Nのために (第2話・10/24) 感想

TBS系『Nのために』公式
第2話『放火事件の謎…許されない罪の共有』の感想。
なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。


2000年、瀬戸内海・青景島。東京の大学を目指す希美(榮倉奈々)は、新聞配達のアルバイトを続けていた。一方、成瀬(窪田正孝)は父・周平(モロ師岡)から代々続いた料亭を売りに出すと聞いて、進路変更を余儀なくされる。そんな中、希美の母・早苗(山本未來)が「あの家に帰りたい」と半狂乱に。希美は、父・晋(光石研)と愛人・由妃(柴本幸)が暮らす家がなくなれば、早苗が前向きになれるのではないかと思い詰めて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回よりも観易くなった!

前回気になっていた“時間軸の行ったり来たり”だが、今回は「現在」と「15年前」に絞り込んできた上に、「現在」を少なめにしたことで、だいぶドラマが観易くなった。その点では、正常進化と言って良いかもしれない…

「15年前」は、まるで青春ドラマのよう…

特に「15年前」の希美(榮倉奈々)と成瀬(窪田正孝)のくだりは、ある種の青春物語のようなエネルギーやせつなさや情緒さえを感じさせ、個人的には、「15年前」の話だけでも良いのではないか?と思う程、上手い話に仕上がっていると思う。

気になること。1つは「現在」の西崎の中途半端さ!

ただ、「15年前」が良い出来なだけに気になることが2つある。1つは「現在」の西崎(小出恵介)の存在の中途半端さ。高野(三浦友和)は15年分の道先案内人としての役割が与えられているし、それが本作の観易さに多大な貢献をしているから良いのだが、西崎がなぜ登場するのかの必然性が今一つ見えてこない。

2つ目は、全体像が見えな過ぎること!

もう1つは、あまりに全体像が見ないこと。これも「15年前」が丁寧に描かれているのが原因なのだが、「現在」が高野の取り調べ(調査か?)と回想シーンでしか描かれていないから、何が繋がっているのかさっぱりわからない。

これが“本作らしさ”と言われればそれまでだが、現状では2本立てのドラマを見ているようで、もう少し全容を上手く魅せて欲しい…

あとがき

「15年前」で高校生を演じる榮倉奈々さんと窪田正孝さんが良いですね。全く違和感を感じませんもん。普通の青春の1ページを垣間見ているようなハラハラドキドキ感と応援したくなるような気持ちになります。それだけに、もう少し全体が見えてくると「15年前」が生きてくると思います。2本立て状態では勿体無い。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
湊かなえ『Nのために』 (双葉文庫)
Nのために オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6206/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/407710244.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Nのために」第2話★シャーペンを4回ノック

「Nのために」第2話 今回もヨカッタ。面白かった。 参考書とかを買いにフェリーで島外に出る成瀬(窪田正孝)と希美(榮倉奈々)。 本屋を出て、うどん屋デート。 成瀬は希美を意識してるけど、希美はどうなんやろうか? 奥手の成瀬を応援したくなる。 その後、港で腰掛けて話をする爽やかな二人。 「大人になったらどうなっとるんやろ? 今より楽しいとええな。 成瀬君も私も...

今日は会社休みます。二話&Nのために二話感想

■今日は会社休みます。二話 題名だけだと恋愛ドラマだととても思えないが、ガチでド恋愛ものだった。一話は、なんなんだこの主人公!?という感じがしないでもなかったが、二話は心の揺れとか微妙な女心がうまく表現されていたような気がして面白かった。 少女漫画では人気タイトルのドラマ化なんですね。昔はなんだかんだで花より男子とか花ざかりとかは読んでたけど、最近は少女漫画も読まなくなったな。まあでも、...

Nのために #02

『放火事件の謎…許されない罪の共有』

「Nのために」 第2話 放火事件の謎・・・許されない罪の共有

 それぞれが自分の大切なNのために動いた。 苦しみから始まった希美と慎司の絆・・・ でも、それは二人をこの世界の留めておける唯一のものだったのかもしれない。 HPはこち ...

ドラマ「Nのために」第2話あらすじ感想「放...

罪の共有----------!!どんどん視聴者側も追い詰められていく感じの息苦しいドラマ。でも、続きが気になって仕方ないのも確か。希美や成瀬の気持ちに共感しやすいっていうのもあるん...

【 Nのために 】第2話 感想

結婚した相手より後に死ぬ。 成瀬くんも私も…いつかは誰かと結婚するんかなあ。 大人になったらどうなっとるんやろ。 今より楽しいとええなぁ。 成瀬くんも私も。 幸せだったらええなあ。 Nのために 第2話       2004年。都内のマンションの一室で殺人事件が起きた。 被害者は会社員の野口貴弘と、その妻・奈央子。 警察はその場に居合わせた西崎真...

Nのために 第2話

「放火事件の謎…許されない罪の共有」 内容 西崎真人(小出恵介)に接触した高野(三浦友和) 事件の詳細について尋ねるのだが、西崎は答えない。 ほじくり返しても、何の得もないと。 2000年。青景島。卒業を控えた成瀬(窪田正孝)は、 父・周平(モロ師岡)母...

クリスマス殺人事件か・・・ジングルベルを聞きながらまた誰かが(小西真奈美)

中国では独裁者によって「法治国家」が叫ばれているという。 しかし、自分で自分の首をしめるのは難しいことなのである。 独裁政権が人民に自由を与えることなど未来永劫できない相談なのだ。 一般的に司法と行政が分離するのがいかに困難なことか・・・。 サービスしていいことと悪いことの区別がいかに難しいことか。

「Nのために」第2話 感想

 ミステリーではあるのですが、心がヒリヒリするような青春物語ですね。窪田正孝が演じる成瀬の純朴さ。  希美と並んで座っている時、手を握ろうとしてにじり寄るんだけど、上手くいかなかった。  その時の成瀬の顔。  たまらないですね。  高校生そのものです。  話し方、仕草、すべてが10代の男子です。  (胸がキュンキュンさせられっぱなしです。)

Nのために #02

公式サイト 2000年香川県青景島。東京の大学に進学しようと考える希美(榮倉奈々

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR