深夜食堂[3] (第8話 第二十八話・12/9) 感想

TBS系『深夜食堂[3]』公式
第8話(第二十八話)『きんぴらごぼう』の感想。
なお、過去のシリーズは、ほぼ未見。


「きんぴらごぼうあるかしら?」店に入る市川千鶴(つみきみほ)に驚く常連客で地回りのヤクザ・ゲン(山中崇)。千鶴は、ゲンの高校時代の英語教師であり、部活の顧問、そして憧れの女性だった。有頂天のゲンは、その晩千鶴と飲み明かす。 千鶴は教師を辞めたあと、通訳の仕事でニューヨークに渡り帰国は10年ぶり。時間を惜しむように昔の仲間や世話になった人と会う。その理由をマスター(小林薫)にだけほのめかすが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

秀作!

「チンピラだからきんぴら」と軽妙な台詞で始まる今回。憧れの女性教師のために人生を変えた男、自分の人生の終わらせ方を貫いた女、そして更生した常連客を慕うマスター、この3人の生き様が、直接的な説明台詞を排除して、淡々と且つじっくり描いていく脚本と演出で描かれた秀作だ。

物語と映像がマッチした仕上がり

「線香花火の手拭い」から、ひっそり日陰に咲く花のような儚さや、止めていた煙草を吸い始めたりと、千鶴(つみきみほ)の余命が僅かなことを上手に散りばめたり。

店の棚に置かれたエアメールの差出人が千鶴でなく「Haruko Sakuragi」と言う千鶴のアメリカでの知人らしき人物から送られたものだと、チラッと見せたり。物語と映像がマッチした仕上がりだ。

あとがき

何度も録画を観ましたが、観る度にストーリーの奥深さが身に染みると言うか。このような作品が、本来の『深夜食堂』らしい作品なんでしょうね。ゲンの最後の号泣に至る過程の説得力はもう少し欲しい所ですが、皆まで言うなと言う意味では、あれで良かったかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
深夜食堂【ディレクターズカット版】 [DVD]
深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】 [DVD]
深夜食堂3 主題歌 - 高橋優「ヤキモチ」
深夜食堂 12 (ビッグコミックススペシャル)「メンチカツ」収録


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6416/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/410410266.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

深夜食堂3 第八話 「きんぴらごぼう」

JUGEMテーマ:今日見たテレビの話    「ゲンってチンピラだから、きんぴらが好きなんですか?」   「お前女で命拾いしたな。   男だったら、今頃スカイツリーでバンジージャンプだぞ」   なんだか、任侠映画のようなセリフですね。 &amp...

深夜食堂3「きんぴらごぼう」

珍しく、オープニングから、エンディングまで飛ばさずに見て、じっくりと味わう作品です。じつは、ずっと、なぜ、恩師、千鶴(つみきみほ)に憧れて、堅気の男になろうと仕事してた、元・ヤクザのゲン(山中崇)が号泣してたのか、分からず、次のシーンの意味と併せて??だったのですが… ようよう謎が解けました。千鶴の、日本での過密スケジュールも、「生き急いでる」がゆえんエアメールの文字が、千鶴からでないのに、...

(忘備録)『 深夜食堂 3 』第8話 ツイッターつぶやき感想まとめ(12/9)

レビュー記事のないものに関して実況ツイートをUPする事にいたしました。 (ようするに手抜き……) ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 単なる自分のための忘備録です。 「読み物ではない」ということでスルー推奨します~! kukucooo #深夜食堂 なう。チンピラだからきんぴらが好きって…( ̄∇ ̄;) #tbs 12-10 01:19 きん...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR