ペテロの葬列 (第11話 最終回・9/15) 感想

TBSテレビ系『ペテロの葬列』公式
第11話 最終回『最後に罪を犯すのは誰?衝撃の秘密』の感想。
なお、宮部みゆき氏の原作小説『ペテロの葬列』は未読。


間野(長谷川京子)が人質となったバスジャック事件は、坂本(細田善彦)が逮捕されて終結。だがそれをきっかけに、前回の事件の人質が犯人から慰謝料を受け取っていたことがばれてしまう。再度警察の事情聴取を受けた杉村(小泉孝太郎)たちは非難を浴びる。一方、嘉親(平幹二朗)が体調を崩したことで、菜穂子(国仲涼子)の心境にはある変化が訪れていた。そんな中、杉村は井手(千葉哲也)から、森(柴俊夫)の自宅に呼び出される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

もう少し目まぐるしさや散漫さが無ければ…

最終回と言うよりも、登場人物たちのエピローグやカーテンコールのようにも感じた。と言っても、これだけ次から次へと事件や出来事を増やした結果、あっさり感には程遠く、当然に最終回だけ観た視聴者にはほぼ理解不能だろうし、登場人物たちの尻拭いとしては目まぐるしさや散漫さもあり、もう少し何とかならなかったかなと思う部分もある。

本作らしい新たな群像劇ドラマにはなっていた…

しかし、全11話を通して見ると、これだけ人物もエピソードも詰め込んだ割に、上手い着地点を選んだなと思う。そして、最も重要な“本作らしさ”だが、大小幾つかの事件が、微妙に連続(連鎖)していていたり、新聞の見出しのように表面的にだけ繋がっているのでなく、関係者の内面でも繋がっていて、一風変わった群像劇になっているのが魅力だった。

ただ、前のめりで楽しく観られる作品かと言うと、視聴者層は分かれる作風だと思う。

あとがき

前編は、間野(長谷川京子)絡みの話は必要かなと思いましたが、最終回を観ると最初のバスジャック事件ってどこまで必要だったのかなと感じてしまいました。最後が菜穂子(国仲涼子)の罪で終わるなら、もう少し全体の関連性(特に最初のバスジャック犯の人間関係)がしっかり描かれたら消化不良な感じが無かったかも。それと、続編あるんですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ペテロの葬列 DVD-BOX
月曜ミステリーシアター ペテロの葬列 オリジナル・サウンドトラック
ペテロの葬列 宮部みゆき
心情呼吸(初回生産限定盤) / 近藤晃央


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6060/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/405488384.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペテロの葬列 最終回「最後に罪を犯すのは誰?衝撃の秘密」

坂本(細田善彦)が起こしたバスジャック事件により、警察に、世間に、これまでのことが明るみになってしまいます。 特に、被害者がお金を受け取ったことに、ネットが反応して炎上。 関係者達は、しばし、肩身の狭い思いをさせられます。 そして、清田弁護士(野間口徹)が、間野京子(長谷川京子)の職場で語った、間野、魔星の女説は、実は、清田の虚言で、夫のストーカー化を相談した結果、ほかなら...

ペテロの葬列 第11話(最終話)

『最後に罪を犯すのは誰? 「最後に罪を犯すのは?衝撃の秘密」 内容 バスジャック事件決着のため、坂本(細田善彦)が事件を起こしてしまう。 杉村(小泉孝太郎)の奔走により、バスジャック事件の全てが判明。 坂本は逮捕されてしまうのだった。 一連の騒動により、 ...

「ペテロの葬列」~最終回 ☆☆☆☆

地味ながら驚きの連続。 唐突なバスジャックに始まった今作でしたが、慰謝料が届いてホウホウと驚いているうち、あれよあれよと編集長の過去が分かり、マルチ商法に繋がり。 エス ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR