相棒Season13 (第4話・11/5) 感想

テレ朝系『相棒Season13』公式
第4話『第三の女』の感想。


女性の転落死事件が発生。伊丹(川原和久)らの捜査に、出向先の警察庁から転属してきた真彩(原田夏希)が加わる。右京(水谷豊)は、防犯カメラの映像から身元不明のその女性が現場をよく知る警備会社の人間ではないかと推測する。やがて、女性が警備会社の社員で、警察庁の元職員・恵子(菅原あき)と判明。右京は、防犯カメラの設置をめぐり、恵子が勤務する警備会社と警察庁の官製談合の存在を暴く週刊誌の記事を見つける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今週も「杉下右京の事件簿」か…

前回に続き、今週も『杉下右京の事件簿』になってしまった。私は『相棒』と言うドラマにチャンネルを合わせたはずなのだが、もう『13』では『相棒』は見ることはできないのか?

ファンを飽きさせない工夫が随所に…

冒頭から三浦刑事の名前を出したり、ついに新レギュラー加入か?と思わせぶりな真彩(原田夏希)を登場させたりとなかなか好調なスタート。

そして、今回はいつもの特命係と捜査一課との関わりだけでなく、『相棒』ファンを飽きさせない工夫が随所に施されており、その点では『13』になってからは少し新鮮味さえ感じるテイストの回だったと思う。

特に、内村刑事部長(片桐竜次)、中園参事官(小野了)、鑑識の米沢(六角精児)らの、いつもと違った彼らの違った面を見せたり映像も工夫したり。このようなお楽しみは大歓迎なのだが…

もっと享らしい暇つぶしの方法を魅せて欲しかった…

今回の最大の問題は、上記のあらすじにさえ享(成宮寛貴)が登場しない程に、亨の“存在理由”“存在意義”が薄過ぎることだ。存在感はある。常に右京(水谷豊)の横にピッタリとはり付いて相槌を打っているのだから。でも、右京の話を聞くだけなら角田課長(山西惇)で十分事足りる。

私には脚本が右京1人分として全部書いてから享の分を割り振っているようにさえ感じてしまう。それでは右京の相棒が享である必然性が無い。享は『11』から登場しているのに、右京の相棒としてのキャラが揺れていると言うのが大きな理由だと思うが、もっと享らしい捜査じゃなくて暇つぶし方法を魅せて欲しいと思う。

あとがき

話は面白かったです。捻りも加えつつ警察官魂も描かれて『相棒』らしい1本だと思います。それだけに、亨の活躍が欲しかった。

それに浅木真彩を演じた原田夏希さん、いいですね。凛とした感じが『相棒』に合ってました。警察は辞めてしまいましたが、他の役で絡んで欲しいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season 12 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]
相棒 season12 上 (朝日文庫)
相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 豪華版Blu-ray BOX(初回完全限定生産)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6263/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/408413022.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒season13「第三の女」

捜一、男集団に、ついに華が… と思いきや、たった1回のゲストになりましたね。浅木真彩(原田夏希)、なかなかの美人さんだったのに… 残念ビルから転落死した身元不明女性の捜査を進めていく内、鑑識の米沢(六角精児)が「奇妙なルートを通ってるのがミステリー」と指摘したところから、特命係の2人は警備会社の関係者と推測亡くなった名取恵子(菅原あき)は、もともと警視庁にいて、警察学校の教官も務めたことがあ...

相棒 「第三の女」〜右京さんの数学的推理術!

 事件の背景にあるのは以下のふたつ。  ひとつは、防犯カメラの設置に関する官製談合。  もうひとつは、防犯カメラの設置データの暴力団への流出。  このふたつの背景をどう結びつけるかが、真相を解く鍵となる。  そこで出て来るのが、殺された名取恵子(菅原あき...

相棒 season13 第4話 第三の女 感想

胡散臭いキャリア警部補女子が捜査一課に。イタミン大困惑。 公式HPよりあらすじ 捜査一課に浅木真彩(原田夏希)という、警察庁に出向していた女性が新加入することになった。伊丹(川原和久)・芹沢(山中崇史)と組むことになった彼女は、早速ビルから転落死した身元不明女性の捜査に加わる。既に捜査に乗り出していた右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、死亡直前の女性の行動から、警備会社の関係者...

「相棒 season13」第4話

官製談合… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411060000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】相棒season12(上) [ 碇卯人 ]価格:907円(税込、送料込)

相棒 season13 テレ朝(11/05)#04

第4話 第三の女 公式サイトから捜査一課に浅木真彩(原田夏希)という、警察庁に出向していた女性が新加入することになった。 伊丹(川原和久)・芹沢(山中崇史)と組むことになった彼女は、早速ビルから転落死した身元不明女性の捜査に加わる。既に捜査に乗り出していた右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、死亡直前の女性の行動から、警備会社の関係者ではないかと推理。調べると、彼女は警察庁を退職後に警備会社に移...

相棒season13 第4話

「第三の女」 内容 内村刑事部長(片桐竜次)に呼び出された伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史) 警察庁に出向していた警部補の浅木真彩(原田夏希)を2人の係に加えると。 女性というだけでなく、階級が上の警部補。。。 そんななか、真彩に促され、先週、女性が転落死...

「相棒 season 13」第4話

防犯カメラとロッカーの鍵。 第4話『第三の女』ネタバレです。 白松がモナカ・ヨーカン詰合せ(小型モナカ12個・中型栗ヨーカン1本)白松がモナカ本舗 by G-Tools

相棒season13 第4話

警視庁捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)に、警察庁出向組の警部補・浅木真彩(原田夏希)が仲間として加わります。 伊丹たちは、ビルの屋上から転落死した女性の身元を追っていました。 真彩を連れて現場に向かった伊丹たちは、右京さん(水谷豊)と享(成宮寛貴)に出くわします。 防犯カメラの映像を見た右京さんは、女性がビルを良く知る人物ではないかと推測します。 やがて、...

相棒13期第4話(11.5)

『第三の女』  脚本:徳永富彦 監督:橋本一 警察庁に出向していた警部補浅木真彩@原田夏希が捜査一課に加入、 困惑する伊丹@川原和久や芹沢@山中崇史と共に 女性がビルから転落死した事件の捜査を始める 一方、杉下@水谷豊と甲斐@成宮寛貴は その女性が警察庁退職後に警備会社に転職した名取恵子@菅原あきであり、 警察庁に関する官製談合を内部告発しようとしていたことに気づく。 更に杉下たちに名取のこ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR