マッサン (第41回・11/14) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第7週『触らぬ神に祟りなし』【第41回】の感想。


家族がそろえばもう一度絆を取り戻せるかも知れないと、由紀子(愛原実花)の誕生日パーティーを思いついたエリー(シャーロット)は、幸子(田中葵)と招待状を作り始め、マッサンはパン焼き窯の制作に取り組む。エリーは野々村(神尾佑)のもとに招待状を届けるも、仕事で東京に行くからと拒否されてしまう。そんななか、亡くなった母親のことは忘れなければならないと、幸子は思い出の写真を窯に放り込み燃やそうとするのだった
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ、招待状づくりを昨日に入れなかったのか?

本作には数々の不満があるが、今回は連ドラなのに連ドラらしい連続感が足りない点について書いてみる。今日のアバンタイトルの構成は以下の通りだ。

  1.幸子(田中葵)が「幸子があかんねん」と悩みを告白。
  2.野々村(神尾佑)が「私の軽はずみな判断で」と悩みを告白。
  3.由紀子(愛原実花)が「私が甘かった」と悩みを告白。
  4.エリー(シャーロット)が誕生日パーティーを思いつく。
  5.エリーと幸子が招待状を作り始める。
  6.エリーが3丁目べっぴん同盟にパン釜を発表。

これのどこが不満かと言うと、昨日の最後のくだりでは、招待状作りが無かったのだ。エリーのパン釜自慢なんてカットしてでも、招待状作りまで昨日の放送分に入れたら良かったのだ。

寂しく悩んでいる幸子を囲んでの3人での夕食や、楽しく招待状を作っている様子など、きちんと描くべきだったと思う。そして、その内の数カットを今日のアバンに挿入すれば、エリーが野々村家を訪問する唐突感も薄まるし、政春(玉山鉄二)のパンづくりも今日からにしたら、サプライズになったろうに。

こう言う小さな連続感の積み重ねこそ、毎朝15分間の朝ドラに重要なのに、今週は特にすべてのエピソードが切り貼りだらけ。これでは興味の無い内容がよりつまらなく感じてしまうのも無理はない。

ウイスキーの香りは漂ったのは良かったが、今週はエリーと幸子のお話だから…

また、今日は必要以上に政春に「ウイスキー」と言う言葉を言わせていた。まあ、ウイスキーづくりの話が完全停止状態だから、台詞だけでもウイスキーの香りを漂わせるのは悪くない。

それに、パンづくりとウイスキーづくりを強引になぞらえるくだりや、失敗したり再度挑戦したりと、少なからずこれまで描かれなかった政春像が表現されたのも良かった。しかし、残念なのは、こう言うマッサンの人間性を描くシーンを、エリーと幸子のエピソードに挟み込んでしまったこと。

確かに本作の主人公は政春だし、ウイスキーづくりの話なのだが、今週はエリーと幸子の親を想う気持ちのストーリーなのだ。それとパンづくりは無関係だ。だから、結果的に散漫になる。何を描きたいんだ?って…

あとがき

個人的には、エリーと幸子の話には興味はありません。少しでもウイスキーづくりの話を進めて欲しいと言う気持ちも変わりません。しかし、会えない親を想うエリーと幸子のエピソードから見えてくるものはあると思うんです。それがきっと広島の政春の実家にもつながるでしょうし。そう言う、連ドラに必要な連続性が前作に続いて今作も乏しいのが、ホント残念でなりません。

とにかく、本作はフィクションです。史実をなぞれとは言いませんが、実際の竹鶴夫妻(政孝とリタ)はこう言うドタバタ&下品&薄っぺら夫婦ではありません。お酒好きの1人として、日本のウイスキーの歴史を作った夫婦を間違った認識で記憶されるのが怖いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 マッサン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 マッサン 上 単行本
マッサンとリタ―ジャパニーズ・ウイスキーの誕生 単行本
NHK連続テレビ小説「マッサン」主題歌“麦の唄" 中島みゆき


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6300/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/408890264.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第41回★仕事と家族どっちが大事ですか?

連続テレビ小説「マッサン」 第41回(11月14日) 家族がそろえばもう一度絆を取り戻せるかも知れないと考え、由紀子(愛原実花)の誕生日パーティーを思いついたエリー(シャーロット)。 幸子(田中葵)と作った招待状を野々村(神尾佑)のもとに届けに行きました。 ここに到っては『触らぬ神に祟りなし』というサブタイトルは吹っ飛んでる感じ。 むしろ『虎穴に入らずんば虎子を得ず...

マッサン 第41回

内容 幸子(田中葵)と野々村(神尾佑)親子の関係を改善しようと、 エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は、 由紀子(愛原実花)の誕生日パーティーを行うことを決める。 それにあわせて、政春(玉山鉄二)もパンの焼き窯の完成を急いでいた。 その後、エリー...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第41回 感想

家族がそろえばもう一度絆を取り戻せるかも知れないと、由紀子(愛原実花) の誕生日パーティーを思いついたエリー(シャーロット)は、幸子(田中葵)と 招待状を作り始め、マッサンはパン焼き窯の制作に取り組む。 エリーは野々村(神尾佑)のもとに招待状を届けるも、仕事で東京に行くからと 拒否されてしまう。 そんななか、亡くなった母親のことは忘れなければならないと、幸子は思い出の 写真を...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR