ゼロの真実~監察医・松本真央~ (第4話・8/7) 感想

テレビ朝日系『ゼロの真実~監察医・松本真央~』公式
第4話『女監察医の宣戦布告…!!ミイラ遺体の驚くべき正体』の感想。


真央(武井咲)らが、山中で見つかったミイラ化した遺体を調べると、胸椎と肋骨の2カ所に刺されたような痕が見つかり、殺人の被害者の可能性が浮上。翌朝、警察歯科ネット上で遺体の歯型を見て、歯科医の菅井が監察医務院を訪ねてくる。菅井によると、8年前に失踪した妻の歯の治療痕と一致するという。遺体引き渡し後、採取した組織片を調べ直していた真央は、気管の付着物に注目する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

これまでで最も主人公の存在感があった回かも???

つくり手の主人公を映さないような努力?の甲斐あって、主人公の演者の好き嫌いを抜きにした物語自体を楽しめる映像になっていたのは、いろんな方面で問題はありそうだが、わたし個人としては大歓迎の方向。

異常な程に「8年前」を連呼した甲斐もあり、謎解きの興味も増えたし、何より良かったのは真央(武井咲)が喋ったこと。映像(視覚)的に出番は増えないが、存在感として声の出番が増えたことで、かなり主人公としての存在感を示せたと思う。

ただ、全体的に主人公に手柄を取らせるために、強引な展開になっているのは第1話から変わらないし、相変わらず脇役たちの存在感が半端無いのも変わらない。もっと素直にヒロインの才能を前面に押し出して、露出は抑え気味に映像は作れないのか?と思う・・・

あとがき

一緒に観ていた今回初見の妻が「誰が主役なの?」と言ってました。言えて妙だと思います。「生きている人間は嘘をつく」みたいな決め台詞は主人公が言わないと…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
パズル(初回限定盤) 湘南乃風
パズル(通常盤) 湘南乃風
刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門 捜査現場編 (じっぴコンパクト新書)
法医学者、死者と語る~解剖室で聴く 異状死体、最期の声~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5898/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/403356770.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼロの真実~監察医・松本真央~「女監察医の宣戦布告…!!ミイラ遺体の驚くべき正体」

冒頭から、ミイラ遺体、と、それ自体、ショッキングだったけれど、真相を探るうち、プロも脱帽する、美しき夫婦愛?と思いきや、ヒロイン、真央(武井咲)の、あくなき真実への探究心から、大どんでん返しっ! w( ̄o ̄)wまた、8年前といえば… 物語序盤から引っ張る、真央は、日本へ帰国して、かなりドラマチックだったようです。そして、なにげに、 真矢みきと、佐々木蔵之介が、この頃からムフフな関係だったみた...

ゼロの真実〜監察医・松本真央〜 第4話

「女監察医の宣戦布告…!!ミイラ遺体の驚くべき正体」 内容 奥多摩の山中で、ミイラ化した女性に遺体が発見される。 中山(尾美としのり)を指導係として、真央(武井咲)も現場へと向かう。 現場の屋敷(佐々木蔵之介)によると、遺留品は服と靴しかなく、身元不明。...

【 ゼロの真実~監察医・松本真央~ 】第4話 感想

先生方はこんなに一生懸命仕事なさってるのになんで騙されなければ ならないんでしょうか? 今回の事、たまりませんね。 生きてる人間は嘘をつく。 それが生きてる証拠みたいなもんよ。 ゼロの真実~監察医・松本真央~ 第4話      本日は西東京分院からの応援要請で山奥の廃墟に検案に出掛ける真央と指導医・中山。 そして、保坂さん。 車の中でチョコレ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR