●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

マッサン (第63回・12/10) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第11週『子に過ぎたる宝なし』【第63回】の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


英一郎(浅香航大)は、ウイスキーの製造実験は本で学べるから必要ないと消極的で、実際にやってみないとわからないことがあると語るマッサン(玉山鉄二)の言葉も響かない。しかし、エリー(シャーロット)には死んだ母親の姿を重ね、少しずつ心を開いていく。一方、鴨居(堤真一)は英一郎との関係修復に思い悩んでいた。そんななか、エリーの妊娠を知ったキャサリン(濱田マリ)らがお祝いのパーティーを開くのだが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

政春も生き物なんだからやってみれば良かったのに

政春「麦は生き物じゃ。実際にやってみることで
        数字では解らんことがいっぱい見えてくる」
英一郎「何が言いたいんですか?」
政春「やってみなはれ。大将の口癖じゃあ」
冒頭のマッサン(玉山鉄二)と英一郎(浅香航大)の会話だが、もう馬鹿馬鹿しくて観ていられない。散々自ら言い訳をくっつけては鴨居商店への入社を先延ばしにしてきた政春が「実際にやってみることで」とは何ぞや?

私は、この「生き物じゃ」に込められた意味は、「生き物=人間=政春」が「家の改築=環境の変化」によって、実際にやってみないとわからないと言うことに繋げたかったのではと推測する。

しかし、実際には家の改築は何の意味も為さなかった。この時点で、今日の政春の台詞は意味の無い台詞になり、ただ工場長が偉そうに部下に知ったかぶりで説教しただけの空虚なシーンで終わってしまい、ただただ残念、ただただ意味不明としか言いようがない。

妊娠祝賀パーティーって必要か?

そして、大きく気になったのは、ご近所さんたちの妊娠祝賀パーティーのくだり。時代は今と多い違えども、英一郎の台詞だけでなく、政春とエリーの妊娠の決意のくだりも含めて、日本が人種差別ありきの国として描くのはどうかと思う。キャサリン(濱田マリ)の「子どもが出来てなんぼ」の台詞もわざわざここで挿入する必然性を全く感じない。

エリーの周りの日本人は、皆本音でぶつかって来たぞ

終盤で、エリーが「日本人、思ってることを言わない人、いっぱいいる」と言っていたが、この2か月間でエリーが出会った日本人がそうだったろうか。早苗(泉ピン子)も千加子(西田尚美)も佳代(夏樹陽子)も優子(相武紗季)も、もちろん鴨居(堤真一)も大作(西川きよし)もみーんな本音で、エリーにぶつかって来たではないか。

英一郎の家族の話をいい感じに仕立てるために、この台詞を書いたのだろうが、悪いが完全に過去2か月分の話とつながっていない。これで連続テレビ小説の「連続」が聞いた呆れる話だ。

あとがき

今日のウイスキーづくりの話は、政春が麦を手にしただけでした。やはり、今週の主人公はエリーですね。そして、過去2か月分の話は忘れても大丈夫なことが明確になりました。あーあ、肝心のウイスキーづくりは時間経過ですっ飛ばして、無意味なくだりはじっくりと。何なのこのドラマ?

――というわけで、『マッサン』を毎朝「なんだかなあ」と思いつつ観ているあなた、いっそ史実をきちんと知ってしまうのもアリです。史実なら、ニッカウヰスキー80周年サイト「竹鶴政孝物語」がお薦め。やはりご本家が一番です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 マッサン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 マッサン 上 単行本
マッサンとリタ―ジャパニーズ・ウイスキーの誕生 単行本
NHK連続テレビ小説「マッサン」主題歌“麦の唄" 中島みゆき


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6415/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/410399112.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40 41 42
第8週『絵に描いた餅』
43 44 45 46 47 48
第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』
49 50 51 52 53 54
第10週『灯台下暗し』
55 56 57 58 59 60
第11週『子に過ぎたる宝なし』
61 62

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第63回★サプライズパーティ

連続テレビ小説「マッサン」 第63回(12月10日) 英一郎「父は僕の事を認めてませんから。鴨居商店は弟にでも任せるつもりなんやないですか。」 マッサン「そんなに大将が嫌いか?」 英一郎「大嫌いです。」 今朝もトゲトゲしてる英一郎に辟易とします。 −◆− エリーの妊娠を知ったキャサリン(濱田マリ)らがお祝いのサプライズパーティーを「こひのぼり」で開きます。 宴...

マッサン 第63回

内容 父が嫌いだという英一郎(浅香航大) ウイスキー造りも本で勉強しているのでと。。。 そんな英一郎を、どうして良いか分からない政春(玉山鉄二) そんななか、キャサリン(濱田マリ)に。。。。 敬称略 政春「麦は生き物じゃ、実際にやってみないと。。。」 ...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第63回 感想

英一郎(浅香航大)は、ウイスキーの製造実験は本で学べるから必要ないと 消極的で、実際にやってみないとわからないことがあると語るマッサン(玉山鉄二) の言葉も響かない。 しかし、エリー(シャーロット)には死んだ母親の姿を重ね、少しずつ心を開いていく。 一方、鴨居(堤真一)は英一郎との関係修復に思い悩んでいた。 そんななか、エリーの妊娠を知ったキャサリン(濱田マリ)らがお祝いのパー...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR