地獄先生ぬ~べ~ (第4話・11/1) 感想

日テレ系『地獄先生ぬ~べ~』公式
第4話『危険な遊びで妖怪が激怒!ろくろ首が走り(秘)巨大怪鳥も召喚!?』の感想。
なお、原作漫画:真倉翔(作/原案)、岡野剛(画)『地獄先生ぬ~べ~』は未読。


鵺野(丸山隆平)の正体を知った生徒たちの間で妖怪ブームが起き、「トイレの花子さん」(高橋真麻)も大人気に。鵺野は、いずな(山本美月)から教わったというまじない遊び「エンジェル様」をする郷子(松井愛莉)らに注意するが、彼女らに危機感はない。鵺野も生徒の怒り方が分からず強く言えない。そんな中、いずなが今度は「幽体ひっぱりゲーム」を教え、美樹(佐野ひなこ)の首が「ろくろっ首」の状態になる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回のお蔭で、物語は前進した!

前回で鵺野(丸山隆平)と生徒たちの関係性が、一段階ステップアップしたため、鵺野といずな(山本美月)のくだりも一応自然な流れに見えた。その点では、物語そのものは正常進化したと言って良いと思う。

また脚本家が戻って、エピソードの切り貼りが目立った!

ただ、残念なのは、前回で折角、妖怪と学園を一体化して描くことに(やや)成功していたのに、今回はまた、妖怪パートと学園パートが解離してしまった。お蔭で、折角の物語も切り貼り感が半端無かった。と思ったら、脚本家が第1,2話担当のマギー氏に戻っていた。やっぱり…

あとがき

高校生が妖怪ありきの世界観と言うのには、だいぶ慣れました。妖怪含めてCGの安っぽさや妖怪がアップばかりで楽しくないとかも諦めました。ただ、このお子さまランチみたいなテイストは何とかなりませんかね。それと、学園ドラマとしてきちんと成立させて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 土曜ドラマ 地獄先生ぬ~べ~ オリジナル・サウンドトラック
地獄先生ぬ~べ~ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
地獄先生ぬーべー 全31巻完結(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
地獄先生ぬ~べ~NEO 1 (ジャンプコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6245/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/408181936.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄先生ぬ〜べ〜 第4話★白戸(佐野岳)「私たちは禁断の果実を食べて…」

地獄先生ぬ〜べ〜 第4話 鵺野(丸山隆平)の正体を知った生徒たちの間で妖怪ブームが起き、「トイレの花子さん」(高橋真麻)も大人気に。鵺野は、いずな(山本美月)から教わったというまじない遊び「エンジェル様」をする郷子(松井愛莉)らに注意するが、彼女らに危機感はない。鵺野も生徒の怒り方が分からず強く言えない。そんな中、いずなが今度は「幽体ひっぱりゲーム」を教え、美樹(佐野ひなこ)の首が「ろ...

地獄先生ぬ~べ~ 第4話

ぬ~べ~(丸山隆平)の正体を知り、この世に妖怪がいることに気付かされた2年3組の生徒たちに、妖怪ブームが到来します。 クラスの人気者になったトイレの花子さん(高橋真麻)が、ぬ~べ~を呼び付けて、転校を決意するほどの騒ぎになってしまいましたw ぬ~べ~が生徒たちの危機感のなさに不安を抱く中、今度は「エンジェル様」という遊びが流行します。 これって、キューピッドさんやコックリさ...

地獄先生ぬ〜べ〜 第4話

「危険な遊びで妖怪が激怒!ろくろ首が走り(秘)巨大怪鳥も召喚!?」 内容 鵺野(丸山隆平)の鬼の手と正体を知った2年3組の生徒は、妖怪が大人気! トイレの花子さん(高橋真麻)のトイレは、観光名所化。 ついに、転校を決意させてしまう。 だが鵺野は、生徒たち...

地獄先生ぬ~べ~「危険な遊びで妖怪が激怒!ろくろ首が走り(秘)巨大怪鳥も召喚!?」

いったん脱落してたのですが、脚本が変わって、変化のきざし…の噂に見てみると、再びやたら、個人的に「わかりやすくなった(より、オコサマ向けになった?)」って印象だったかな?ぬ~べ~(丸山隆平)先生、ちょっとヘタレで三の路線なのね。そして、叱り方の難しさに悩みます。でも、手袋の下の腕は頼もしいぞ。でも、父君が、無限界時空(高橋英樹)だったとは、あらま、びっっくり生徒の間では、こっくりさんみたいな...

困った時の神頼みと溺れるものは藁をも掴むは同じ意味です(丸山隆平)

ここ半世紀の流れを見ていると・・・体罰は是か否かという問題は・・・否定の圧勝に至っている。 もはや、体罰は虐待と同義語になったといっていいだろう。 本当にそれでいいのか・・・という問題はさておき・・・じゃ・・・言うことを聞かない子供をどうすりゃいいんだ・・・である。 言葉の暴力を念頭に置けば・・・叱

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR