ペテロの葬列 (第4話・7/28) 感想

TBSテレビ系『ペテロの葬列』公式
第4話『30年前の真実…明かされる悪の歴史…動き出した後継者争い』の感想。
なお、宮部みゆき氏の原作小説『ペテロの葬列』は未読。


杉村(小泉孝太郎)からバスジャック事件の話を聞いた嘉親(平幹二朗)は、暮木(長塚京三)の正体を「トレーナー」と推測する。トレーナーとは、高度成長期に企業でブームとなった自己啓発セミナーの教官。園田(室井滋)がかつて悪質なトレーナーに追い詰められ自殺未遂騒動を起こしたと知り、杉村は驚く。一方、井手(千葉哲也)は今多コンツェルンの後継者について嗅ぎ回る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“先の読めない面白さ”に仕上がった!

前回の感想のあとがきで、第4話のストーリーが「先が読めない面白さ」と捉えられれば継続視聴決定と書いた。そして、始まった今回。

意外にも冒頭10分程で、前回までの犯人からの送金の謎くだりから、園田(室井滋)の長期休暇の謎へ話が展開、そのまま最後まであれよあれよと新事実が提供され、上手い感じの先の読めない面白さで仕上がったと思う。

あとがき

前半の平幹二朗さんの編集長の過去を語る演技は圧巻でした。また、ムロツヨシさんの明るさがドラマが混とんとしそうな雰囲気を上手に壊してリフレッシュしてくれるのも良いと思います。

ただ、新事実は増えても物語は対して進んでないし、複雑になるばかりで…。でも、それが本作でしか味わえない雰囲気なので、次回もそれを楽しみにしようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ペテロの葬列 宮部みゆき
心情呼吸(初回生産限定盤) / 近藤晃央
名もなき毒 DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5856/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/402766218.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペテロの葬列「30年前の真実…明かされる悪の歴史…動き出した後継者争い」

なんと、バスジャックで憤慨し「あなたのような人を見たことある」と、早々にバスを降りてしまい、以後、出社してなかった園田編集長(室井滋)の過去が、会長の今多嘉親(平幹二朗)によって語られ、その経緯が戦慄で、ドキドキしてしまいました。ミステリーの新境地かも。バスジャックに居合わせた人々に送られたお金も謎だし、「付けられてる予感」といい、間野京子(長谷川京子)のミステリアスさ。ますます、目の離せな...

コメント

No title
複雑で先が読めないけれど、ゾクゾクしてあっというまの1時間です。
小泉さんの当たり役ですね。

>本作でしか味わえない雰囲気

これわかります。
たとえ視聴率が悪くても(笑)唯一まともに視ているドラマです。

原作は読んだ記憶があり結末がちょっとアレですが、この雰囲気を最後まで楽しみたいです。
  • 2014-07-29│12:52 |
  • ばなな URL│
  • [edit]
Re: No title
☆ばななさん
コメントありがとうございます。

> 小泉さんの当たり役ですね。

そう思います。

> >本作でしか味わえない雰囲気

個性は重要です。
視聴率はどもかく丁寧に創っていって欲しいです。
  • 2014-07-29│12:59 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR