SAKURA~事件を聞く女~ (第9話・12/15) 感想

TBSテレビ系『SAKURA~事件を聞く女~』公式
第9話『愛する妻子を守れ!命を懸けた夫の贖罪…』の感想。


地元建設会社社長・魚住(俵木藤汰)の尽力で、商店街のイベントが盛大に開催される。桜(仲間由紀恵)はそこで、商店街の再開発計画を進める会社代表・久美子(筒井真理子)を知る。彼女は好条件で商店主たちを誘っていた。翌日、魚住の他殺体が見つかる。容疑者として、傷害致死で服役後、出所したばかりの工藤が浮上。工藤はかつて魚住の会社で働いていた。工藤の妻の言葉が気になる桜は彼女の実家の工務店に潜入する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

桜の“聞く力”って何なの?

まるで台本のポイントになる部分に、ラインマーカーを引いているのと同じで、視聴者に気にして欲しいところを示しているだけ。冒頭のDJシーンでは、リスナーからのハガキの文字に反応したり、もう桜(仲間由紀恵)の“聞く力”が何なのか全く解らないってのは、どうしようもないと思うのだが…

桜は何のために“潜入捜査”してるの?

その上、潜入捜査をしている工務店の娘が誘拐された時、桜が真相を工藤の妻に「聞かせて下さい」と言っちゃダメでしょ。それを調べるのが潜入捜査の目的なのに、これでは何のための“潜入捜査”なのか全く解らない。

桜がいなくては解決しないような話にして欲しい

そして、いつものキメ台詞だが、それ以前に、主人公が事件解決のために何をしたのか良く解らない状態でキメ台詞を言われても、説得力も迫力も無い。むしろ、桜を抜きにして、竹内(佐藤隆太)が桐谷係長(相島一之)のために活躍した刑事ドラマの方がストンと落ちたと思う。

あとがき

何だかダラダラ進んだなと思ったら、何とここへきて2週跨ぎの最終章仕様にしてきましたか。でも、話(事件)そのものは悪くないんですよね。悪いのは、どうでも良いような主人公の特殊能力を無理矢理活かそうとすることです。そのために、刑事ドラマとして破綻ギリギリになってしまう。本当にもったいないですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 月曜ミステリーシアター SAKURA~事件を聞く女~ オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6438/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/410702911.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR