聖女 (第2話・8/26) 感想

NHK総合ドラマ10『聖女』公式
第2話『愛を乞う女』ラテ欄『私は殺してない!』の感想。


連続殺人の容疑者・基子(広末涼子)の弁護を、晴樹(永山絢斗)の事務所の前原(岸部一徳)と黒坂(田畑智子)が担当することになった。だが、基子は事件について何も話さず、業を煮やした黒坂が基子への差し入れを晴樹に持って行かせる。基子は10年前に晴樹の前から突然姿を消したことを謝りながら、殺人は絶対にしていないと訴えた。晴樹は、基子が自分の家庭教師だったことを前原に打ち明けて、この事件の担当に加えてもらう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

23分までは、見事なサスペンス仕立て!

晴樹(永山絢斗)が基子(広末涼子)へ差し入れを持って行き、第1話で描いた10年前の過去を晴樹と基子と視聴者が共有し、基子の取り乱したところまでの約23分までのくだりは、実に見事なサスペンス仕立て。

温い民放のドラマならこれだけで1時間に引き伸ばして次週へってやりそうなくらい。この位に濃厚だと登場人物が少なくても十分に楽しめる。

36分までは、三角関係や引きこもり兄も加わって…

その後、ついに晴樹が前原総合法律事務所の同僚たちに10年前の基子との関係を明かし(一部は隠したままだが)て、晴樹が基子の弁護担当になり、再び拘置所で面会するまでの約36分(13分間)も良かった。

基子の事件に晴樹の婚約者・泉美(蓮佛美沙子)や兄・克樹(青柳翔)も絡み始めて、拘置所の内と外の三角関係の匂いや引きこもりの兄の不穏な動きなど、上手い具合にサスペンスへ彩りを加えて魅せたと思う。

最後の12分間も次週への期待感を上手く引き伸ばして…

そして最後の約12分間は、次週への情報提供で、ここまでの勢いにブレーキが掛かったのは少し残念。ただ、泉美との婚約話もくだらない恋バナでなくメイン3人の人間ドラマの一端としてきちんと描かれそうだし、晴樹と基子の関係が再燃するのかも、上手に引き延ばして、ちょっと長めのエピローグとして悪くなかった。

あとがき

広末ファンとしても結構楽しめてます。特に「晴樹」と言う名前。ドラマ『ビーチボーイズ』第9話『この想い、君に届けたい』で前田春子(稲森いずみ)が別れた夫に親権を渡した一人息子の名前が吉永春樹(大高力也)なんですよね。字は違いますが、広末さんが「はるき」と呼ぶ度にニヤッとしてしまいます。

さて、ファンのお楽しみは別にして。全体的にうまく仕立ててあるなって印象です。妙にドロドロした「寄りが戻るか戻らないか」みたいな安っぽさも無いですし、登場人物たちの個性もきちんと差別化されて魅力的なキャラに描かれています。そして何より“女優・広末涼子”の涙と苦笑の絶妙な使い分けの名演技が冴えてます。次週も期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ラストシーン(初回生産限定盤)(DVD付)
鍵のない夢を見る DVDコレクターズBOX
月刊J-novel2014年8月号 『白銀ジャック』撮影秘話
自分でできる 美女式★マッサージ (日経BPムック 日経ヘルス別冊)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5979/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/404410285.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマ10「聖女」第2回★肘井基子(広末涼子)と面会

ドラマ10「聖女」第2回 〜愛を乞う女〜 結婚が決まっている晴樹(永山絢斗)と泉美(蓮佛美沙子)は良い感じでイチャイチャしていて、ほほえましいほどラブラブ。 この時点ではまだ基子(広末涼子)の影響を受けていない二人。 −◆− 基子(広末涼子)への差し入れを拘置所に持って行った晴樹。 晴樹は、まるで初めて会ったように自己紹介。 最初は事務的に会話する基子(広末涼...

たった一人のなつかしい恋人・・・愛した男はあなただけ(広末涼子)

筆おろしの相手が20代の広末涼子で30代の時にそんなこと言われてニヤニヤしない男はいないわけである。 ドラマの内容から「首都圏連続不審死事件」とその被告を連想する人も多いだろうが・・・これはまったくのフィクションなのである。 最初の女と再会したら殺人事件の被告だったという話だ。 発想としては・・・自

「聖女」第2話 感想

 広末涼子、なかなかいいですね。  彼女の役はミステリアスで正体不明。なので感情移入ができない分、晴樹の立場、目線になって観てしまいます。  拘置所のガラス越しでの対話シーンしか描けない訳ですが。  動きのない分単調かと思いきやそんなことは全然なく、緊迫感半端ないです。  接見シーンは2回あるのですが、前原、黒坂、晴樹の3人で彼女に話を聞く2度目のが圧巻でした。  広末の長台詞、迫...

ドラマ10 「聖女」 第2話 愛を乞う女

 晴樹(永山絢斗)に気づいた肘井基子(広末涼子)は前原総合法律事務所に弁護の依頼をしてきた。 うちのような弱小弁護新事務所になんで?と思いつつも、マスコミも注目するこ ...

聖女 第2話

どこまで話すのかとつい焦ったわ~(爆

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR