花子とアン (第125回・8/22) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第21週『ラジオのおばさん誕生』【第125回】の感想。


もも(土屋太鳳)に会うために吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)が上京し、吉太郎(賀来賢人)とかよ(黒木華)も駆けつけて、久しぶりに一家全員が顔を合わせる。だが、食事の間もももはどこかうつろな様子で、花子(吉高由里子)たちは心配を募らせる。兄姉たちに誘われてかよの店にやって来たももに、花子は「一緒に暮らそう」と持ちかけるが、ももは胸の内にためこんでいた気持ちを次第に花子にぶつけ始める…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

このご馳走、全部ももが作ってくれただよ!

甲府から両親が飛んできたのに、もも(土屋太鳳)の旦那の死のことは知らせてなかったのかと突っ込もうかと思ったら、花子(吉高由里子)からこの爆弾発言が飛び出した。「さっ、頂きましょう。このご馳走、全部ももが作ってくれただよ」って、北海道の過酷な生活から逃げ出してきたももに全部料理をさせたのか。

確かに昨日の放送で、英治(鈴木亮平)が「花子さんの家事の負担をなるべく減らして」とガス器具導入を決めたくだりがあったが、家事を減らす以前に花子は家事をしていないのでは?いや、家事が出来ない可能性すらある。

だって、花子の家事姿、今作で何分くらい描かれたろうか?まあ、料理より社会進出と言う女性がいるのは解るが、花子がそう言う人物って描写も無いから、もう苦笑しかない。

一体どう言う家族なんだ!安東家って???

田舎の農家で経済的に厳しい環境なのは解るが、父親が勧めた縁談で北海道に嫁いだ娘の安否を誰も気にせず、困って帰ってきたらみんなで慰めるだけ。くだらない恋バナを描く尺があったら、花子がももに手紙を書く1カットも入れたら良かったのに。花子の息子のためには東京まで来た両親も、ももには完全音信不通って。

花子も「今の私があるのは家族みんなが働いてる中…」と家族への感謝を口にしていたが、これまでそんな素振りは殆ど見たことが無い。むしろ、39歳になって初めて家族への感謝を言葉にして伝えるって、どんな無神経な人だって感じだ。なぜ、脚本家も演出家も安東家や花子の描写は適当に済ませるのか。そして、村岡花子さんへの配慮。一番大切な部分だろうに。

あとがき

昨日の記事で「過剰な語りで処理するよりはずっとマシ!」と書きましたが、今日はももがラジオを聴いていたのと、画家が描いた絵の2カット以外は、全部台詞で処理しちゃいましたね。そりゃ、台詞は(使い勝手が)いいですよ。これまでのブツ切れストーリーの穴を簡単に埋められますから。

でも、こうやってどんどん台詞であることないことを付け加えて、視聴者に脳内補完させるつもりでしょうが、観ているこちらは妙に苛立つんですよね。だって、突然「実はこうでした」って後出しで説明される訳ですから。毎日観てきた私は何なんだって。

ついに売れない絵描きの益田旭(金井勇太)とももが出会いました。この二人の話で今月は終わりでしょう。『赤毛のアン』と花子が出会うのは9月ですね。ホント、スゴイなこの展開…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック
白蓮れんれん (集英社文庫)
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡花子童話集 たんぽぽの目


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5957/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/404137816.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週「花子と呼んでくりょう!」
1 2 3 4 5 6
第2週「エーゴってなんずら?」
7 8 9 10 11 12
第3週「初恋パルピテーション!」
13 14 15 16 17 18
第4週「嵐を呼ぶ編入生」
19 20 21 22 23 24
第5週「波乱の大文学会」
25 26 27 28 29 30
第6週「腹心の友」
31 32 33 34 35 36
第7週「さらば修和女学校」
37 38 39 40 41 42
第8週「想像のツバサ?」
43 44 45 46 中間総括 47 48
第9週「はな、お見合いする」
49 50 51 52 53 54
第10週「乙女よ、大志を抱け!」
55 56 57 58 59 60
第11週「グッバイ!はな先生」
61 62 63 64 65 66
第12週「銀座のカフェーで会いましょう」
67 68 69 70 71 72
第13週「その恋、忘れられますか?」
73 74 75 76 77 78
第14週「ゆれる思い」
79 80 81 82 83 84
第15週「最高のクリスマス」
85 86 87 88 89 90
第16週「あなたがいる限り」
91 92 93 94 95 96
第17週「腹心の友ふたたび」
97 98 99 100 101 102
第18週「涙はいつか笑顔になる」
103 104 105 106 107 108
第19週「春の贈りもの」
109 110 111 112 113 114
第20週「海にかかる虹」
115 116 117 118 119 120
第21週「ラジオのおばさん誕生」
121 122 123 124

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第125回★もも(土屋太鳳)と絵描きの旭(金井勇太)

連続テレビ小説「花子とアン」 第125回(8月22日) もも(土屋太鳳)が北海道から逃げてきたことを聞いた吉太郎(賀来賢人)とかよ(黒木華)が村岡家にやって来ました。 かよ「もも…よく来たじゃん。」 黒木華の柔らかい表情が良いわぁ。 吉太郎「もも。しばらくじゃんな。」 花子「兄やんがすっかり年取っちまったからもも戸惑ってるだよ。」 吉太郎「何だと?はなだって...

連続テレビ小説 花子とアン(125)「ラジオのおばさん誕生」

ももちゃんの苦労は辛いと一言でかたずけられないほどのまさに地獄だった。 花子と比べてしまってみじめになるのもわからなくはない。 でもねももちゃん、花子ねえやだって今の幸せをつかむまで苦しみがあったんだよ。 おねえやにはおねえやの苦労があったんだ。 吉平さんは北海道にももちゃんを嫁がせたことを悔やんだ。 吉平さんあなたのせいじゃない。 ももちゃんの闇に光をともす出会いが、売れない絵...

連続テレビ小説 花子とアン(125)「ラジオのおばさん誕生」

ももちゃんの苦労は辛いと一言でかたずけられないほどのまさに地獄だった。花子と比べてしまってみじめになるのもわからなくはない。でもねももちゃん、花子ねえやだって今の幸せをつかむまで苦しみがあったんだよ。おねえやにはおねえやの苦労があったんだ。吉平さんは北...

花子とアン 第125回

内容 もも(土屋太鳳)が、花子(吉高由里子)の家に身を寄せてくる。 電報をもらった吉平(伊原剛志)ふじ(室井滋)が、慌てて上京。 吉太郎(賀来賢人)かよ(黒木華)もやってきて。。。。 敬称略 今回の爆笑ポイントは、 “この料理、ももが作ってくれた”でしょ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR