●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第108回・8/2) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第18週『涙はいつか笑顔になる』【第108回】の感想。


吉平(伊原剛志)、朝市(窪田正孝)、武(矢本悠馬)が甲府から運んできた救援物資で、花子(吉高由里子)たちはほうとうをつくり、近所の人たちを元気づけようとしていた。そこへ醍醐(高梨臨)も現れ、活動に参加する。しかしかよ(黒木華)は、ショックから立ち直れないまま。花子は、親の消息が分からず預かっている子どもたちにお話の語り聞かせをつづけ、それをぼんやり聞いていたかよ(黒木華)に、朝市が声をかける…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

炊き出しのシーンの不自然さが半端無い!

吉平(伊原剛志)たちが娘に会いたさ一心での上京したのでなく、ちゃんと甲府から炊き出しの物資を持ってきたにホッとしたら、なんと、ほうとう鍋にグラスにワイン、無料で野菜の配給って、これで震災から数日後の炊き出しのつもりかい?

それに、花子(吉高由里子)が炊き出しの準備をしたようには見えないし、フリーマーケットのノリで「いらっしゃいませ」て言わないかヒヤヒヤしたほど。と思ったら、大きなリボンときれいな洋服を着た醍醐(高梨臨)も登場。おいおいと突っ込んでたら、女の子リボンの押し付け。あらあらと思ったら…

かよが一晩中大忙しだった遊女みたいになってる!

悲しみのどん底状態のかよ(黒木華)には悪いが、窓辺のタンスに寄りかかり直射日光を浴びて脱力してるカットばかり繰り返し見せられると、悲しみの理由すら薄まって来て、まるで一晩中大忙しだった遊女みたい。
そんなかよをフォローしている風な、未だ花子を卒業できない朝市(窪田正孝)登場。何を話すかと思いきや…

花だってふんとは泣きたい気持ちだって???

朝市の第一声は、「花だってふんとは泣きたい気持ちだろうに…」と花子をフォローするとは驚いた。どのくらいの視聴者が朝市に共感するのだろう。

いつ作ったのか解らぬ『ナミダくんの話』がただただブツ切れに繰り返してるだけで、かよにちょっと強く言われたら小さくなってるだけで、どうして泣きたい気持ちと解るのか、きちんと映像で魅せて欲しい。

蓮子ご一家は家族旅行気分で炊き出しへ参上か!?

これはないわ。作者は、蓮さまの炊き出し所の慰問か、幽閉が解かれたお礼行脚か、新生夫婦の誕生のお披露目旅行のつもりで書いたのかは知らないが、完全に不要なくだり。無くても良いなんてレベルで無く、インサートしたらダメってレベル。震災が起きて大変な時に、時間軸を戻して何しようって言うんだ。

結局、震災さえも下手な恋バナの舞台にするのか!

結局、関東大震災までも恋バナの舞台にしたことになる。これまで本作では、英治と花子、蓮子と龍一、かよと郁哉の3つの恋バナが描かれた。しかし、何れも発端、経過、落としどころが中途半端で盛り上がらない。

浮気を見抜いた妻の急死、新聞沙汰の駆け落ち劇、明るい男の震災での無残(無念)な死と、まああれこれおまけは付けたものの、目立つのはおまけだけ。

更に、震災で花子の創作意欲を描いたつもりか?

花子の『ナミダくん』も同じ。花子は不幸を創作意欲の源にするくだりの証明に、震災を利用しただけって感じ。なんか魔法のパワーを秘めたような名作童話のように仕立てているが、記憶に残っているのは「ナミダくん」って言葉だけ。もう少し、真面目に脚本や演出は出来ないものか…

あとがき

今日は朝から仕事で帰路の電車中で録画を観て、蓮子ご一家が登場したカットで一時停止してしまいました。いやあ、これは酷いです。テレビの中の被災者たちに対してだけでなく、テレビの外の視聴者を馬鹿にし過ぎです。

とにかく、世間で話題になれば視聴率に跳ね返るから、何でもいいから突っ込んで仕上げちゃえって感じにしか受け取れません。そして、予告編を見る限り、来週は震災から半年か一年くらい経ってるんですかね。出演者全員総出で一気に『王子と乞食』の単行本化を描くようです。

と言うことは、再来週に歩くんが●●(史実ではってことで、敢えて伏字にします)するでしょうから、花子が『赤毛のアン』と出会うのは、早くてお盆明けか、下手したら8月下旬になるかも。えっ?確か放送終了予定って9月27日のはずですけど???

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック
白蓮れんれん (集英社文庫)
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡花子童話集 たんぽぽの目


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5875/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/403086052.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週「花子と呼んでくりょう!」
1 2 3 4 5 6
第2週「エーゴってなんずら?」
7 8 9 10 11 12
第3週「初恋パルピテーション!」
13 14 15 16 17 18
第4週「嵐を呼ぶ編入生」
19 20 21 22 23 24
第5週「波乱の大文学会」
25 26 27 28 29 30
第6週「腹心の友」
31 32 33 34 35 36
第7週「さらば修和女学校」
37 38 39 40 41 42
第8週「想像のツバサ?」
43 44 45 46 中間総括 47 48
第9週「はな、お見合いする」
49 50 51 52 53 54
第10週「乙女よ、大志を抱け!」
55 56 57 58 59 60
第11週「グッバイ!はな先生」
61 62 63 64 65 66
第12週「銀座のカフェーで会いましょう」
67 68 69 70 71 72
第13週「その恋、忘れられますか?」
73 74 75 76 77 78
第14週「ゆれる思い」
79 80 81 82 83 84
第15週「最高のクリスマス」
85 86 87 88 89 90
第16週「あなたがいる限り」
91 92 93 94 95 96
第17週「腹心の友ふたたび」
97 98 99 100 101 102
第18週「涙はいつか笑顔になる」
103 104 105 106 107

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第108回

内容 地震で郁弥が亡くなり、ショックを受けるかよ(黒木華) 花子(吉高由里子)たちは、何かしてやりたくても、何も出来ず。 そんななか、吉平(伊原剛志)らが物資を持ってやってくる。 事情を知った朝市(窪田正孝)は。。。。 敬称略 もう、いつも以上にストレ...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第108回 感想

吉平(伊原剛志)、朝市(窪田正孝)、武(矢本悠馬)が甲府から運んできた救援物資で、 花子(吉高由里子)たちはほうとうをつくり、近所の人たちを元気づけようとしていた。 そこへ醍醐(高梨臨)も現れ、活動に参加する。 しかしかよ(黒木華)は、ショックから立ち直れないまま。 花子は、親の消息が分からず預かっている子どもたちにお話の語り聞かせをつづけ、 それをぼんやり聞いていたかよ(黒木...

「花子とアン」第108回★黒木華、熱演「おらをお嫁さんにしてくれちゃあ。」

連続テレビ小説「花子とアン」 第108回(8月2日) 悲しみの淵のかよ(黒木華)を朝市(窪田正孝)が元気づけます。 「かよちゃん。うちのおかあが いつか言ってただ。おとうが死んじまった時ここがギュ〜ッて締めつけられるみてえで苦しくてたまらなんだって。明けても暮れてもただ寂しくて苦しくて…。腹もすかんし…もう二度と笑えんて思っただとう。ふんだけんど人っちゅうのはやっぱり腹はすくし楽し...

コメント

あきれる
先ほど書いている途中で送ってしまったかもしれません。
もし、そうならすみませんでした。

毎回、郁也の能天気な明るさがすごくイヤでしたが、まさか震災で亡くなるとは。
史実でもそうなら仕方ないですが、なんだか面倒になったから死んだことにしよう的で安易な感じがしました。
大体、郁也がかよを好きで結婚をしたいと思っているのも私には理解できませんでした。可哀想な義姉を思い、花との結婚を反対したくせに、その花の妹との結婚は義姉に対して後ろめたくないのかと思っていました。
それにいつかよはあんなになる位郁也が好きだったかもわからない。
蓮子もかよも要らないから早く翻訳に至る過程を書いて欲しいです。
  • 2014-08-02│23:35 |
  • ムギ URL│
  • [edit]
Re: あきれる
☆ムギさん
コメントありがとうございます。

コメント送信、問題無かったようです。
さて、本題ですが、もう適当過ぎますよね。
先日の記事にも書きましたが、村岡一家の描写が特に適当です。
でも、これから出版社が大きく絡む訳ですから、
何とかして欲しいとは思いますけど、無理でしょうね(困)
  • 2014-08-03│10:12 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR