●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

マッサン (第26回・10/28) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第5週『内助の功』【第26回】の感想。


大作(西川きよし)のじか談判に心打たれた鴨居(堤真一)は、これまで通り太陽ワインの生産を住吉酒造に任せることを決める。活気が戻る住吉酒造であったが、専務の矢口(白井晃)だけはより反発を強めていく。マッサン(玉山鉄二)と大作は、株主や銀行にウイスキー事業を承認してもらうため奔走。しかし、誰もが大株主の長五郎(中村嘉葎雄)次第だと取り合わず、努力しても理解されないとマッサンはいらだつ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

エリーが見えてこない!

あんなに泥酔しているのに、エリー(シャーロット)の叱咤激励でマッサン(玉山鉄二)はある決意とした訳だが、あの状況であの程度の叱咤激励なら、大作(西川きよし)でも優子(相武紗季)でも、いやキャサリン(濱田マリ)の方が効き目があったかもしれない?

なぜ、こんなことを書くかと言うと、物語の中にエリーの存在意義が無いからだ。いつも機嫌が悪くて、ふらふらと会社に現れたり、夕飯の支度して政春の帰りを待ってるだけ。口先では「夢」を語るが、正直いなくても今の所は話は進んでしまう状況は頂けない。

基礎設定を知らされていない登場人物がブレてる現状…

今更だが、本作のスタート地点に戻って考えてみたい。本作は政春とエリーの留学以前の設定を描かずに、国際結婚して帰国した地点から始まった。それは今も変わらない。だから、視聴者は政春とエリーがどう言う人間なのか、どんな絆や思いで繋がっているのか、勝手に脳内補完する以外に妄想するしかない。

そんな基礎設定が提示されていない政春とエリーだけでなく、笹塚(岡本信人)や鴨居(堤真一)のキャラクターも最近はキャラクターが定まらず、どうも主要キャラに一貫性、統一性が乏しい。これではいくら「ウイスキーを作りたい」と願っても、「なぜ?」「どうして?」の部分が解らないから、共感も応援もしようがない。

劇中に「生きた人間」が描かれていないせつなさ…

昨日の感想で、山あり谷ありの物語に登場人物が動かされているだけにしか見えないと書いた。これを言い換えれば、本作はドラマの中に“生きた人間”が描かれていないと言うこと。生い立ちも育ちも知らない表面だけの登場人物2人が夢を追いかける、内助の功で夫を支えると言われても、刹那的だし虚しすぎる…

とは言え、政春については何となくウイスキーがつくりたいと言う情熱は本物らしいと言うのは今日で解った、と言うかそう言うことにしようと思う。でも、エリーについては全く見えてこない。とにかく、早急にエリーが政春の妻であることを視聴者に強くすり込むべき。でないと、内助の功どころか、いつまで経っても夫婦の物語は始まらないと思う…

あとがき

いっそのこと、ポンと山崎工場竣工まで中抜きしても良いかもしれません。ウイスキーづくりが始まれば、政春の情熱も描けるでしょうし、夫を支えるエリーも描き易くなるでしょうから。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 マッサン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 マッサン 上 単行本
マッサンとリタ―ジャパニーズ・ウイスキーの誕生 単行本
NHK連続テレビ小説「マッサン」主題歌“麦の唄" 中島みゆき


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6221/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/407877044.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第26回★エリー「目を覚ませ、このアホ!」

連続テレビ小説「マッサン」 第26回(10月28日) 昨日の『YOUは何しに日本へ?』。 たまたま空港に居て、『マッサン』の北海道ロケがあるって言ってたチャールズ・グラバーさんにインタビューしていましたねぇ。 テレビ東京は凄い偶然で面白い人を見つけちゃうなぁ。 −◆− 大作(西川きよし)のじか談判に心打たれた鴨居(堤真一)は、これまで通り太陽ワインの生産を住吉酒造に任せる...

マッサン 第26回

内容 ポットスチルの製造中止を矢口(白井晃)に告げられた政春(玉山鉄二) そんなコトをしている場合では無いと。 そんななか鴨居(堤真一)は、大作(西川きよし)の熱意に打たれ、 太陽ワインの生産を住吉酒造に任せると決める。 そして大作と政春は、ウイスキー造...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第26回 感想

大作(西川きよし)のじか談判に心打たれた鴨居(堤真一)は、これまで通り 太陽ワインの生産を住吉酒造に任せることを決める。 活気が戻る住吉酒造であったが、専務の矢口(白井晃)だけはより反発を強めていく。 マッサン(玉山鉄二)と大作は、株主や銀行にウイスキー事業を承認してもらうため 奔走。しかし、誰もが大株主の長五郎(中村嘉葎雄)次第だと取り合わず、努力しても 理解されないとマッサ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR