ドラマスペシャル 「遺留捜査[SP3]」 (2014/10/19) 感想

テレビ朝日系ドラマスペシャル『遺留捜査[スペシャル3]』公式
『遺留品が語る、三分の真実ー風変わりな刑事・糸村聡(上川隆也)がふたたび!泣ける刑事ドラマ「遺留捜査」、秋の特別編!!』の感想。


『バックドラフト現象』による連続爆破事件が発生!警視庁捜査一課の佐和田(内藤剛志)とコンビを組むこととなった糸村。しかし、糸村は相変わらず、遺留品である“香炉"の捜査に没頭!佐和田を振り回しながらも遺留品の謎を追う!“香炉"に秘められた真実とはー。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

2か月後のSP放送より、1年おきに連ドラ化したら?

連続ドラマ3期、ドラマスペシャル2回が放送された同シリーズの最新作。それも8月9日の『SP2』放送から2か月しか経っていない。テレ朝が『相棒』に続く看板番組に仕上げたいなら、こんな中途半端な形で継続せず、1年おきに連ドラシリーズ化するとかしたら、『相棒』みたいなマンネリ化も避けつつ、看板番組になれそうだが…

糸村のキャラクターが確立しているからこその作品!

『SP1』では潜入捜査を、『SP2』では警視庁月島中央警察署から千葉県警に活躍の場を移し広域捜査を描いてきたスペシャルの第3弾は、ついに糸村お得意の単独行動を封印させ、佐和田(内藤剛志)とバディーを組んでの捜査となるのが最大の面白さだった。こう言うが出来るのも、糸村のキャラがしっかり出来ている証拠だ。

『相棒』より“相棒”らしい『遺留捜査』に!

冒頭で『相棒』を取り上げたが、今作の内容は、正に糸村(上川隆也)に“相棒”が出来たと言う話だった訳だが、皮肉にも本家よりも“相棒らしさ”が描かれいたのが複雑な心境だ。

個性的で奇抜で変人な糸村刑事と、たたき上げの頑固なベテラン刑事の佐和田と言うキャラの対比も見事だし、糸村の過去もチラリと見せたり、シリーズとSPの楽しさを見事に合体させた作品だった。

あとがき

上手く作りますねえ。メインの2人以外のキャラも無駄が無く個性的だし、笑いもシリアスも程良いし、バックドラフトの映像もなかなかの仕上り、そして認知症の老人・矢作を演じた竜雷太さんも素晴らしかった。あまり話題になっていないようですが、かなりの秀作だったと思います

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマスペシャル 遺留捜査 [DVD]
遺留捜査3 DVD-BOX
遺留捜査2 DVD-BOX
遺留捜査DVD-BOX【DVD】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6185/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/407472901.html でも、受け付けております。


【これまでの感想】
スペシャルドラマ3本立て「孤独のグルメ」「アウトバーン」「遺留捜査」 (2014/8/9) まとめて感想
遺留捜査 第3シリーズ (第9話 最終回・6/12) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR