ごめんね青春! (第9話・12/7) 感想

TBS系日曜劇場『ごめんね青春!』公式
第9話『今日大事な人にごめんねとさよならを言います』の感想。

【注】本記事は管理人の好き嫌いで書いています。本作をを楽しくご覧になった方や、出演者や原作、脚本家や演出家等のファンの方は読まない方が良いです。でも、今回は私なりにかなりベタ褒めしてるます……


平助(錦戸亮)とりさ(満島ひかり)の関係が急展開する中、学校に突如、祐子(波瑠)が現れた。フリーライターの祐子は、情報誌に載せる文化祭の取材に来たという。吉井(斉藤由貴)は再会を喜ぶが、平助とりさはそれぞれ複雑な心境だ。翌朝、平助は見知らぬ女性が朝食の支度をしているのに驚く。それは、平太(風間杜夫)が再婚するせつ子(麻生祐未)だった。そんな中、平助は祐子が戻って自宅に居づらいというりさを泊める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

宮藤官九郎氏の、こう言う計算づくしの脚本が好き

これまでも当blogでは、第1話を「これぞクドカン節」の全開の回と位置付け、第2話から第7話までを徐々に「あまちゃん風味のクドカン節」の濃度を高めていったお蔭で、第7話はだいぶ多くの視聴者に解り易い作風になった。そして、前回の第8話で再び「これぞクドカン節」炸裂に戻ったと書いてきた。

ここで説明しておくが、「あまちゃん風味のクドカン節」とは、所謂“クドカン節”のクドさや独特さを薄めて、設定の妙や会話の弾みで誰でも感じられる楽しさや面白さを生みだすと言う作風のこと。今回は、それがきちんと半分ずつに描かれた、とても計算された脚本だったと思う。「流石、宮藤官九郎氏だ」と思った理由を書いてみる。

24分過ぎからの、中年夫婦の素敵な恋バナに涙々……

前半の24分までは、「これぞクドカン節」満載でお遊び加減も十分。そのまま最後まで突っ走ると思いきや、24分過ぎの平助(錦戸亮)の「寒い」の授業から状況は一変。一気に寒くて熱くて楽しい青春グラフィティーが始まった。

特に、せつ子(麻生祐未)を登場させ、平太(風間杜夫)とみゆき(森下愛子)の中年夫婦の涙の別れを、みゆきの最期の言葉「ああ、面白かった」と、ラジオ番組での平太の「ごめんね」の台詞で、淡くてホロリとできる素敵な恋バナに仕上げたのは見事。

41分からは、音楽無しの平助とりさの胸キュンシーン

また41分過ぎからの、平助とりさ(満島ひかり)のやりとりも最高に胸キュンの連続。あの夜の真実を打ち明ける涙を滲ませながら平助を演じる錦戸さんの演技も素晴らしい。そしてそれを受け動揺するりさを演じる満島さんの感情の起伏もお見事。音楽もなくじっくり魅せる5分間の演出も良かった。

47分から一気に、青春グラフィティ―は最高潮に向かう

そして、「蜂矢先生のことが好きです」からBGMが入ってから、青春グラフィティーは最高潮に向かっていく。りさの“運命”を信じる力の大きさ、そして試練を乗り越える力の強さが、今までの謙虚で信仰心があついだけだったシスターが、1人の女として多く成長した、そんな潔さと可愛らしさが、清々しいラストだった。

あとがき

最終回直前回にして、仏教とキリスト教の宗教の違い、男子校と女子校と共学の違いの設定がグッと活かされる展開になって来ているのが素晴らしいなと思います。やはり賑やかな物語を生みだすだけの設定で無いのが上手いですね。

さて、次回の最終回の放送は再来週12月21日(日)夜9時からです。このテンションで中1週空くのも辛いのにって感じですが、クドカンのことですから、私の想像し得ないような急展開があるかも。大いなる期待をしたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「ごめんね青春! 」オリジナル・サウンドトラック
日曜劇場『ごめんね青春!』主題歌 言ったじゃないか / CloveR 【初回限定盤A】(DVD付)
日曜劇場『ごめんね青春!』主題歌 言ったじゃないか / CloveR 【初回限定盤B】(DVD付)
日曜劇場『ごめんね青春!』主題歌 言ったじゃないか / CloveR 【通常盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6405/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/410275766.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Nのために八話&ごめんね!青春九話感想

■Nのために八話 ひっ、引っ張るね~(笑)いよいよ次回が正念場らしい感じだけど。。物語そのもののサスペンス色より、野口(徳井義実)のDV描写と監視描写が、なにより緊迫しているよ(苦笑) あんな切羽つまって助けてと電話されたら、西崎(小出恵介)じゃなくても助けに行くわな。でも、それが惨劇の場になるわけで。 そして、最後の手紙のシーン、最後の最後で名前出てくると思ったら、出てこねえ!し。。...

ごめんね青春!「今日大事な人にごめんねとさよならを言います」

文化祭の空気が懐かしい~~っ!ついに、平助 (錦戸亮) 、りさ (満島ひかり) に告白しましたね。14年前の真相と本当の気持ち…最悪のタイミングだったけれど、最高の返事だったように思われました。どこまで強いんだ、いずっばこのハートのつり革の運命パワー。「私達は運命で結ばれています。(中略)放火魔の… それも全て試練です。今は許しませんけど乗り越えましょう」ですもんね。また、平助は知らなかった...

ごめんね青春! #09

『今日大事な人にごめんねとさよならを言います』

ごめんね青春! 第9話★私はハートのつり革の伝説を信じます

ごめんね青春! 第9話 今日大事な人にごめんねとさよならを言います 平太(風間杜夫)の再婚相手の せつ子 (麻生祐未)が平助 (錦戸亮)の部屋をお片付け。 モノを分類して箱に詰めて整理。 その中の一つが「おかず」と書かれた箱。 蜂谷先生 (満島ひかり) には恥ずかしくて見せられないモノが入ってる様子。 可笑しい。 −◆− 本日のお気に入りの場面は原平助 (錦戸亮)...

【 ごめんね青春! 】 第9話 感想

私は知っています。 私達が運命で結ばれているからです。 だから、そこら辺の男女みたいにつきあって別れて乗り換えて、より戻して なんてことしなくていいんです。 たとえ煮え切らない男でも、タレ目でもタレカッパでも、放火魔でも… 許しませんけど。それも全て試練です。 今は許しませんけど乗り越えましょう。 いずっぱこの名にかけて。 あんたが放火魔でも私はハートのつり革の伝...

ごめんね青春! 第9話

フリーライターになった祐子(波瑠)が14年ぶりに現れます。 ウェブと連動した文化祭の取材に来たと言いますが、平助(錦戸亮)とりさ(満島ひかり)の心境は複雑でした。 そして、祐子が戻って来たことを聞いた祐子とりさの父・善人(平田満)は、かつての冷たい態度を謝るためにガールズバーに向かいますが・・・ りさは、一緒にいるのが嫌なので、その場を離れて、平助はりさの後を追います。 ...

ごめんね青春! 第9話

「今日大事な人にごめんねとさよならを言います」 内容 祐子(波瑠)が、フリーライターとして現れた。 文化祭のことを取材したいという。 だが突如現れた、祐子に平助(錦戸亮)りさ(満島ひかり)は、困惑する。 その後、平太(風間杜夫)から祐子のことを聞いた父・...

「ごめんね青春!」 第9話 今日大事な人にごめんねとさよならを言います

 ついに青春祭開催! 本当にこれが平助のラストデイズになってしまうのか? てか、真相を話すことだけがつぐないではないと思うぞ。 そりゃ、放火犯のぬれぎぬを着せられた体に ...

ごめんね青春! 第9話〜あんたが放火魔でも私はハートのつり革の伝説を信じます!

 平助(錦戸亮)は、りさ(満島ひかり)に放火のことをついに告白。  これって、キリスト教で言えば<懺悔>ですよね。  自らの罪を語ることで救われる。  浄化される。  以下は、この作品のキリスト教的解釈。  僕はキリスト教徒ではなく、本で読む程度でしかキリ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR