ST 赤と白の捜査ファイル (第6話・8/20) 感想

日本テレビ系『ST 赤と白の捜査ファイル』公式
第6話『女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに』の感想。
なお、今野敏氏の原作小説『ST 警視庁科学特捜班』は未読。


女性を監禁した犯人から、「48時間以内に関係者が武藤嘉和の死の真相を明らかにしなければ人質を殺す」と告げる映像が届く。映像を見た赤城(藤原竜也)の推測を基に調べると、人質は大学病院の研修医・あずさ(岩田さゆり)で、同病院の患者だった武藤(濱野貴博)が1年前に多臓器不全で死亡していたことが判明する。その病院は赤城の元勤務先だった。百合根(岡田将生)は、武藤の元担当医・平戸(柏原収史)に接触する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

百合根の存在感が増したことで“らしさ”が増した!

前回までの最大の問題点であった、百合根(岡田将生)のチーム内での存在感の無さが、今回は、常に赤城(藤原竜也)と行動しバディを組む形になり、やっとチームの一員的な部分が表現され、お蔭でチームの一体感が増した。

ただ、真のチームのまとめ役的な部分は、三枝(渡部篤郎)の存在感が強いが、それは渡部さんの存在感も影響しているから、これからも百合根を赤城と共に描けば、チームの変人ぶりが際立って面白くなると思う。

あとがき

これまでで一番安定して観られたと思います。次回は、結城(芦名星)に何か起こりそうですが、この辺でメンバーの離脱話も面白そうです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)<新装版> (講談社文庫)
ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)
太陽(初回生産限定盤)(DVD付) ファンキー加藤
日本テレビ系 水曜ドラマ ST 赤と白の捜査ファイル オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5951/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/404083800.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ST 赤と白の捜査ファイル「女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らか…

今回は、女性監禁事件から、赤城左門(藤原竜也)の過去、というか、対人恐怖症になった経緯が明かされる、の巻。そして、成り行き上、仕方なく、その原因となった病院へ(赤城は、元・医師だったのですね)結局、赤城は、医療ミスの責任をなすりつけられた結果、逆境に陥れられたみたいでしたが「みんなが白い目」というのは誤解で、女性陣の目は、かなりラブラブだったみたいです。赤城の推理力が遺憾なく発揮され、バディ...

ST 赤と白の捜査ファイル #06

『女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才 赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに』

ST赤と白の捜査ファイル FILE06

「女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに」 内容 “武藤嘉和の死に関わった者は、その真相をあきらかにせよ” 1人の女性(岩田さゆり)が、覆面男によりナイフを突きつけられた映像が、 テレビ局や新聞社に届けられた。 48時間以...

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第5話 女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに

 今回は「赤城左門、過去と対決す!の巻」 HPはこちら  女性が監禁されている映像が警視庁に送りつけられた。 犯人の要求は「48時間以内に武藤嘉和の死の真相を明らかにせよ ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR