Nのために (第10話 最終回・12/19) 感想

TBS系『Nのために』公式
第10話/最終回『明かされる事件の真実…N達の未来』の感想。
なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。


2004年、事件当日。西崎(小出恵介)は生花店の配達人を装い、野口夫婦のマンションへと向かう。西崎の到着を待つ希美(榮倉奈々)は、計画どおり野口(徳井義実)と将棋盤を挟んでいた。一方、早めに着いた安藤(賀来賢人)は、1階で西崎と遭遇。そして、西崎と希美、成瀬(窪田正孝)が何かたくらんでいると察する。その5分後、成瀬が到着するが、野口家からの応答はない。2014年、島に戻ることにした成瀬は、希美を訪ねる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

何とか成瀬と希美の青春グラフィティーに決着がついた

まあ、言いたいことはいろいろあるが、最終回の最後の部分だけを切り取って、第4話までとくっつければ、私が本作に求めていた成瀬(窪田正孝)と希美(榮倉奈々)の胸キュン青春グラフィティ―に一応の決着がついた訳で、その点だけは良かったと言える。

小説には小説、テレビドラマにはテレビドラマに最適な表現方法がある

ただ、問題は第5話から今日の大半を占める例の事件が起こるまでの経緯とその後の様子の描き方は本当にこれで良かったのかは、正直疑問が残るし、個人的には納得がいかない。

結局、15年前、10年前、現在と激しく時間軸を行き来して描いた第5話以降は、決して映像的解釈とは言い難い。確かに脳内補完すれば、前後関係は納得できるが、テレビドラマとしては脳内補完に頼るのはそもそもおかしいこと。すべてを映像で魅せるべき。

そう、これまで私が幾度も書いてきた「小説には小説、テレビドラマにはテレビドラマに最適な表現方法がある」ってことだ。

例えば今回なら、あの殺りくの直後に誰が何のためにテレビの音を消したのかや、救急車が来るのが異常に遅いとか。ページをめくる小説なら自分で時間を詰めたりや状況を補強できるが、テレビドラマでは映っているものが全てだから、小さなことだが違和感になってしまう。そして、それが積もり積もれば…

きちんと連ドラとしての独自の解釈で「せつない純愛ミステリー」に仕上げたら良かった

結果的に、最終回の結末の落としどころがこのカタチだと、希美の病気や余命のことは本当に必要だったのかとも思うし、2つの事件が「希美と成瀬の罪の共有」に繋がって行くのであれば、もっとシンプルな構成の群像劇として、せつない純愛ミステリーとして描けば、すべての登場人物たちがもっとイキイキと輝いて映ったのではないだろうか。

やはり「売れっ子ミステリー小説家の原作」の部分に、ドラマのスタッフが引っ張られ過ぎたように思う。原作との契約や大人の事情があるにせよ、もっとテレビドラマ、いや10話の連続ドラマとしての独自の解釈で「せつない純愛ミステリー」に仕上げたら良かったと思う。残念…

あとがき

中年男としても、成瀬くんに胸キュンでしたよ。その意味では、もっとしっかりと「せつない純愛ミステリー」に仕上げたら、最後の希美と母親のくだりも、高野(三浦友和)夫婦のくだりもそれなりに納得できたと思います。やはり、全10話のシリーズ全体も各話も構成が大事ってことですね。

最後に。これまで苦手な女優の1人だった榮倉奈々さんですが、本作、特に最終回の最後のほうの安藤(賀来賢人)との電話の会話辺りから最後までを観て、榮倉さんはなかなか良い女優さんだなと再認識しました。これだけでも、本作を観た価値は私にはあったことだけは、書いておこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Nのために Blu-ray BOX
Nのために DVD-BOX
湊かなえ『Nのために』 (双葉文庫)
Nのために オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6455/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/410938336.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Nのために #10 最終回

『明かされる事件の真実…N達の未来』

「Nのために」第10話(終)★成瀬(窪田正孝)のもとへ…

「Nのために」第10話(終) 西崎(小出恵介)が到着。 奈央子(小西真奈美)を連れて逃げようとすると彼女は「違うの、私じゃないの。希美ちゃんを連れ出してほしいの。奥の書斎に主人と二人っきりでいるの。あの子いつも私に隠れて主人と連絡を取り合ってる。今日の食事会もあの子が主人をそそのかしたの。早く希美ちゃんを連れて帰って。」 奈央子の思考は、西崎が思っていたこととは全然違ってた...

【 Nのために 】第10話 (最終回) 感想

あの日伝えられなかった思い。 すれ違った願いに 答えを出そうとは思わない。 けれど、十年という歳月が、答えを導き出そうとしていた。 それぞれが心の底に閉じ込めて、誰にも知られないまま終わるはずだった  その答えを。 Nのために 第10話(最終回)       2004年。クリスマスイブ。 西崎がなかなか来ないため、希美は対局の指南を誤...

愛したい人と愛されたい人が別の人だった晴れの日(榮倉奈々)

心というやっかいなものが・・・生きている間はつきまとう。 自分の心とうまくやっていける人はそれだけで幸いと言えるだろう。 たとえば嫌な気持ち。 嫌な気持ちにさせる嫌な思い出。 嫌な思い出を呼び起こす人物、風景、そして言葉。 すべてを拒む心。 強すぎる心は身体を蝕む。 誰かに会うだけで息が苦しくなり、

Nのために 第10話(最終回)

「明かされる事件の真実…N達の未来」 内容 奈央子(小西真奈美)の救出作戦が、実行に移された。 野口(徳井義実)の家を訪ねた希美(榮倉奈々) そこに西崎(小出恵介)が、慌ててやって来る。 安藤が、自分の将来を賭けて野口と将棋の勝負をしていると知った希美...

「Nのために」 最終話 明かされる事件の真実・・・N達の未来   

 美しいラストでした。 希美は苦しみから解き放たれ、自由になった。 何も考えず安心して身を委ね、抱きしめられる安心感・・・ 彼女は慎司のそばで穏やかに充実した時間を過ご ...

ドラマ「Nのために」第10話(最終回)あらすじ...

事件当日の真相。それぞれの大切なNのために----------!事件の真相はまぁそうだろうなぁと思ってた流れではあったかなぁ。でも最後は美しく終わったと思うので、成瀬応援班としては...

「Nのために」最終回 感想

 サスペンス、ミステリーの謎より、杉下希美と成瀬と安藤のジリジリするようなもどかしい恋心。  そちらに興味をそそられた「Nのために」。  とうとう最終回を迎えました。  事件の概要はもうほとんどの方が推理、推測されていた通りだったし、これといってハラハラドキドキの盛り上がり感はありませんでした。  何より野口奈央子の愚かしさにびっくり!!  西崎を呼んだのは希美を連れ出して欲しいと...

Nのために 最終回「明かされる事件の真実…N達の未来」

最期に残された謎。2004年のクリスマスに起こり、N作戦II..で、救済しようとしましたが、全ての偶然が重なり(チェーンをかけたりして)、みんなして、それぞれの「Nのために」頑張ったけれど、真相は、広い意味で、セレブ夫妻の異常な愛というか、広い意味で心中だったのかな?それを、偽装工作した訳だったのですね。個人的には、西崎(小出恵介)は望んで冤罪になったように思われたけれど、彼なりにトラウマか...

Nのために最終回感想

密室での真相、そこに生じたそれぞれの想い、そして10年経った現在の気持ちへの転化。なかなかの最終回で見ごたえありました。 それぞれの想いが丁寧に昇華していって、きちんと完結しました。 ただね、時間軸行ったり来たりしなくても、普通にやったほうが密度が高まった気がする。希美(榮倉奈々)の事件後の10年間が印象薄かったし。

Nのために #10 最終回

公式サイト 2004年12月24日事件当日、希美(榮倉奈々)は、野口(徳井義実)

それぞれのN 〜 ドラマ編

ドラマ「Nのために」を見ました。 TBSにて 金曜10時からやってました 湊かなえ原作を連ドラ化 夜行観覧車のチームが作ったということで いや、これは面白かった けっこう複雑な原作をドラマ的に面白くしているなぁと けっこう原作と違うところも多いかと 島での過去...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR