ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

花子とアン (第122回・8/19) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第21週『ラジオのおばさん誕生』【第122回】の感想。


JOAKの黒沢(木村彰吾)から、子ども向け新番組の語り手としてラジオに出演してほしいと頼まれる花子(吉高由里子)だが、あがり症ということもあり乗り気になれない。その夜、英治(鈴木亮平)はやってみたらいいと背中を押すが、花子は翻訳の仕事が手いっぱいで断るつもりだと言う。翌日、JOAKを訪れた花子と英治は、部長の漆原(岩松了)とアナウンサーの有馬(堀部圭亮)に会い、実際の放送を間近で目撃する…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今週も中園ミホ先生の脚本は、抜群の安定感で絶好調!

昨日は、やり方次第で失敗を成功のもとに出来ると思うと書いた。しかし、どうやら中園ミホ先生は失敗とは思っていないようだ。なにせ、今日の15分間もこれまでの花子のキャラは全くブレないし、話の連続性の無さもご健在だし、花子以外の登場人物を描いて花子の存在感を消す手法もそのまんま。流石、中園ミホセンセーだ。

また、「花子は何の苦労もせずに周りがお膳立て」ってパターンか?

ただ近所の子どもたちに読み聞かせをしていただけなのに、語り部を探すラジオ局の人間を蓮子が連れてきて、トントン拍子に「ラジオのおばさん」になっちゃった。これもいつもの“何の苦労もせず、周りがお膳立て”でヒロインが次のステージへ上がるパターン。苦労知らずのヒロインに魅力ってあるの?

また、「一度断って数分後に快諾」ってパターンか?

まあ、人生一度や二度はあると思う。一度は断ったものの良く考えたらやりたくなること。でも、花子の人生にそれ以外のパターンってあったろうか。唯一の例外は出版社に就職する面接の途中で気が変わって断ったくらい。あとは全部このパターン。ヒロインが新たなことをやる時がパターン化するってことは、作者には“想像の翼”が無いのか?

気が変わって仕事を受けるほど歩はラジオ好きだった!?

確か昨日は歩の死を以って今後は翻訳や創作活動に身を入れていくって宣言があったように記憶しているが、今日は歩がラジオが好きだったからと仕事を決めちゃった。それも、歩が生前たった1シーンだけ鉱石ラジオを手にしてアナウンサーの真似したエピソードの繰り返し再生しかこちらは見ていないのに、英治の「あの子はラジオが大好きだったからな」の台詞で一括過去修正。おっと忘れないうちに脳内補完しなくっちゃ!

どうせ、「厳しい特訓は最初だけ」ってパターンだろ?

女学校時代も厳しい規律を守れなかった花子が、中年になってアナウンスの基礎訓練したって無理だと思うが。まあ、蓮子が姑に厳しくされたのも最初だけで今やほぼ自由人ってパターンを踏襲するだろうから、今回の特訓も今日だけだろう。
明日は雪乃と蓮子でお茶を濁して、明後日はいつもの時間経過で「ラジオのおばさん」デビュー後だろう。肝心な所は描かないのも不動の作風だ。

あとがき

また、謎の女・雪乃(壇蜜)が登場して吉原炎上的なお話の別作品が始まるみたいですね。
史実に基づけば、来週はもも(土屋太鳳)の結婚と出産で終わるでしょうから、これで8月中の花子と『赤毛のアン』の出会いは壊滅的になったと思います。5か月何やってんの?って感想しか思いつきませんよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック
白蓮れんれん (集英社文庫)
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡花子童話集 たんぽぽの目


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5943/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/403982989.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週「花子と呼んでくりょう!」
1 2 3 4 5 6
第2週「エーゴってなんずら?」
7 8 9 10 11 12
第3週「初恋パルピテーション!」
13 14 15 16 17 18
第4週「嵐を呼ぶ編入生」
19 20 21 22 23 24
第5週「波乱の大文学会」
25 26 27 28 29 30
第6週「腹心の友」
31 32 33 34 35 36
第7週「さらば修和女学校」
37 38 39 40 41 42
第8週「想像のツバサ?」
43 44 45 46 中間総括 47 48
第9週「はな、お見合いする」
49 50 51 52 53 54
第10週「乙女よ、大志を抱け!」
55 56 57 58 59 60
第11週「グッバイ!はな先生」
61 62 63 64 65 66
第12週「銀座のカフェーで会いましょう」
67 68 69 70 71 72
第13週「その恋、忘れられますか?」
73 74 75 76 77 78
第14週「ゆれる思い」
79 80 81 82 83 84
第15週「最高のクリスマス」
85 86 87 88 89 90
第16週「あなたがいる限り」
91 92 93 94 95 96
第17週「腹心の友ふたたび」
97 98 99 100 101 102
第18週「涙はいつか笑顔になる」
103 104 105 106 107 108
第19週「春の贈りもの」
109 110 111 112 113 114
第20週「海にかかる虹」
115 116 117 118 119 120
第21週「ラジオのおばさん誕生」
121

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

「花子とアン」第122回★雪乃(壇蜜)登場

連続テレビ小説「花子とアン」 第122回(8月19日) 昨日の続き・・・。 「今度『コドモの新聞』という番組が始まるのです。子どもたちにニュースを分かりやすく伝える番組なんですが語り手がアナウンサーだけでは堅苦しい。そこで誰かいないかと探していたんですよ。」とJOAKの黒沢(木村彰吾)。 池上彰さんがやってた『週刊こどもニュース』みたいな番組を想定してるのかな・・・。 ...

【花子とアン】第122回(8/19火)「檀蜜さんのモデルは森光子(春駒)さん」

遂に、檀蜜さんが登場♪ 檀蜜さんの役は、吉原の娼妓・雪乃で、モデルは、吉原遊廓の

花子とアン 第122回

内容 蓮子(仲間由紀恵)から紹介されたラジオ局の黒沢(木村彰吾) 花子(吉高由里子)にラジオの仕事をやってみないかと言うことだった。 だが、すぐに、あがってしまうと。。。あまり乗り気ではなかったが、 英治(鈴木亮平)に勧められて。。。。 敬称略 いやぁあ...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第122回 感想

JOAKの黒沢(木村彰吾)から、子ども向け新番組の語り手としてラジオに出演して ほしいと頼まれる花子(吉高由里子)だが、あがり症ということもあり乗り気になれない。 その夜、英治(鈴木亮平)はやってみたらいいと背中を押すが、花子は翻訳の 仕事が手いっぱいで断るつもりだと言う。 翌日、JOAKを訪れた花子と英治は、部長の漆原(岩松了)とアナウンサーの有馬 (堀部圭亮)に会い、実際の...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: