Nのために (第5話・11/14) 感想

TBS系『Nのために』公式
第5話『沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す』の感想。
なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。


2003年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)に接触するため、沖縄でボランティア活動に参加。2人は‘将棋’で野口の目を引き、その妻でダイビング初心者の奈央子(小西真奈美)が、海中でパニックになるのを救出。一気に野口の信頼を得る。その夜、2人は食事に招待され、自宅にも遊びに来るよう誘われた。その経緯を聞き、西崎(小出恵介)も満足する。そのころ、成瀬(窪田正孝)は悪事に手を染めていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回の重要な部分は、正味どの位の尺だったか?

本作のメインは、10年前の野口貴弘(徳井義実)・奈央子夫妻(小西真奈美)が殺害された事件の真相で、それに関わった希美(榮倉奈々)、成瀬(窪田正孝)、安藤(賀来賢人)、西崎(小出恵介)の人物紹介は、既に4話も割いて15年前から事件前までそれなりに描き終わっているはず。

となれば、私が基本的に興味関心を持てる部分は、どうやって高野(三浦友和)が、事件の真相を追い詰めていくかしかない。その視点で今回を観ると、それに相当するのは、希美と安藤が野口夫妻と密接なコンタクトをとれる関係になったことと、高野の妻や事件への思いや拘りがわかったくらい。正味どの程度の尺だろうか。

ぼちぼち10年前の事件に絞りんだ方が良いような…

流石に、メインの事柄以外の水増しが多過ぎるような気がする。確かに謎解きの部分は気になってその部分は楽しめている。4人の関係性の変化も気にならないと言ったら嘘になる。しかし、楽しめてはいるが面白いかと言うと微妙な状態。

以前も書いたが、俳優陣の演技も良いし、演出も丁寧。だからこそ、脚本による水増しが余計なものに見えてしまう。もう少しメインとそれ以外のバランスを整えて、順序なども整理したら、グッと良くなると思うのだが…

あとがき

ここへきて、“湊かなえ節”の脚本化の難しさが首をもたげて来たかなと言う印象です。原作は未読ですが、この小説における章立てを脚本にそのまましちゃうと、こんな感じになるんですよね。これは決して湊かなえさんの原作の問題で無く、“湊かなえ節”が如何に脚本化するのが困難かと言うことです。

脚本の奥寺佐渡子さんには、このままでは『夜行観覧車』の二の舞になって欲しくないので、頑張って欲しいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
湊かなえ『Nのために』 (双葉文庫)
Nのために オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6304/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/408991897.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸せそうで素敵だなあ幸せそうで素敵だなあ幸せそうで(榮倉奈々)

両親によって踏みにじられ壊されてしまった主人公の良心。 身近にいながらそのことにまったく介入しなかった警察官は・・・もしも主人公が犯罪を犯せば公僕として職務を遂行する。 主人公は別に警察官に復讐するつもりはないが・・・この世界の神は・・・その罪を問う。 そういう意味では「白夜行」よりも進化しているか

【 Nのために 】第5話

一瞬であの頃のことがよみがえってくる。 波の音、海の匂い、憎しみ、軽蔑、無関心、混乱…… 一度ついた嘘はつき通す。 それが嘘を真実に変えるたった一つの方法だった。 Nのために 第5話       2004年。都内のマンションの一室で殺人事件が起きた。 被害者は会社員の野口貴弘と、その妻・奈央子。 警察はその場に居合わせた西崎真人を容疑者として逮...

Nのために 第5話

「沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す」 内容 2003年、N作戦を実行するため、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、 野口(徳井義実)の行うボランティア活動に参加。 だが、渾身の将棋作戦も上手くいかなかったが、 そんな折、希美と安藤が、ダイビング中に溺...

ディア・シスター五話&Nのために五話感想

■ディア・シスター五話 やはりこれは、かなり切ないお話になってくるのではないのかと予感させる終わり方。妹・石原さとみは、お腹の赤ちゃんをきちんと育てられる環境作りをしているのか?自分はいなくなるから・・と思っていたんだけど、やはりそういう事なのかな。でも、姉・松下奈緒の仕事をやめさせたりとか、総合的にわからんことも。みんなをハッピーにしてあげたいという気持ちで動いてるのかもしれないが。

「Nのために」第5話★母・早苗(山本未來)が野ばら荘に

「Nのために」第5話 感想を書きにくい展開だったなぁ・・・。 −◆− 母・早苗(山本未來)が野ばら荘にやって来ました。 島のトラウマが蘇る希美(榮倉奈々)は気配を消して会おうとしません。 自らもトラウマを持つ西崎(小出恵介)は、母と会おうとしない希美に理解を示します。 いやはや、やっぱ早苗(山本未來)の不快感は半端ないわ。 −◆− 成瀬(窪田正孝)は、罪悪感を感じ...

Nのために #05

『沖縄の夜 新たな恋から歯車が狂い出す』

「Nのために」第5話 感想

 事件につながるヒントと思われる場面がいくつかありました。  希美が野口に手紙を出します。  妻、奈央子は夫に手紙を渡しますが、内容を詳しく教えてもらえません。  希美に電話をかけ、ドアを閉める夫。  マンションの最上階のラウンジに希美を招きます。  ビルは売却しないと、希美に教えます。  安心する希美。  安藤にはこの事を内緒にしていると、そして理由を話します。  野口は自...

ドラマ「Nのために」第5話あらすじ感想「沖...

N計画開始--------!!人間関係がつながりを見せた前回。そして、今度はついに10年前の事件の被害者野口夫妻と関わりを持つことになった希美たち。ボランティア活動をするという野口に...

Nのために #05

公式サイト 希美(榮倉奈々)は野バラ荘を守るため、安藤(賀来賢人)と西崎(小出恵

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR