新・刑事吉永誠一 (第7話・11/28) 感想

テレ東系『新・刑事吉永誠一』公式
第7話『リミットは48時間!!17歳の殺人犯を救え』の感想。
なお、黒川博行氏の原作小説は未読、過去の関連ドラマもすべて未見。


非番の朝、ジョギングをしていた九条(柿澤勇人)は、川で溺れる少年・陸(西井幸人)を助ける。救急車を拒む陸を自宅に連れ帰った九条は、何かあったら連絡するようにと連絡先を渡す。そんな中、男が胸と腹を何度も刺されて死亡しているのが見つかる。被害者は法律事務所で働く長江(花岡徹)で、吉永(船越英一郎)らは長江を恨む人物を捜す。ところが、陸が自首してきた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やっと、本作らしい刑事ドラマになった!

今回はいつもの『刑事・吉永誠一の事件簿』らしさを少し取っ払って、九条(柿澤勇人)を中心に事件捜査と同僚たちとの絆みたいなものを上手く並行して描いたお蔭で、これまでで一番普通に楽しめる刑事ドラマに仕上がったと思う。

むしろ、もう少し吉永(船越英一郎)を前に出しても良かったくらいだが、次週からの最終章からまた出ずっぱりになるだろうから、最終章直前の通常回としてまずまずの出来だったと思う。ただ、惜しいのは、九条の設定に関わるこう言うエピソードは、もう少し前にやっておいた方が良かったのでは?

あとがき

今回の感想は書かないつもりでしたが、意外と面白かったので書くことにしました。全体的に少々荒削りな部分はありますが、20時スタート(正確には19:58)の刑事ドラマとしては丁寧で解り易く、仲間や友情と言ったテーマも悪くなかったと思います。さて、次週からの最終章、何話引っ張るんでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「新・刑事吉永誠一」主題歌 Blood in the Street/甲斐バンド 40th Anniversary tour in 日比谷野音
ドラマ「新・刑事吉永誠一」主題歌 Blood in the Street/甲斐バンド 40th Anniversary tour in 日比谷野音(デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 400円クーポン)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6364/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/409741605.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR