地獄先生ぬ~べ~ (第10話 最終回・12/13) 感想

日テレ系『地獄先生ぬ~べ~』公式
第10話/最終回『さよなら先生!?この命と引換えに俺は皆を守る!奇跡よ起きろ』の感想。
なお、原作漫画:真倉翔(作/原案)、岡野剛(画)『地獄先生ぬ~べ~』は未読。


覇鬼(坂上忍)が封印を破り、鵺野(丸山隆平)の鬼の手が消えてしまった。気絶した鵺野を介抱した律子(桐谷美玲)とゆきめ(知英)は、鬼の手のことを忘れて生活できればと話すが、鵺野は鬼の力を取り戻すのが自分の宿命だと言う。そんな中、覇鬼が学校で暴れ出し、鵺野をかばった玉藻(速水もこみち)やゆきめはボロボロの状態に。覇鬼は本当の絶望を見せると言って姿を消す。玉藻から時空(高橋英樹)が危ないと言われた鵺野は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最後の最後まで何を描きたかったのかが見なかった

最終回を観てハッキリしたのは、最後の最後まで何を描きたかったのかが見えてこなかったこと。これに尽きる。生徒たちのために妖怪や悪霊を退治する話なのか、学園コメディなのか。
きっとどちらも狙っていたに違いないが、結果的に二兎を追う者は一兎をも得ずの諺どおりになってしまったのでは?

脚本家2人と演出家4人が交代したのも無理がある

その上、本作が2人の脚本家と4人の演出家が交代で担当したのも良くなかったと思う。因みに、最終回の脚本は第1,2,4,6,8,9話を担当したマギー氏、演出は第1,2,5,7話を担当した佐久間紀佳氏だったが、こうしてほぼ1回飛ばしで担当になると、どうしても物語の統一感が損なわれるのは当然だ。

大人の事情による無駄なエピソードも多過ぎた

更に、毎回、ゲストや生徒たちの本筋(が何かと言う問題があるが)とは無関係な無駄なエピソードを、それぞれの脚本家があれこれ挿入するから、余計に本筋が見えなくなってしまった。
確かに大人の事情があるのは解るが、ここまで都度都度のエピソードを挿入したら、折角の第1話からの流れが途切れてしまうではないか。

せめて最終章を見越して第1話から仕込んでおけば…

総括的に見ると、第8話から最終章を、唐突に描き始めた、「良い所のある妖怪」と「悪い事をする妖怪」がいること、「性悪説の妖怪」と「性善説の妖怪」がいることをベースにするのなら、第1話からきちんと下ごしらえをし、仕込んでおくべきだったと思う。それさえやっていれば、終わり良ければすべて良しと言えたのでは?

あとがき

上ではいろいろ書きましたが、第1話から高校生たちが妖怪を信じている設定に、もっと説得力があったら良かったと思います。そこが当初からしっかり描けていれば、生徒のための妖怪退治も学園コメディも、もっと自然に成立したのでは?何れにせよ、勿体無いことをしたと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
地獄先生ぬ~べ~(Blu-ray BOX)
地獄先生ぬ~べ~(DVD-BOX) >
日本テレビ系 土曜ドラマ 地獄先生ぬ~べ~ オリジナル・サウンドトラック
地獄先生ぬーべー 全31巻完結(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6432/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/410597784.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話> 第8話 第9話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄先生ぬ〜べ〜 第10話(最終回)

「さよなら先生!?この命と引換えに俺は皆を守る!奇跡よ起きろ」 内容 ようやく、無限界時空(高橋英樹)とともに、絶鬼を封印した鵺野(丸山隆平) だが、その直後、覇鬼(坂上忍)の封印が解かれ、 鵺野から鬼の手が消え去ってしまう。 ショックを隠せない鵺野だった...

親の仇を赦し共に闘うという生き方(丸山隆平)

師走も中盤である。 2014年、秋ドラマの谷間なしの状態の最終日。 最初にフィナーレを飾るのは・・・これかっ。 間に大河ドラマのレビューがあって・・・気が付きにくいのだが・・・二夜連続で・・・帝国アイドル俳優による・・・高校教師の主人公である。 この落差もなかなかに凄いんだな。 ドラマとしての完成度

地獄先生ぬ~べ~ 最終回

覇鬼(坂上忍)が美奈子先生(優香)の封印を解いて覚醒して、ぬ~べ~(丸山隆平)の鬼の手が消えてしまいます。 鬼の手がなくなれば、ぬ~べ~が戦いから解放されるのではないかと期待していたリツコ(桐谷美鈴)とゆきめ(知英)の思いをよそに、ぬ~べ~は鬼の手に頼らずに覇鬼と戦う決意をします。 玉藻(速水もこみち)は、最初裏切ったのに、最後の最後で助けたことで生徒たちから感謝されていて、人間...

【地獄先生ぬ~べ~】最終回(第10話)感想と視聴率

【最終回(第10話)の視聴率は12/15(月)追加予定】 「さよなら先生!?この

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR