アオイホノオ (最終回・9/26) 感想

テレビ東京系『アオイホノオ』公式
最終回『青春とは何だ!?』ラテ欄『青春とは何だ?漫画に恋に大逆転!?衝撃結末』の感想。
なお、島本和彦氏の原作小説『アオイホノオ』は未読。


焔モユル(柳楽優弥)は、庵野ヒデアキ(安田顕)らが作ったアニメを見て、想像以上の出来に打ちのめされてしまう。しかし庵野が東京に来るよう誘われていたことを聞いた焔は、自分もそうなるべく奮起。漫画を完成させ、上京を妄想しながら連絡を待っていた。そしてついにMADホーリィ(佐藤二朗)から電話がかかって来るのだが…。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

80年代のクリエーターで飯を食いたい若者像がリアル描かれた3か月だった!

第1話の感想記事以来、気が付いたら最終回。いやあ、80年代のプロのクリエーターを目指す無名な若者たちの、暑苦しくてモヤモヤしていて空回りばかりの毎日なのに、裏付けのない自信だけで前に進むんで行けた、あの頃をよーく描いたと思う。

夢を叶えても本質は何も変わらないモユルが清々しい!

特に、最終回の最後で、漫画入稿の締切に追われるモユル(柳楽優弥)が、「あえて寝る!」と言うのが良いじゃないか。学生時代から、土壇場になると発病する彼の“逃げ癖”は全く変わっていない。しかし、プロの漫画家と言う夢を叶えたモユルは、プロとして作品を世に出せると言う大きな変化を手に入れた。

そこを、ちょっと夢オチ風の魅せ方で、プロ意識をしっかり見せたエンディングは、同じ時代を生きた私としては、明るく清々しいハッピーエンドで良かったと思う。

あとがき

最後まで作風にブレが無かったのも素晴らしかったです。そして、あの頃の暑苦しい程の情熱がきちんと描かれたのも良かったです。クセのあるドラマでしたが、楽しい3か月でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
アオイホノオ Blu-ray BOX(5枚組)
アオイホノオ DVD BOX(5枚組)
ドラマ24「アオイホノオ」オリジナルサウンドトラック
アオイホノオ オレだけのあだち充編 (My First Big SPECIAL)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6103/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/406153065.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昼顔&アオイホノオ最終回感想

■昼顔最終回 いいえ、ひとつだけ変わりました。ひとりで靴の紐を結べるようになったのです・・って、今までどうスニーカー履いてたんだよ(苦笑) 上戸彩と斎藤工、くっつきませんでしたね・・。別荘にいるふたりをひき剥がしにきた伊藤歩や鈴木浩介達が共闘してやってきたシーンが衝撃的でした。 斎藤を殴る鈴木、泣きじゃくる上戸の手をはたく伊藤。無理やり引っ張られて上戸痛そう。息子に謝れ!と斎藤をビンタ...

アオイホノオ 最終回「青春とは何だ!?」

モユルを演じる、柳楽優弥のオーバーアクトが笑えました。基本的にギャグで、素朴に笑えたのですが、秀逸な青春ドラマでしたね。女の子達の微妙な言い回しやリアクションの癖が楽しかったです。エンディングが、毎回、贅沢で楽しかったのでした。    (ストーリー) モユル(柳楽優弥)は庵野(安田顕)らが作ったアニメーションを見て、想像以上の出来に打ちのめされてしまう。しかし、庵野が東京に来るよう誘われてい...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR