●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第89回・7/11) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第15週『最高のクリスマス』【第89回】の感想。


朝市(窪田正孝)は英治(鈴木亮平)に、はな(吉高由里子)が甲府へ帰って来たときに英治が贈った英英辞典を捨てようとしたこと、その時の彼女は自分が見たこともないような悲しい様子であったことを話す。酔いつぶれたはなが眠っている横で、朝市は英治に、はなのことが好きならば気持ちを受け止めてやってくれと言う。英治は、あなたこそ彼女を深く理解している、はなのことが好きなのではないかと問い返す。朝市は…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

永遠の片思い少年“朝市”まで作者に加担するのか?

甲府の永遠の片思い少年・朝市(窪田正孝)が今週わざわざ上京したのだから、中園ミホ先生からどのような命を託されたと思いきや、この台詞のためだったのだ。

朝市「オラじゃダメじゃ。あんたじゃなきゃダメど!」
昨日まで88回全22時間分観てきたが、朝市が「オラじゃダメじゃ」と言うのは告白の勇気が無いと言うくだりがあったから脳内補完できるが、「あんたじゃなきゃダメど!」の理由は全く意味不明。大好きなはながあんなに大事にしている英英辞典の贈り主と言うだけでは、幾ら何でも根拠に乏し過ぎる。

ただ、朝市がこう言い切ってしまったら、物語上、英治(鈴木亮平)も動かざるを得なくなった。個人的には、英治がはなを朝市以上に(愛している以前の段階として)好きだと言う描写は“挿絵”への情熱と亡き妻の“あの台詞”しかない。それなのに、この朝市の台詞で強引に物語を前進させるとは、なんとも視聴者を馬鹿にしてしないだろうか。

甲州の山ん中探しても、恋バナは落ちとらんぞ、きっと!

郁弥「兄とあなたは心が通じ合っていたんですね、
        姉さんが亡くなる前から。
        姉さんの気持ちを思うと
        兄とあなたが一緒になるのは許せないんです」
だ、か、ら、これまでの22時間のどこに、はな(吉高由里子)が英治と結婚したい程愛していると言う描写があったのかってこと。結局、はなの描写が貧弱で雑だから、仕事が手につかないのも傷心で仕事中に居眠りするのも、ははが仕事が出来ない女って風にしか見えていないのだ。

強引に二人をくっつけようとしているだけ!?

なのに、このように唐突に、かよ(黒木華)と郁弥(町田啓太)が朝市よろしく中園ミホ先生の“紆余曲折と葛藤づくり担当”として登場し、都合良く話を進めようとする。
最後の“想像のツバサ”も醍醐(高梨臨)の台詞も美輪さんの語りも、作家に全面協力して、強引に二人をくっつけようと躍起しているとしか思えない。どうして台詞で無く映像で魅せないのか?

あとがき

昨日今日と感想を書くのが馬鹿馬鹿しくなるほどです。昨日は無くても良かった15分、今日は強引に進めた15分、こう言うアンバランスな構成は、毎日観ている者にとっては流石にイラッとします。構成も描写ももっと丁寧にやって欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック
白蓮れんれん (集英社文庫)
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡花子童話集 たんぽぽの目


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5787/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/401504963.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週「花子と呼んでくりょう!」
1 2 3 4 5 6
第2週「エーゴってなんずら?」
7 8 9 10 11 12
第3週「初恋パルピテーション!」
13 14 15 16 17 18
第4週「嵐を呼ぶ編入生」
19 20 21 22 23 24
第5週「波乱の大文学会」
25 26 27 28 29 30
第6週「腹心の友」
31 32 33 34 35 36
第7週「さらば修和女学校」
37 38 39 40 41 42
第8週「想像のツバサ?」
43 44 45 46 中間総括 47 48
第9週「はな、お見合いする」
49 50 51 52 53 54
第10週「乙女よ、大志を抱け!」
55 56 57 58 59 60
第11週「グッバイ!はな先生」
61 62 63 64 65 66
第12週「銀座のカフェーで会いましょう」
67 68 69 70 71 72
第13週「その恋、忘れられますか?」
73 74 75 76 77 78
第14週「ゆれる思い」
79 80 81 82 83 84
第15週「最高のクリスマス」
85 86 87 88

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第89回★銀河の乙女「ほらこの女の子想像の翼を広げてる。」

連続テレビ小説「花子とアン」 第89回(7月11日) 昨日の続き。 ドミンゴで村岡英治(鈴木亮平)と朝市(窪田正孝)。 朝市「あんたに言っておきてえ事がある。はなは…甲府に帰ってきた時あの辞書を捨てようとしたです。」 あのときのシーンが回想されました。 朝市「ほん時のはなは…おらが見た事もねえような悲しい目してたです。あの辞書をくれたあんたのこと、必死に忘れようと...

花子とアン 第89回

内容 英治(鈴木亮平)は、朝市(窪田正孝)から はな(吉高由里子)が、辞書を捨てようとしていたと知らされる。 以前のはなと変わってしまったと。 そして、朝市は、はなの気持ちを受け止めて欲しいと英治に告げる。 敬称略 先週は、先週で、 英治の妻のことを、な...

コメント

赤毛のアンが好きで、アンのシリーズも読んでいた私は、今回の朝ドラが楽しみでした。

が、見る度に嫌な気持ちになりました。少女時代の無理矢理な赤毛のアンとの共通点のエピソード。大体アンは綴りにeが入っているから、anneと読んでと言っていたのに、子の字も使われてないのに花子と呼んではおかしすぎる。
先生時代の屋根の上に登り落ちてしまったエピソードは尻切れトンボだし、なんだよこれ?って言いたいです。

蓮子さんを腹心の友ダイアナにみたてるのもおかしい。
ダイアナを出したいなら、それこそ、貧乏な田舎の花に最初から優しく友達になった醍醐さんの方がふさわしい。ダイアナは不倫したりしないし、本当に嫌です。

蓮子さんの相手の帝大生も魅力ないし、どこに惹かれたか不明。
私には蓮子さんの方が石炭王より嫌な人間にみえる。

  • 2014-07-11│13:59 |
  • ムギ URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆ムギさん
コメントありがとうございます。

> 先生時代の屋根の上に登り落ちてしまったエピソードは尻切れトンボだし、なんだよこれ?って言いたいです。

そう言えば、はなが出版社に就職するまでは、
『赤毛のアン』のエピソードからの“引用”が多かったですね。
それも、全くオリジナルへのオマージュを感じさせない
表面だけをなぞっただけのブツ切れエピソードばかりでした。

結局、『花子とアン』と言うタイトルの「アン」に込められたものは何なんでしょう?
『赤毛のアン』と関係がありそうってだけで、これまでほぼ無関係。

『赤毛のアン』に思い入れがある視聴者は嫌な思いをするのもわかります…
  • 2014-07-11│15:42 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR