信長協奏曲 (第1話・10/13) 感想

フジテレビ系『信長協奏曲』公式
第1話/初回30分拡大『高校生が戦国へ!?スニーカーで生き延びろ!!戦国で見つける青春、友情、ときどき、恋』の感想。
なお、原作:石井あゆみ『信長協奏曲 (小学館)』は未読。


告白がうまくいきそうにないと感じて逃げ出したサブロー(小栗旬)は、勉強が苦手で‘逃げ癖’のある高校生。そんなサブローが修学旅行でやって来た時代村で高い塀から足を滑らせて戦国時代へとタイムスリップし、自分とうり二つの信長(小栗=2役)と出会う。信長から身代わりを頼まれたサブローは、訳が分からないまま家臣の恒興(向井理)らに迎えられ、信長の弟・信行(柳楽優弥)との跡目争いに巻き込まれていく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

★3つから1つ格上げして、★4つに!

かなり視聴者の好みが分かれる作風なのは、週末に放送された2本の新作ドラマと同じだと思う。しかし、本作に関しては私としては、『2014年10月期 / 秋ドラマの期待度』の★3つから1つ格上げして、★4つにしたいと思う。その位に、面白かった。今回はその理由を書こうと思う。

タイムスリップしたまで、ピッタリ10分が素晴らしい!

本作も事前情報を極力排除して第1話に挑んだ訳だが、流石に主人公がタイムスリップして高校生と信長の二役をやるのは知っていた。だから、そこまでをどう描くかが最初のポイントだった訳だ。

そして、まずタイムスリップは映画『転校生』よろしく転がり落ちてと言う安心度の高いパターンで、ごちゃごちゃさせずに好感を持てた。そして、サブロー(小栗旬)本人がタイムスリップに気付くまでが、20:59からのカウントダウン番組から数えてピッタリ10分。これ“ツカミ”としては最高のタイミングだ。

主人公が歴史に詳しくないのが良い!

ドラマ『信長のシェフ』では主人公は人並みの日本史の知識を持っていた。しかし、本作のサブローは歴史が苦手な高校生だ。これは私のように日本史に詳しくない人間にとって、とてもありがたい。なぜなら、サブローと気持ちを共有し易くなるからだ。

更に歴史上の登場人物たちの肩書や氏名のテロップが次々と出ないのも、あくまで時代劇と言う形を借りた現代劇と言う仕切り線が引かれているようで、サブローの設定とマッチした演出だと思う。

家臣の恒興(向井理)の“説明係”が良い!

サブローが歴史に詳しくない分の、所謂“ストーリーテラー”的な役割が家臣の恒興(向井理)だ。向井さんファンには申し訳ないが、あの淡々とした抑揚のない語り口が本作の語り役としてハマっていると思う。主役を務める向井さんも悪くないが、この度の側近役は意外に彼の代表作になるかもしれない。

戦国時代と、「もはや戦前」と言われる今を重ねるか?

エンディング頃のサブローが現代的な正義感や平和観を戦国時代の武士たちに願うくだり、多少唐突で違和感が無きにしも非ずだったが、考えようによっては最近の世界は「もはや新たな世界大戦の戦前かも?」と言われる今と重ねようとしているようにも感じる。

そこまで、テーマを最上段に構えて描かなくても良いと思うが、もしもそこを狙っているのなら、上手く魅せて欲しいと思う。

あとがき

「DUMMY(替え玉人形の意)」と胸に書かれたパーカーを着た高校生を演じた小栗旬さん。最初は、「31歳の小栗さんが高校生役?」かと思ったが、観ている内にこの役は小栗さんしか演じられないと思いました。時に怖い程の情熱的で、時に子供のような無邪気な表情は、小栗さんでしか表現できないと思います。

第1話を観て思ったことは、とにかく『フジテレビ開局55周年記念プロジェクト』と銘打ったのですから、数字だけを狙わずに丁寧に仕上げて欲しいです。その結果としての劇場版しか認めたくないです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
信長協奏曲 コミック 1-10巻セット (ゲッサン少年サンデーコミックス)
信長協奏曲 11 ドラマCD付き特別版 ([特装版コミック])


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6161/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/407085486.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長協奏曲(コンツェルト)第1話★明智光秀!!

信長協奏曲(コンツェルト)第1話 小生は原作コミックもアニメ版も知らないので、予備知識もゼロ。 向井理が脇役であることからして『信長のシェフ』のキャストを豪華にした感じ。 小栗旬、向井理、山田孝之が顔を揃えて、そこに柴咲コウが名を連ねてるんだから贅沢であります。 −◆− 弟・信行(柳楽優弥)があからさまに信長(小栗旬)を亡き者にしようとしたくだりが面白かった。 ...

信長協奏曲「高校生が戦国へ!?スニーカーで生き延びろ!!戦国で見つける青春、友情、ときどき、恋」

月9史上初の時代劇ゆえか、小栗旬、いったん封印宣言してた高校生役にリトライ?!それにしても、小栗旬に向井理、柴咲コウとは、なんて贅沢。目の保養…原作は、コミックゆえか、本当の信長が、病弱でヘタレゆえ、代役を頼むって設定が斬新。どこまでも、カジュアルで、パーカーにスニーカー姿が可笑しかったのでした。荒唐無稽を楽しむ、時代劇、という意味では前クールの「信長のシェフ」(好きでした)を思い出してしま...

信長協奏曲 #01

『高校生が戦国へ!?スニーカーで生き延びろ!!戦国で見つける青春、友情、ときどき、恋』

信長協奏曲 第1話

修学旅行で「時代村」にやって来たサブロー(小栗旬)は、同級生の女の子に告白しますが、振られそうになると返事を聞かずにその場を逃げ出してしまいます。 仲間たちにも、その逃げ癖を責められて、嫌になったサブローは時代村の塀を乗り越えようとして足を滑らせてしまい、気がつくとそこは・・・ アトラクションに迷い込んだと思ったサブローは、目の前に現れた自分そっくりな侍を見て驚きます。 そ...

「信長協奏曲」第1話 感想

 最後まで観たけど感想どうしようかと思ったよ。(笑)  キャストは豪華だし、戦いのシーンなんかも大がかりだし。  だけどテキトーに主人公サブローが抜けてて、史実を踏まえつつコメディ感を出し、テイストがフジっぽいなぁと思いました。  柳楽優弥がかなりインパクトありました。  時代物扮装なのでパッと見誰か分かんなかった。  あの目がいいよね。{%キラキラwebry%}  切れ長の目力...

新ドラマ「信長協奏曲」第1話

信長と交代… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410140001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】信長協奏曲(1) [ 石井あゆみ ]価格:493円(税込、送料込)

信長協奏曲 第1話:高校生が戦国へ

展開早っ!(゚ロ゚ ;ノ)ノヒィィィィィ 高校生が戦国時代にタイムスリップする物語・・・程度の認識しか無かったので 少し学生生活を描いてからかと思いきや、修学旅行先でいきなりタイムスリップ! んで、その状況が認識できるまでは、時代村のアトラクションかと勘違いって 設定...

信長協奏曲 第1話

「高校生が戦国へ!?スニーカーで生き延びろ!!戦国で見つける青春、友情、ときどき、恋」 内容 修学旅行で時代村に来ていたサブロー(小栗旬)は、 思い切って、意中の亜里沙に告白。。。。だが。。。。 良い返事では無いと思い電話に出るフリをして逃げ出してしま...

ドラマ「信長協奏曲」第1話あらすじ感想「高...

月9で時代劇---------!!新しい試みですね。キャストが豪華だし、1話を見た感じではチープにも感じなかったので、そこそこ期待は出来そうかなぁと。ま、確かに高校生で小栗くん!?...

【信長協奏曲】第1話感想と視聴率「高校生が戦国へ」

副題「高校生が戦国へ」 新聞ラテ「高校生が戦国へ?!スニーカーで生き延びろ!!戦

【 信長協奏曲 】第1話「高校生が戦国へ」 感想

俺なりに考えたんだよ。 戦するぐらいだったら土地 あげちゃった方がいいんじゃないかって。 尾張から戦が なくなった方が全然 いいでしょ? そうなったらスゴイと思わない? そもそも戦がなけりゃ死ぬ人も いなくなるわけ。 それが 一番いいでしょ? 信長協奏曲(コンツェルト) 第1話「高校生が戦国へ」         簡単感想で。 『信長協奏曲』は...

信長協奏曲第1話(10.13)

原作は『ゲッサン』で連載中の漫画だそうですが、原作未読 ただし、前クールで放映されたアニメを数話だけ観てました。 戦国時代にタイムスリップした高校生サブロー@小栗旬が 織田信長として生きていく話 アニメ版を数話だけ観たと書きましたが、 戦国時代にタイムスリップしてもサブローが飄々と生きていき、 そんなサブローに濃姫(帰蝶)や家臣たちが心服していくという展開が 物足りなく感じちゃって、数話でリ...

信長協奏曲 第1話

「ツライわ、戦国。 俺 甘かったみたい。 何とかなるだろ。で生きてられたのって  現代だったからなんだなぁ・・・」 現代の高校生サブローが、戦国時代(1549年)にタイムスリップ! なんと織田信長と瓜二つだったことから病弱な彼に頼まれ 「織田信長」として生きることに。 毎度小栗くんにはひきつけられちゃう私。 信長のことは知ってるつもりだったけど やっぱ切り口違うと違って...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR