●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第101回・7/25) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第17週『腹心の友ふたたび』【第101回】の感想。


村岡家に身を寄せていた龍一(中島歩)と伝助(吉田鋼太郎)が鉢合わせ、英治(鈴木亮平)も巻き込んでの大乱闘に。英治はやっとの思いで二人を引き離し、緊迫感をはらんだまま、座卓を囲んで男たちの奇妙な話し合いが始まる…。その頃甲府では、お腹の大きくなった蓮子(仲間由紀恵)が、花子(吉高由里子)と共に安東家へ暖かく迎え入れられていた。ところが立ちくらみをした蓮子を見て、吉平(伊原剛志)がある勘違いを…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“白蓮事件もどき”が茶番劇であっさり終了…

昨日の記事で、妻を甲府に逃がすほど追われているのに、夜遅く簡単に玄関を開ける龍一(中島歩)は何なんだと書いたが、散々煽ってきた“白蓮事件もどき”も正に“もどき”の茶番劇。懐の大きな九州男児の大人から妻を万引きした若造のお話になってあっさり終了。“もどき”にも程がある…

腹心の友の実家を拝借して里帰り出産気分か?

なんか和気藹々の村岡家と安東家共同の助け合い出産ってことで脳内補完しておけばいいのだろうか。英治(鈴木亮平)もかよ(黒木華)の行動も意味不明。まあ、逃亡理由の事件があのレベルで終わったから、腹心の友同士で出産互助としか描けなくなってる訳だが。

最近また、美輪さんの語りが邪魔に感じる…

互いに「こぴっと」を言い合うのも気持ちが悪いし、取って付けたように、花子(吉高由里子)が蓮子(仲間由紀恵)に「家族」を連呼するのも不自然。でも、この美輪さんの語りの不自然さに比べたらどうってことない。、

語り「これほど強い意志を持ち幸福そうな蓮子を
        花子はかつて見たことがありませんでした」
だって、直前に花子自身が「幸せになってね」、蓮子自身も「今度こそ幸せな家庭を作るわ」と言っているのだから、こんな蓮子を見るのは花子だけでなく視聴者もお初なのだ。そんなことを語りで補足する必要があるのか?

あとがき

それにしても、昨日の記事でも書きましたが、“スーパー時間経過”でこの1週間で約3年経過してるんですよ。その間、いろいろありましたよね。甲府に帰った朝市と徳丸武のその後とか、ブラックバーン校長の戦争のくだりとか、花子が務める出版社の現状とか、全く触れられていません。回収するんですかね。

そして、時代設定からすると、劇中ではそろそろ関東大震災が発生しますから、花子と『赤毛のアン』の出会いはまだまだ先のことになりそうです。きっと8月に入ってからでしょうね。もう第101回も放送してるのに…って感じです。明日は甲府に龍一が来ていろいろあるでしょうが、花子の話って何か進むんでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック
白蓮れんれん (集英社文庫)
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡花子童話集 たんぽぽの目


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5846/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/402533417.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週「花子と呼んでくりょう!」
1 2 3 4 5 6
第2週「エーゴってなんずら?」
7 8 9 10 11 12
第3週「初恋パルピテーション!」
13 14 15 16 17 18
第4週「嵐を呼ぶ編入生」
19 20 21 22 23 24
第5週「波乱の大文学会」
25 26 27 28 29 30
第6週「腹心の友」
31 32 33 34 35 36
第7週「さらば修和女学校」
37 38 39 40 41 42
第8週「想像のツバサ?」
43 44 45 46 中間総括 47 48
第9週「はな、お見合いする」
49 50 51 52 53 54
第10週「乙女よ、大志を抱け!」
55 56 57 58 59 60
第11週「グッバイ!はな先生」
61 62 63 64 65 66
第12週「銀座のカフェーで会いましょう」
67 68 69 70 71 72
第13週「その恋、忘れられますか?」
73 74 75 76 77 78
第14週「ゆれる思い」
79 80 81 82 83 84
第15週「最高のクリスマス」
85 86 87 88 89 90
第16週「あなたがいる限り」
91 92 93 94 95 96
第17週「腹心の友ふたたび」
97 98 99 100

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第101回★小切手を切って去って行った嘉納伝助(吉田鋼太郎)

連続テレビ小説「花子とアン」 第101回(7月25日) 机を挟んで嘉納伝助(吉田鋼太郎)と宮本龍一(中島歩)が対峙。 伝助「お前は蓮子が石炭王の女房やきちょっかい出したっちゃやろ?駆け落ちやらしたとも石炭王の俺にほえ面かかせたかっただけやろ?」 伝助は、社会主義者の宮本龍一が思想的な背景を持って資本家である嘉納伝助にちょっかいを出したと思ってる様子。 伝助「ちゃ〜ん...

花子とアン 第101回

内容 記者達に追われる蓮子(仲間由紀恵)を 甲府の実家にかくまうことにした花子(吉高由里子) そのころ、東京の家に、伝助(吉田鋼太郎)が現れ。。。。 敬称略 ほんと、 どれだけ好意的に見ても、考えても。。。 不用心に、玄関に出て行くという意味が分からな...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第101回 感想

村岡家に身を寄せていた龍一(中島歩)と伝助(吉田鋼太郎)が鉢合わせ、 英治(鈴木亮平)も巻き込んでの大乱闘に。 英治はやっとの思いで二人を引き離し、緊迫感をはらんだまま、座卓を囲んで 男たちの奇妙な話し合いが始まる…。 その頃甲府では、お腹の大きくなった蓮子(仲間由紀恵)が、花子(吉高由里子)と 共に安東家へ暖かく迎え入れられていた。 ところが立ちくらみをした蓮子を見て、吉平...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR