Nのために (第7話・11/28) 感想

TBS系『Nのために』公式
第7話『語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償』の感想。
なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。


2004年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)が奈央子(小西真奈美)を軟禁していると知って驚く。野口によれば、流産した奈央子が情緒不安定となり、やむを得ないのだという。帰宅後、奈央子に不倫の噂があると安藤から聞かされた希美に、西崎(小出恵介)がその相手は自分だと打ち明ける。そんな中、友人の結婚式のため帰郷した希美は、退学した成瀬(窪田正孝)が都内の有名レストランで働いていると知る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

回想シーンがほんの少し進んでるだけ!?

回想シーンがほんの少しだけ進んで(新たな情報提供して)いるだけで、時間軸も行ったり来たりして解り難くなって、完全に引っ張り過ぎ。確か野口(徳井義実)が殺されるシーンでクリスマスソングが流れているから、少なくとも残り3話はあるはず。このまま回想の小出しで繋ぐの、流石に厳しくない?

成瀬たちのやり取りは面白いが…

ただ、成瀬(窪田正孝)にはなんか青春のドキドキを感じるし、演じる窪田さんの演技も素晴らしい。終盤の希美(榮倉奈々)の部屋に成瀬が訪れ、そこに突然現れる西崎(小出恵介)も個性的で面白いキャラ。でも、物語上は成瀬が「N作戦2」に加わることになっただけ。まあ、この部分が面白いのは間違いないのだが。

あとがき

前回以上に事件だけでなく、ドラマの全体像が見え難くなりましたね。もう、「このドラマって何を描いてるんだっけ?」ってくらいに散漫。この状態で謎解きをしたとしても、どこからどこまでが真実で嘘なのか解り難いのでは?もう少し何とかならないのかなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
湊かなえ『Nのために』 (双葉文庫)
Nのために オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6365/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/409746824.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Nのために」第7話★ラプンツェル

「Nのために」第6話 奈央子(小西真奈美)の不倫相手が西崎(小出恵介)だと知った希美(榮倉奈々)。 西崎「奈央子は旦那に暴力ふるわれてる」 希美「不倫なんかしなきゃいい。何で人の奥さんなんか好きになるの?奈央子さんが監禁されたのだって西崎さんのせいかもしれない。好きだからって人の家メチャクチャにしていいの?」 西崎「苦しめようとは思ってない助けてやりたいんだ。」 ...

「Nのために」 第7話 語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償 

 奈央子を殺したのは野口ではなかった・・・ 西崎は野口の手に包丁を握らせていた。 普通に考えれば胸についている血の痕から希美? でも、何で希美が奈央子を殺す? 奈央子が ...

Nのために 第7話

「語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償」 内容 2014年。 希美(榮倉奈々)は、高野(三浦友和)にガンで余命1年と告白。 そして、事件の日の出来事について話し始める。 あのとき、野口(徳井義実)宅の書斎にいたこと。 そして物音に気づき部屋を出ると、 燭台を持...

Nのために #07

『語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償』

【 Nのために 】第7話 感想

それでも俺は奈央子を助けたい。 俺の母親は火事で死んだ。 助けようと思えば助けられた。 俺がころしたようなもんなんだ。 だから今度は必ず助けたい。 Nのために 第7話       2004年。都内のマンションの一室で殺人事件が起きた。 被害者は会社員の野口貴弘と、その妻・奈央子。 警察はその場に居合わせた西崎真人を容疑者として逮捕した。 ...

邪魔をしないで・・・私たちこれから共犯するところ(榮倉奈々)

十代から三十代まで・・・時を越えて存在する主人公。 アンチエイジングの発達によって・・・「幸せの黄色いハンカチ」の桃井かおりより、現在の桃井かおりの方が若く見えたりする恐ろしい時代である。 しかし、昔の桃井も桃井なのだった。 まあ、今の桃井はCGかもしれないがね。 ・・・おいっ。 あえて老けるのは・

ファーストクラス七話&Nのために七話感想

■ファーストクラス七話 なかなか今回は物作りバトルということもあって、このドラマの魅力満載だった。 倉科カナが可愛いが、やっぱり沢尻エリカ、独特の魅力がある。 状況が二転三転するどんでん返しの連続で、木村佳乃もやっぱりいい人だったし、あんなに悪者だったともさかりえやシシド・カフカがなんか軽妙ないい奴になってる(笑) 深夜より絶対迫力落ちるだろうと思っていたのに、全然そんなことない。連...

「Nのために」第7話 感想

 サスペンスとしてはもうひとつ緊迫感がないし、盛り上がってこない第7話でした。  奈央子救出という西崎の気持ちが、やや自己陶酔型なので、悲惨な事件さえなければコメディとも受け取れてしまいます。  でも希美と成瀬の再会にはテンションが上がりました。{%上昇webry%}       都会に出ても全く変わっていない、当時のままの二人の会話。  島の風景にあの方言、時間がゆっくりと流れて行...

「Nのために」 第7話

全てを話します… と、高野に言ってた割には、どうやら真実では無さそう。 別室で野口の将棋の為の一手を考えてて、物音がして駆けつけたら…という希美の証言は嘘で。 最後に、血の付いたナイフを西崎がわざと野口に持たせてるところが映し出されてましたしね。 軟禁状態の奈央子を救い出すための第二の「N作戦」…。 たまたま成瀬が勤めていたお店が野口夫妻の思い出のレストランでもあり、その出張サービ...

ドラマ「Nのために」第7話あらすじ感想「語...

希美の告白。新たなN作戦----------!!10年前の事件まで数か月。ついに事件のきっかけとなる野口夫婦の闇の部分が明かされました。そして西崎と奈央子の出会い。あの大きなマンション...

Nのために #07

公式サイト 2004年。希美と安藤は、野口(徳井義実)が奈央子(小西真奈美)を監

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR