Nのために (第6話・11/21) 感想

TBS系『Nのために』公式
第6話『許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白』の感想。
なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。


2003年。西崎(小出恵介)は希美(榮倉奈々)を訪ねてきた奈央子(小西真奈美)と初めて会う。希美は留守で、雨に濡れた奈央子にタオルを貸した西崎は、部屋で待っていてもいいと告げ、野原(織本順吉)の元へ。その間に奈央子は西崎の原稿を読み、ある事実を確信した。一方、オレオレ詐欺で警察に捕まった成瀬(窪田正孝)は、身元引受人として高野(三浦友和)の名前を出す。翌年、社会人になる安藤(賀来賢人)はアパートを引き払う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

事件より登場人物らの日常描写が多過ぎる!

冒頭の滑り出しは、希美(榮倉奈々)と再会した高野(三浦友和)が描かれ、いよいよ本題に入るかなと期待したのに、結局今週も殆ど話が進んでいないような。

確かに希美ら4人には魅力的なキャラクターだと思うが、ここまで人物描写と言う名の日常シーンばかり繋げられると、もはや今回だけ見た視聴者などは「何の話?」って感じになりやしないだろうか。

さっさと全容解明して、その過程で魅せたら!?

いろいろ引っ張りたいのは解るが、最終章の2話で全容解明ってするより、少し早めに全体像を見せちゃって、そこに至るまでの過程を4人を中心に描いた方が、今回のように時間軸をあちこち移動しなくて済む分だけスッキリするし、何より個性的なキャラの見せ場ができるように思うのだが…

あとがき

流石に全体像が見えなさすぎです。事件の発端部分をフラッシュバックで挿入しているだけでは、キャラが魅力的でも演技が良くても、流石にドラマそのものに興味が薄れていきます。次回は第7話、ぼちぼち構成的に大きなテコ入れした方が良いような気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
湊かなえ『Nのために』 (双葉文庫)
Nのために オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6336/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/409368487.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマ「Nのために」第6話あらすじ感想「許...

野口夫妻の秘密。そして希美の告白---------!!ようやく事件の闇の部分が見えてきました。何故西崎が奈央子と親しくなったのか?その理由が判明し、事件の核心に近づいた感じかなぁと...

Nのために #06

『許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白』

ディア・シスター六話&Nのために六話感想

■ディア・シスター六話 妹・石原さとみの人間力の凄さが、回を増すごとに明かされていく感じだが、それに反比例して、姉・松下奈緒のダメダメ度が増していくという(笑) 妹の恋を破滅させた過去に続き、父親の死の真相を誤解して母親を恨んでいたとは(苦笑)それを今回も妹のおかげで和解できたという話。どんだけなの。。

これでいいのだMでいいのだ・・・ボンボンバカボンNなのだ(榮倉奈々)

なんだ・・・・。 あまりにもうっとりする主題歌を忘れる呪文なのだ。 こんなにヒリヒリしないで二人にはノンアルコールの炭酸飲料でも飲んでほっぺになるとを貼り付けていてもらいたいよねえ。 榮倉奈々といえば・・・「ダンドリ。Dance☆Drill」(2006年)からレビューしているんだよなあ。美少女という

「Nのために」 第6話 許されぬ愛・・・罪人たちの悲しい告白 

 え・・・・安藤がチェーンを?( ̄□ ̄;)  それは嫉妬?誰かが殺されればいいと思っていたの? 西崎と慎司、どちらが死ねばいいと・・・? てか、野口がやろうとしていたこと ...

【 Nのために 】第6話 感想

誰にも知られずに相手の罪を半分引き受ける。 相手にも知られずに黙って身を引く。 それが杉下の究極の愛だ。 黙って庇ってやったとかそういうこと? そんなのただの自己満足だろ。 俺だったら 黙ってないで一緒に警察行ってやるよ。 刑務所に入ることになったら? 待つ。 それでできる限りのことをしてやる。 まったく… 君の人生は正しくて美しいな。 ...

Nのために 第6話

「許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白」 内容 2014年 ようやく、希美(榮倉奈々)と再会した高野(三浦友和) 事件の日、成瀬(窪田正孝)が現場にいたのは偶然だと告げる。 そして自身も、あの場にいたのは偶然だったと。 2003年 作戦のため、野口夫妻への接触に...

「Nのために」第6話★野口(徳井義実)はDV夫だった

「Nのために」第6話 『灼熱バード』を読んだ奈央子(小西真奈美)。 西崎(小出恵介)の長袖をめくってやけど痕を目に・・・。 「トリはあなたなんでしょ。かごの中から逃げてきたのね。」 なにやら尋常ない雰囲気をたたえてる奈央子。 −◆− 希美(榮倉奈々)の夢・・・ビルの窓清掃につかうゴンドラに乗る夢を叶えてくれた安藤(賀来賢人)。 朝日が昇ってきて地平線が望めました...

「Nのために」第6話 感想

 設定や状況は不自然で強引なのに、そこから発生する人間関係には惹きつけられる。  そんな不思議なドラマです。  家から妻子を追い出し、愛人とそこで一緒に暮らし始める父親。  辛い状況に置かれた希美に想いを馳せる成瀬。  二人の交流のみずみずしさと美しさ。  そして今回は野口奈央子と、西崎の交流が描かれます。

Nのために #06

公式サイト “水平線を見たい”という野望を持つ希美(榮倉奈々)は、同じ清掃会社で

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR