信長のシェフ[2] (第6話・8/14) 感想

テレビ朝日系『信長のシェフ』公式
第6話『徳川家康を平成グルメで救え!江戸に幕府を開いてください!!』の感想。
なお、原作:西村ミツル氏、作画:梶川卓郎氏による原作漫画は未読。また、テレビドラマ第1シリーズ(2013)は鑑賞済み。


武田軍から家康(カンニング竹山)を助けろと信長(及川光博)に命じられたケン(玉森裕太)は、夏(志田未来)や援軍と共に、家康が籠城戦の準備をする浜松城へ。一方、信玄(高嶋政伸)に二俣城を明け渡した中根(神保悟志)の報告を受けた家康は意気消沈。中根は切腹して家康にわびようとするが、それを止めたケンは中根のため昆布とタイを使った‘めでたい料理’を作る。人質生活が長かった家康はその意図をくみ、中根の生還を喜ぶ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

歴史嫌いなのに時代劇ドラマ好きの私の感想!

歴史ドキュメンタリー番組好きと時代劇ドラマ好きって、似ているようで違うと思う。なぜなら私が歴史に全く興味も知識も無いが、時代劇ドラマは大好きだから。その立場でこの第6話を観ると、歴史好きには史実に本作らしい“いじり”が施されて、カンニング竹山さん演じるちょっとお茶目な家康も相まって、面白い回だったと思えるのは想像できる。

歴史嫌いの時代劇好きの偏屈人間にはちょっと…

しかし、時代劇好きには展開が速過ぎて、記憶に残ったのは、竹山さんの演技が『花子とアン』の“徳丸甚之介”と同じことと、コンソメスープのくだりくらい。それでも時代劇的な描写が丁寧なのも解るし、料理も美味しそう。ただ、一つ気になるのは…

ケンが大物になり過ぎやしないか!?

ケン(玉森裕太)がどんどん大物になり過ぎやしないかってこと。歴史上の大物たちから次々と料理での解決を依頼され、これまた次々と見事に料理で難題を解いていく。戦国時代を生き抜くうちに次第にケンも逞しく成長したと思えなくもないが…

玉森さんのキャラを活かして、ケンの苦悩も魅せて欲しい!

いくら成長したとは言え、“俳優・玉森裕太”が醸し出す独特の優しさや弱さの中の芯の強さみたいなものが抑え込まれて、信長(及川光博)や夏(志田未来)にとっても頼りになる“いい男”に描かれては、折角の玉森さんが演じるケンの良さが見えなくなる。もう少し問題解決能力を下げて、葛藤し苦悩の結果に素晴らしい料理で解決…とはできないものだろうか?

あとがき

もう少しゆったりと魅せて欲しいなって感じです。戦国時代だからあちこちで戦があってそれを描くのは解るんですが。次週の放送はお休みだそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
信長のシェフ コミック 1-8巻セット (芳文社コミックス)
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「信長のシェフ[2]」Music Collection (初回生産限定)
信長のシェフ[2] Blu-ray BOX
信長のシェフ[2] DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5927/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/403757009.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
[1]最終回 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長のシェフ(2)第6話

『家康 最大の危機!平成のスープで救え』 「徳川家康を平成グルメで救え!江戸に幕府を開いてください!!」 内容 元亀三年、信玄(高嶋政伸)は、遠江の家康(カンニング竹山)を攻めた。 信長(及川光博)の命令を受けたケン(玉森裕太)は、 夏(志田未来)ととも...

信長のシェフ2 第6話

ケン(玉森裕太)は信玄(高嶋政伸)から解放されて、信長(及川光博)の元に戻りました。 でもすぐに、武田軍の攻撃を受ける徳川家康(カンニング竹山)を救うために、浜松城へ向かうように命じられます。 今度も夏(志田未来)が後を追って来て、手を繋いで浜松城に向かうケンと夏に護衛で付いていた楓(芦名星)がヤキモチを焼いていましたw 浜松城で家康が時間稼ぎをしている間に、信長は足利義昭...

信長のシェフ第6話(8.14)

武田信玄@高嶋政伸に攻められた徳川家康@カンニング竹山を救えと 織田信長@及川光博に命じられるケン@玉森裕太。 信玄の罠にはまり、家康は三方ヶ原の戦いに敗北、 ケンは追いつめられた家康を救い、料理で傷心の家康を慰めたと 前回前々回の甲斐編、武田の親子愛にスポットが当たり、 いまいちケンが活躍してなかった印象だったのですが、 今回はケンの料理で危機を切り抜けるという本来の描き方でしたな。 空...

信長のシェフ Season2「徳川家康を平成グルメで救え!江戸に幕府を開いてください!!」

武田信玄(高嶋政伸)のもとから戻ったというのに、信長(及川光博)に、またすぐ、徳川家康(カンニング竹山)のいる浜松城に行かされたケン(玉森裕太)健気にもついてきた、夏(志田未来)は、頼もしい助っ人です。料理で、家康を励ましたり、(コンソメスープの例、などから)武田軍に、素通りされて、プライドを傷つけられたり、三方ヶ原で信玄に大敗して、落ち込む、家康を、これまた、懐かしい味や、含蓄ある料理で、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR