松本清張二夜連続ドラマスペシャル 「松本清張~霧の旗」 (2014/12/7) 感想

テレ朝系松本清張 二夜連続ドラマスペシャル 悪女の事件簿・第二夜『霧の旗』公式
『無実の弟の弁護を断った弁護士に対する、復讐を描く傑作サスペンス!殺人の汚名を着せられたまま獄中で死亡した弟への悲しみが、1人の女を悪女へと変貌させる!』の感想。
なお、原作小説・松本清張『霧の旗』は未読。但し、過去の映像作品は数作鑑賞済み。


姉弟愛、貧困、冤罪、そして復讐ーー。 松本清張の不朽の名作と言われている「霧の旗」が現代版で甦る! 2人で生きてきた弟が何故、殺人の汚名を着せられたまま獄中で死亡することになったのか?悲しいまでの弟への愛情と、社会の理不尽への怒りが入り混じり、悪女へと変貌し、復讐を遂げていく…。 強烈な復讐心と重厚感あふれる傑作リーガルサスペンス!
---上記のあらすじは[Yahoo!TV]より引用---

なるべく過去の映像作品と比較しない感想を

過去2度の映画化と8回(今回が9回目)のテレビドラマ化されている松本清張氏の小説『霧の旗』。私も映画2本とテレビドラマ数本は観ている。しかし、原作は未読だから、今作と過去の映像作品との比較に意味があるかどうか解らないため、いつものスタンスで出来るだけ比較しない立場で感想を書いてみる。

結局「不倫は身を滅ぼす」ってこと?

基本的なストーリーは、愛する弟の弁護を断った弁護士に対する、女性の理不尽な復讐劇。しかし、解せない部分が多かった。特に、本作の最大の見所である桐子(堀北真希)が大塚弁護士(椎名桔平)に理不尽な復讐をするわけだが、大塚側がそこまでされるように描かれていなかったのが残念。

最初に弁護を断った理由は東京のカリスマ弁護士としてはかなり全うだし、知的障害を持つ桐子の弟・正夫(古畑新之)の無念の獄中死を知った後に気になり自ら資料集めをしての事件の真相を考えたりと、大塚はそんなに極悪人でも無いように描かれているのだ。

むしろ、とても(異常な程に)愛していた弟の死によって、その愛情の矛先を弁護士に向け異常な行動に走った、今風の言葉なら「地雷女」に絡まれて破滅した運の悪い男の話になってしまたような。これでは、不倫は身を滅ぼすと言う話になり、作品のテーマがずれてしまったのではないかと思うが。

桐子の怒りの源である「不公平感」が足りない

確かに、良いほうに脳内補完すれば、姉弟愛、貧困、冤罪、そして復讐が見事に合体し、清純派女優・堀北真希のが悪女を演じる新境地を見せる不朽の名作小説のドラマ化とのことだろう。しかし、実際にそんな大風呂敷を広げたような作品に仕上がっていたかどうかは甚だ疑問だ。

本作では、柳田桐子の持つ「怖さ」と堀北さんのコスプレ変身を前面に出し過ぎたせいで、桐子の元々の精神の強さや、最愛の兄を無実の罪で亡くし喪失感、一切の揺るぎなき復讐の心の強さが、少し薄まって描かれたのが残念。

ドラマ終盤で、大雨の降りしきる中、「もう一度チャンスをくれ」と願い出る大塚に、
「弟は死んだ。径子さんは生きてる。不公平ですよ。径子さんが刑務所に入ったくらいじゃ、私の不幸とは釣り合いません」
と微笑んで桐子去るシーンがある。

この不公平感こそ桐子の怒りの源だと言うことを、もう少し描いたら良かったと思う。やはり貧困や冤罪についてややぼやかし気味した妙な現代ドラマ風アレンジが仇になったような気がする。

あとがき

二夜連続企画でしたが、昨夜の『坂道の家』の方が自然な仕上がりで良かったと思います。今作は全体的な掘り下げが少なく表面をなぞった感が強かったのが、やはり松本清張原作のドラマとしては物足りなかったです。
でも、映像化されても、原作の持つエネルギーは伝わってくるものですね。その部分では2本とも評価して良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
霧の旗 (新潮文庫)
霧の旗 [Blu-ray] 山口百恵 (出演), 三浦友和 (出演), 西河克己 (監督)
「霧の旗」 [DVD] 倍賞千恵子 (出演), 新珠三千代 (出演), 山田洋次 (監督)
「霧の旗」 [DVD] 市川海老蔵 (出演), 相武紗季 (出演), 重光亨彦 (監督)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6407/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/410288667.html でも、受け付けております。


【これまでの感想】
松本清張二夜連続ドラマスペシャル 「松本清張~坂道の家」 (2014/12/6) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

松本清張 二夜連続ドラマスペシャル・第二夜「霧の旗」

サブタイトル、『無実の弟の弁護を断った弁護士に対する、復讐を描く傑作サスペンス!殺人の汚名を着せられたまま獄中で死亡した弟への悲しみが、1人の女を悪女へと変貌させる!』って、ズバリ、そのものじゃないですか (^^;)先日、米倉涼子版「黒革の手帖」を見て、松本清張モノに興味。名前だけは、超・有名ゆえ、「筋だけでも知りたい」と見てみたのですが…(なんと、2度の映画化と今回で9回目のテレビドラマ化...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR