すべてがFになる (第2話・10/28) 感想

フジテレビ系『すべてがFになる』公式
第2話『冷たい密室と博士たち[後編]』ラテ欄『暴かれる冷たい密室の謎と哀しき殺人者の記憶』の感想。
なお、原作:森博嗣『すべてがFになる (講談社文庫)』は未読。

【注】本記事は管理人の好き嫌いで書いています。本作をを楽しくご覧になった方や、出演者や原作、脚本家や演出家等のファンの方は読まない方が良いです。


極地環境研究センターに潜入した萌絵(武井咲)は、遺体で見つかった増田のパソコンを調べ、「shika」というファイルを見つける。だが、何者かに低温実験室に閉じ込められてしまう。間一髪、駆け付けた犀川(綾野剛)に救出されるが、萌絵がデータをコピーしたUSBは持ち去られ、増田のパソコンも壊されていた。翌朝、出張から戻った助教の市ノ瀬(市川由衣)が、センター内で木熊教授(平田満)の遺体を見つける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

第1話で離脱したが、謎解きのプロセスに期待して…

実は第1話で離脱したため、観るつもりも記事を書くつもりも無かったのだが、偶然に昨夜は時間が空いたため、謎解きの答えだけでもと思い視聴した。いや、実は、謎解きにプロセスが面白ければ、もしかして視聴再会もあるかもと、ほのかな期待もあったのだが…

すべてがFailure(落第点)だった…

冒頭の萌絵(武井咲)が救出されるくだりが、意外な程にあっさりしていて拍子抜けしたから、いよいよ謎解きプロセスを魅せてくれよと思ったが、その期待はもあっさりと裏切られてしまった。次々と似たような事件を起こし、似たような表現の繰り返しで、引き伸ばし感が半端無かった。

こんなに引き延ばすのなら、そもそも前回の30分延長も前後編の構成も無駄だったのでは…。いや、実は第1話が不要で、第2話の冒頭5分で初期設定紹介、更に10分間程度で事件発生を描き、残りの35分前後でこの度の解決編を描いたら、まだ良かったのだ。

出演者のファンが楽しむためのドラマだと思うが、
本当に楽しめているファンはいるのか?

結局、期待した謎解きも推測の域をで無いようなものばかりだし、証拠の類もほぼ皆無。更に後出しジャンケンも多い。こう言うことを続けて、引き延ばせば引き延ばす程に、本来重要なサスペンスらしさが失われて、面白味が無くなる。今回は「解決編」と言うより「事件の説明会」としか言いようが無い…

更に出演者の好みはあろうが、登場人物に魅力が無い。だから、前回の感想で書いたように、出演者のファンが楽しむためのドラマならそれで良し!と言うことだ。でも、いくらファンでも、こんな根拠のない推理の説明会みたいなのを見て、本当に楽しめるのだろうか?

あとがき

一度リタイアしたドラマを頼まれもせず観て、愚痴の感想を書いている自分が馬鹿馬鹿しくなります。でも、これで見極め終了です。継続視聴の皆さん、楽しんで下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 <  

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
すべてがFになる (講談社文庫)
すべてがFになる (バーズコミックススペシャル)
すべてがFになる~THE PERFECT INSIDER


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6226/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/407938157.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「すべてがFになる」2 ☆☆

よくこれをこんな形で…ほぼ解説だけを1時間見せられるとは思いませんでしたよw しかも20年たって人の親になった今、事件が納得いかな過ぎでしょ 『親なら止めろ』 そんなわけで冷 ...

すべてがFになる「暴かれる冷たい密室の謎と哀しき殺人者の記憶」

解決編。萌絵(武井咲)は何者かに低温実験室に閉じ込められ、ピ~ンチ!だったけれど、犀川(綾野剛)に助けられます。結局、密室トリックは、入れ替わり立ち代りの防護服マジックで、2人が殺された理由は、結婚が祝福されなかったからでした。犯人は、2人。親子関係で、父は自殺し、それを殺人に見せかけるために、娘に依頼してトリック。ちょっと肩透かし。見せ方によっては、かなり面白そうなのに、武井咲、綾野剛が、...

すべてがFになる #02

『暴かれる密室の謎と哀しき殺人者の苦悩』

【すべてがFになる】第2話プチ感想と視聴率

副題「冷たい密室と博士たち(後編)」 新聞ラテ「暴かれる密室の謎と哀しき殺人者の

「すべてがFになる」第2話 感想

 事件のトリックと解明が面白い。   謎解きゲームみたいなドラマですね。  事件が主人公たちの目の前で起き、視聴者もそれを目撃する。  そして犯人は誰でしょう?  どんなトリックが仕掛けられてるでしょう?的なクイズ番組のような、そんな感覚を楽しむドラマ。  だから主役は事件のトリックとその謎解き。  そこに重点を置いた作品なので、犯人の動機なんて後付け。  辻褄が合わないとか納...

すべてがFになる 第2話★見てきたような推理を展開

すべてがFになる 第2話 冷たい密室と博士たち[後編] 陰気で辛気くさく、面白くなかったーーーー。 −◆− 何者かにより低温実験室に閉じ込められた萌絵(武井咲)は、犀川(綾野剛)に救助され一命を取り留めました。 ところが、こんどは極地環境研究センターで木熊(平田満)の死体が発見されました。 で、犀川のもとに入院中の萌絵からメールで<新事実を入手したのでお伝えしますね。...

すべてがFになる 第2話

「暴かれる密室の謎と哀しき殺人者の苦悩」 内容 極地研で密室殺人が発生した。 その直後、2年前に行方不明となった学生の遺体が、研究所の一室で発見された。 萌絵(武井咲)は、証拠探しに極地研へ忍び込むのだが、 何者かに襲われ、低温実験室に閉じ込められてしま...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR