●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

聖女 (第7話 最終回10/7) 感想

NHK総合ドラマ10『聖女』公式
第7話/最終回『この愛の果て』ラテ欄『二人は永遠に!』の感想。


晴樹(永山絢斗)からもう会わないと拒絶された基子(広末涼子)は、晴樹を譲ってほしいと泉美(蓮佛美沙子)に迫る。夫を亡くした文江(中田喜子)は裁判で基子の罪状を証言すると息巻くが、それだけでは基子を死刑にできないと聞き落胆。基子は晴樹の兄・克樹(青柳翔)にそそのかされ、晴樹との過去の関係を週刊誌に暴露する。結婚式を延期にせざるを得なくなった晴樹と泉美は、婚姻届を出そうと区役所に行くが、基子が現れて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ドラマらしいドラマチックなラストとは認めるが…

女性差別をする訳ではないのだが、私は女性脚本家の多くは、男性より女性の登場人物に過酷で悲惨な運命を背負わせバサッと切り捨てる傾向があると思っている。ただ、最近は男女平等が叫ばれ、そう言う展開のドラマが少なくなり、事実、不倫推奨ドラマのようなものまで生まれているのが現状。

そして、本作の最終回だが、タイトルからして『聖女』とし、女性の悪女と聖女の二面性描いてきた訳だから、まさか久し振りに?と思ったら、ピタリ賞。如何にも非現実的でドラマチックでドラマらしいエンディングなのは認めるが、私は、これを本作のエンディングとしては相応しくなかったいと思う。

秋の婚礼シーズンだからハッピーエンディングか?

まあ、文江(中田喜子)が異常な程に最終回まで存在感を残していたのも違和感があったし、晴樹(永山絢斗)と泉美(蓮佛美沙子)の入籍がバタバタと決まったのもそう。そう思ったらあのラスト。

そりゃ、私が広末さんのファンだから「なんで?」と思うのを差し引いても、基子(広末涼子)が救われなさ過ぎる。そして、裁判を扱ったドラマなのに事件の真相もモヤモヤしたまま、結局秋の婚礼シーズンに合わせてハッピーウエディング風なエンディング?もスッキリせず。途中まで面白かったが、最後で残念。そんな作品だった。

あとがき

まあ、聖女、教会、キリスト教、絵画「聖女プラクセデス」などのキーワードの連鎖で、「死」を神聖なものとし、基子は汚れの無い世界に行ったと言う捉え方もできますが…

あくまで私の個人的な好みとして、晴樹には、基子と一緒に海に沈もうが助け出そうが、基子を見捨てないで欲しかった、ただそれだけです。これでまた暫くNHKの夜のドラマは観なくなるような気がします…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ラストシーン(初回生産限定盤)(DVD付)
ビーチボーイズDVD BOX
朗読CD『鉄道員(ぽっぽや)』(原作:浅田次郎、朗読:広末涼子)
自分でできる 美女式★マッサージ (日経BPムック 日経ヘルス別冊)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6136/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/406741232.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマ10「聖女」第7回(最終回)★広末「晴樹くんを私にくれないかな?」

ドラマ10「聖女」第7回 最終回〜この愛の果て〜 泉美(蓮佛美沙子)がウエディングドレスを選んでいると、試着室に肘井基子(広末涼子)が出現し「私ね晴樹くんの事が好きなの。本気よ。本気で愛してるの。私には彼しかいないの。だからお願い。晴樹くんを私にくれないかな?」 基子(広末涼子)、キモイ!! 怖い!! さらに「それによく言うじゃない。男性って初恋の女を忘れないって。きっ...

もしもあの日あなたに逢わなければ私は世界を支配したかもしれません(広末涼子)

過激な男尊女卑の社会では・・・女は男に服従し、媚びねば生きていけない。 それでも世界は男と女が共に生きるように作られている。 男と女がお互いを敬い、世界を分かち合う日がいつかやってくるだろうか。 女が男を奪いあう時、女の敵は女である。 悪女として生きた女が・・・善男善女の幸福を願った時・・・聖女とし

「聖女」最終回 感想

 「エンパイアスタイルか。」と試着室に現れる基子。  「晴樹君をあたしにくれないかな?」    「看護師のくせに痛みを知らなさ過ぎるのよ。」  晴樹と母親が入って来る。

ドラマ10 「聖女」 最終話 この愛の果て

 俺のとは違うなぁ〜!(@倉石義男『臨場』) 基子にはもっとしぶとく生き残って欲しかったョ。 盲目を利用して、大金持ちの爺さん狙うぐらいしたたかになって欲しかったわ〜。 ...

聖女最終話(10.7)

一審で無罪判決を勝ち取った肘井基子@広末涼子だったが、 疑惑を深めた中村晴樹@永山絢斗の心は基子から完全に離れる その後も執拗に晴樹に迫る基子だったが、 被害者の妻千倉文江@中田喜子の襲撃に遭い失明、 最後は晴樹の制止を振り切り、海中に身を投じたと。 無罪判決が出てから、基子の本心が明かされるようになりましたね。 それまでは基子が晴樹のことを本当はどう思ってるのかよくわからなかった。 晴樹...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR