ゼロの真実~監察医・松本真央~ (第2話・7/24) 感想

テレビ朝日系『ゼロの真実~監察医・松本真央~』公式
第2話『女監察医解剖代は5000万!!遺体が語る隣人の秘密…』の感想。


真央(武井咲)は、28歳の男性・明の遺体を解剖する。アパートの自 室で死んでいた明のノートには遺書とも読める文章が残されていたが、自 殺の痕跡が見当たらず、解剖に回ってきたのだ。しかし、解剖しても死因の特定はできず、真央は胃の内容物や血液を検査に回す。そして、足を運んだ現場で明の母親・典子と出会う。一方、刑事の屋敷(佐々木蔵之介)らの調べで、典子が明に5千万円の生命保険をかけていたことが分かる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ監察医に捜査させちゃうかなあ?

折角、新しい監察医のドラマを期待したのに、結局いつもの女性刑事が単独行動する普通の刑事ドラマ風に成り下がってしまった、そんな印象の第2話だった。第1話では真央(武井咲)の変人っぷりをかなり強調していたのだから、その延長線上で変人の監察医を描けば良いだけなのに、“事件に興味を持ったら監察医の枠さえ超えて捜査する”と言う変人さでは新鮮味が無い。

それに、わざわざ存在感抜群の敏腕刑事・屋敷(佐々木蔵之介)を配し、その刑事と違うアプローチで事件を解決するとカッコよく宣言する真央の上司・泉澤(生瀬勝久)まで配して、刑事と監察医の差を明確に表現しているのに、なぜ監察医に捜査をさせてしまうのか?第2話で初期設定が崩壊か?

口数の少ない主人公がどんどん埋没していいの?

とにかく本作の主人公は口数が少ない。それ自体が“変人キャラ”の一つなのは解るが、実質的にドラマの中で主人公が喋らないから、他の登場人物が喋って間を埋めることになる。そうなると、俳優の存在感や演技力の技量の差で、主人公がどんどん埋没する。

いっそ主人公をガラッと変えた方が面白いドラマになるのと私は思うが、このキャラ設定を変えるのは時既に遅し…残念。やはりキャスティングと脚本のキャラ設定のミスだと思う…。まあ、最後の屋台での恭子(真矢みき)との会話に望みをかけてみるしかないか?

あとがき

事件そのものもどこかで観たような話だし、同じ変人な監察医のドラマならテレ東の『ラストドクター』の方が良く出来てるし。そんなことで、第2話まで観て、生瀬さんら主人公以外が楽しいと言う印象しかありません。なので、次回の第3話で継続視聴するかどうか見極めます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
パズル(初回限定盤) 湘南乃風
パズル(通常盤) 湘南乃風
刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門 捜査現場編 (じっぴコンパクト新書)
法医学者、死者と語る~解剖室で聴く 異状死体、最期の声~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5844/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/402526294.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 ゼロの真実~監察医・松本真央~ 】第2話 感想

監察医務は、人間が受ける最後の医療である。 監察医とは正しい死因の究明によって死者の尊厳を守り、一人の死を多くの 生に繋げる使命を負う者である。 都内23区で発生した不自然死の全ての遺体は、まず監察医によって検案され 犯罪の疑いがある事案は大学の法医学教室に送られて司法解剖となるが 犯罪性のないその他の急性死、事故死、自殺などはこの監察医務院で 行政解剖となる。 その数...

ゼロの真実~監察医・松本真央~「女監察医解剖代は5000万!!遺体が語る隣人の秘密…」

「根こそぎ拾う」、「臨場」の、倉石義男(内野聖陽)も、ちょっと変人で、その徹底した仕事ぶりによって「真実が炙りだされる」のがヨカッタけれど、かたやホットで、こちらはクールと、キャラは大きく異るけれど、近い余韻。ゲストの柄本時生、お疲れ様でした。いっときは、殺人疑惑。遺体を移動?疑惑まであったけれど、実はボロアパートが原因で起こった事故、というか、上の住人の犯罪。ゴミ撒き散らし、等の、不名誉な...

ゼロの真実〜監察医・松本真央〜 第2話

「女監察医解剖代は5000万!!遺体が語る隣人の秘密…」 内容 一人暮らしの狭川明(柄本時生)の遺体が、自宅アパートで見つかる。 第一発見者は、母・典子(手塚理美) 部屋には、遺書らしきノートが残されていたが、 現場にやってきた恭子(真矢みき)は、違和感...

「ゼロの真実 監察医・松本真央」 第2話 女監察医 解剖代は5000万!!遺体が語る隣人の秘密・・・

「なんで日本に帰ってきたの?」印田 「日本の大学で医学を学ぼうと思ったからです」真央 「あなたなら外科医になってもおもしろかっただろうに、 給料も悪い、ポストもない、患 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR