GTO[2] (第2話・7/15) 感想

フジテレビ系『GTO[2]』公式
第2話『家族崩壊の危機…純情少年を救え・鬼塚絶叫マラソン大会涙の結末』の感想。


クラスで変人扱いされている太一(佐野玲於)が、授業を抜け出して浜辺へ。鬼塚(AKIRA)はイルカの耳骨を探す太一から、きれいな丸い耳骨は‘おまもり’になり、来年受験の弟の合格を願うのだと聞かされる。後日、その父・雅史(奥田達士)が来校し、太一が発達障害の一つ「注意欠陥・多動性障害」の疑いがあるため、支援クラスのある学校に転校させるという。鬼塚が異を唱える中、太一が暴れる騒ぎが起きて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

メインのエピソードは出来過ぎなほど良かったのに…

第1話よりも鬼塚(AKIRA)が前面に出て来たし、メインの太一(佐野玲於)のエピソードも『GTO[2]』には勿体無い程になかなか良く出来た話で悪くなかった。ただ、前回の感想で書いた通り、ここまで生徒役のタレントを前面に押し出して、鬼塚を引っ込める脚本や演出、企画に疑問しか湧かなかった。

目立つ生徒役の俳優たちを前面に出し過ぎ!

大人の事情はわかる。今後のネタ振りをしているのもわかる。しかし、学園ドラマで担任の先生がクラスの問題を解決して大活躍するドラマなら、まずクラスの生徒の個々がきちんと見えて来ないと、担任教師の存在感が明瞭にならない。

なのに、目立つ生徒役の俳優たちを前面に出し過ぎて、メインのエピソードまでブツ切れにするのは困ったものだ。せっかくいい話なのに残念でならない。

どうして、クラスを描かないのか?

どうして、クラスを描かないのだろう。もうそこに尽きる。クラスを描かないから、鬼塚が偶然海辺で知りあった男子高生を救済する話にしか、最後まで見えなかった。これでは鬼塚が教師である必要もないも同然。これが『GTO』と言えるのだろうかとさえ、思ってしまう。

あとがき

なぜグレート・ティーチャー・オニヅカが前面で大活躍するドラマに仕立てないのでしょうか。大人の事情はわかりますが、そこがモヤモヤし過ぎて、今日はイライラさえしてきたので、今回で離脱します。どうぞ継続視聴の皆さんは、楽しんで下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Highschool (白抜きハート記号) love (CD+DVD) / E-girls
Highschool (白抜きハート記号) love / E-girls
GTO オリジナル・サウンドトラック
GTO 完結編~さらば鬼塚! 卒業スペシャル~ Blu-ray


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5807/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/401862845.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GTO(第2期)第2回★イルカの耳骨と地味な鬼塚(AKIRA)

GTO(2ndシーズン)第2回 家族崩壊の危機…純情少年を救え 鬼塚絶叫マラソン大会涙の結末 2年A組の生徒・宇佐美太一(佐野玲於)が、ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つと診断され、父親の雅史(奥田達士)は、母親の美代子(山下容莉枝)の反対を押しきり障害支援クラスのある高校に転校させようと決めるのだが・・・。 −◆− 転校のことをからかわれた宇佐美(佐野玲於)がさつき(木崎ゆ...

GTO2 第2話

鬼塚(AKIRA)が副担任を務める2年A組の宇佐美太一(佐野怜於)が、ADHD(注意欠陥多動性障害)だと診断されます。 太一の父親が母親・美代子(山下容莉枝)の反対を押し切り、衝動的な行動が抑えられない太一を障害支援クラスのある学校へ転校させようと決めてしまいます。 その話を担任のほなみ(比嘉愛未)と一緒に聞いた鬼塚は反対しますが、転校をクラスメイトの百合原さつき(木崎ゆりあ)か...

GTO(2)第2話

「家族崩壊の危機…純情少年を救え鬼塚絶叫マラソン大会涙の結末」 内容 鬼塚(AKIRA)のクラスの宇佐美太一(佐野玲於)が、 病院で障害があると診断された。 ショックを受ける父・雅史(奥田達士)母・美代子(山下容莉枝) そんななか太一がクラスでちょっとし...

「GTO」母校での授業2まず障害の事を理解しよう!鬼塚は障害を持つ生徒の事をクラスメイトに理解を求め生徒にやり抜くという経験を教えた

「GTO」第2話はADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ生徒を父親が転校させようとしてそれを知った生徒が自暴自棄になり暴れ出す。事情を知った鬼塚だったが家庭の問題故なかなか介入で ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR