやる家臣たちだが、サブローは両家との和睦を主張。憎しみの連鎖を断ち切りたいと告げるサブローに、家臣たちも納得した。サブローは、竹中半兵衛(藤木直人)を和睦の使者に任命し、浅井と会見の約束を取り付けるよう頼む。だが、羽柴秀吉(山田孝之)が危険だと遮ったため、書状を送ることに。
軍議後、サブローはこの件が終わったら城を去ると恒興と約束。恒興は、サブローの決意を明智光秀(小栗旬・二役)に報告する。今や家臣たちの信頼はサブローが一身に集めていると語る光秀。すると沢彦(でんでん)は、サブローが去った時こそ実権を取り戻さなくてはならないと諭す。
半兵衛は秀吉に疑念を抱いていた。秀吉は、浅井に通じていることを伏せたかったのはもちろん、すでに一計を案じている様子。一方、織田の書状が届いた浅井家は揺れる。やはり身内を亡くした家臣たちの恨みは根深かった。それでも会見に応じようとする長政(高橋一生)だが、思いがけない事件が起きてしまう。
サブローは帰蝶(柴咲コウ)に全てを打ち明けようとするが、上手く話すことが出来なかった。そんな中、サブローは同じ思いを持つ友と信じる長政との会見に臨むが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「月9」らしい恋バナのテイストも見逃せない

サブロー「憎しみで戦っちゃだめだって。
             憎しみは、新しい憎しみしか生まないからさ」
とサブロー(小栗=2役)が自分が目指す「新戦国時代」を築こうと最後の宣言を家臣たちにするところから始まった最終回。そして、目の前の信長がニセモノと知った恒興(向井理)が、数が月間妻として寄り添ってきた帰蝶(柴咲コウ)に真実を告げようとすると、こう答える。
帰蝶「わらわにとっては、あやつが信長なのじゃ。
        たとえ、織田の血が流れていなくとも」
苦渋の決断を迫られるサブローと、それを陰で支えてきた帰蝶の恋バナにも決着が付きそうな、正に『月9』らしい展開の前半だった。

長政の介錯をしたサブローを支える帰蝶に涙…

サブロー「長政君、助けてくる」
恒      興「お待ち下さい。私もお供致します。
中盤でのこのシーン、サブローと家臣が再び一体化するいいシーンだ。そして、このあと、2人は長政(高橋一生)の切腹に立ち合い、サブローが介錯をする衝撃的なカットへ続く。

その直後、次第に心が「戦国色」に染まりつつあるのを自覚してはいたサブローが、心身ともに「戦国色」に染まってしまった自分から逃げるように城をあとにするのを、帰蝶が見つけ声をかける。

サブロー「ずっと言ってなかったけど、
             大好きだよ、帰蝶のこと。
             未来とか、
             そう言うの全部ひっくるめても一番好きだよ」
帰      蝶「何を言うかと思えば、
              お主が考えておることなど知っておるわ。
              全部、知っておる…」
そして、「たかが散歩じゃろう」と明るくサブローに別れを告げる帰蝶と、サブローも明るく「行って来ます」と去っていくのが印象的なシーンだ。そして、サブローの築こうとしていた「新戦国時代」に一区切りが付き、物語はクライマックスへ。なかなかここまで無駄の無い構成だ。

最後の最後まで、恒ちゃんは「いいやつ」だ

一人あても無く前に進むサブローが、帰蝶が作ったおにぎりを見つけ、これまでの自身のことを辛かったが楽しかったと振り返っていると、そこに恒興がやって来てサブローにこう告げる。

恒興「かつて私はあなたに言いました。
        この池田恒興には夢があると。
        織田家がその名を日の本中に
        名を知らしめる程の大きな大名になること。(中略)
        その夢を叶えてくれたのは、あなたです」
そして、恒ちゃんは、今度は自分が、戦の無い世の中をつくりたいと言うサブローの夢を一緒に叶えたいと申し出る。ニセモノ信長と知りつつ「私がお仕えしたいのは、あなたですから」と宣言する恒ちゃん。やはりこの男がいないと、物語に締りが無くなる。

さて、このエンディングをどう評価するか?

そして、城に戻って信長を続ける決心をするサブロー。いよいよ天下を取りに行くと告げる。さて、このエンディングをどう評価するかだが、私としては最後の最後で大人の事情が丸見えになった残念なラストと言うしか無いような、本当に残念な気持ちだ。

劇場版があるのは否定しないし、私も観てみたいと思うが、ナント公開が2015年12月と1年も先の話。そこまで、この最終回のテンションを覚えていられるかと思うと正直自信が無い。となると、劇場版も設定説明から入ればこちらも1から出直しになるし、そうでなければ置いてけぼりの可能性も。もう少し早く公開する戦略は無かったのだろうか?

あとがき

今回で採り上げた4つのシーン、実は台詞の後に印象的な劇番(サウンドトラック)が流れる場面を選択しました。台詞と音楽で無理矢理に盛り上げた感が強かった本作でしたが、これはこれで『月9』らしさとして楽しめました。

それにしても、歴史に無頓着で知識薄な私には、かなり楽しめた「新戦国モノ」でした。もちろん原作や史実を知る人には賛否があるでしょうが。

ただ、劇場版を作るなら、続編として『2』の方が良かったです。そして、いつまでもサブローの野心と恒ちゃんの献身さを観ていたかった。そんな最終回でした。スタッフとキャストの皆さん、お疲れさまでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
信長協奏曲 Blu-ray BOX
信長協奏曲 DVD-BOX
信長協奏曲 オリジナル・サウンドトラック Produced by ☆Taku Takahashi(m-flo)
信長協奏曲 11 ドラマCD付き特別版 ([特装版コミック])


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6466/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/411121482.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ごめんね青春!&信長協奏曲最終回感想

■ごめんね青春!最終回 よかった~。。いい最終回でした。ぶっちゃけ、いまさら放火を引き起こした罪の告白なんて、しなくていいよ!とサトシ(永山絢斗)同様に思っていたんだけどね。ちゃんと公衆の面前で告白した平助 (錦戸亮)。良いシーンだったけど、なによりよかったのが、平助が情熱と気持ちを込めていままで生徒に、学校に、取り組んできた事、ちゃんと皆に伝わって理解されていたことが良かったよ(感動)

信長協奏曲 #11 最終回

『最終回15分拡大スペシャル 友との約束!500年後の未来のために…』

「信長協奏曲」最終話

平和な世の中のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412230000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】信長協奏曲(11)ドラマCD付き特 [ 石井あゆみ ]価格:2,099円(税込、送料込)

信長協奏曲 最終回

サブロー(小栗旬)は、恒興(向井理)に本物の信長ではないことを知られてしまい、織田家から出て行けと言われてしまいます。 そんな時、浅井・朝倉軍が合流して、攻めて来るとの報せが入ります。 いざ開戦とはやる家臣たちに、サブローは両家との和睦を主張します。 サブローは半兵衛(藤木直人)を和睦の使者に任命して、浅井家との会見の約束を取り付けるように頼みます。 しかし、秀吉(山...

「信長協奏曲」歴史に疎い高校生11サブローは長政に未来を託され去ろうとしたが信長と恒興の意向で再び信長を続ける事になった

「信長協奏曲」最終話はサブローが信長でない事を知った恒興はサブローに出て行け!と叫ぶ。そんな中浅井、朝倉軍が最後の決戦に備え集結していた。しかしサブローはこの合戦を回 ...

信長協奏曲 第11話(最終話)

「最終回15分拡大スペシャル友との約束!500年後の未来のために…」 内容 サブロー(小栗旬)光秀(小栗旬=二役)の真実を知った恒興(向井理)は、 サブローに織田家から出て行けと告げる。 そんななか、浅井、朝倉軍が攻めてくるという一報が入る。 織田家の家臣...

【 信長協奏曲 】第11話「友との約束!500年後の未来のために」 (最終回)感想

戦国じゃ、みんないろんなもん抱えて生きてる。 引くに引けねえ時もあるし何かを守るために戦うときもある。 命よりも大事なものがあるんだ。 長政も厳しい選択だったんじゃねえのか? 信長よ。 今お前にできんのは長政の思いに応えることだけだ。 それが戦国の友情ってもんだ。 信長協奏曲(コンツェルト) 第11話(最終回) 「友との約束!500年後の未来のために」   ...

ドラマ「信長協奏曲」第11話(最終回)あらすじ...

争いのない平和な世界を----------!!原作続いてるし、映画やるって言ってるし、どうやってどこまで終わらせるのかと思えば・・・ま、一応アニメと同じ所で・・・という形になったという...

信長協奏曲】最終回(第11話)感想と視聴率

【最終回の視聴率は12/24(水)追記予定】 「最終回15分拡大 友との約束!5

友よ静かに眠れ・・・(小栗旬)

これまで・・・どれだけの兵を殺してきたことか。 尾張統一戦。 桶狭間の戦い。 美濃攻略戦。 上洛戦。 姉川の戦い。 比叡山焼き討ち。 武田信玄上洛戦。 将軍追放戦。 それなのに・・・今さら、「戦いは憎しみを生み出すだけで・・・よくない」とか言ってんじゃねえよと誰もが言いたいスイーツ戦国絵巻もついに終

信長協奏曲 最終回15分拡大スペシャル友との約束!500年後の未来のために…」

随分とブーイングも多く、特に映画化への懸念に、私も (^^;)覚悟して見たのですが、予想より随分と良かったです。たしかに、最終回らしく、フィニッシュ感のある、最終回ではなかったけれど、サブローをニセモノと気づいてなお、彼を慕う、帰蝶(柴咲コウ)の純情が、いじらしく、同じく、池田恒興(向井理)の、それでもなお、な忠誠心にジーーン。結局、長政(高橋一生)を撃つ形にはなったけれど、その友情は貫かれ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR