若者たち2014 (第1話・7/9) 感想

フジテレビ系『若者たち2014』公式
第1話・初回30分拡大『理屈じゃねえんだよ、結婚は』の感想。
なお、オリジナルのドラマ『若者たち(1966)』とリメイク映画『若者たち(1967,1969,1970)はDVDにて鑑賞済み。


9歳の青年・佐藤旭(妻夫木聡)は、佐藤ひかり(満島ひかり)、佐藤陽(柄本佑)、佐藤旦(野村周平)という弟妹と一つ屋根の下で暮らしている。 暮らしは決して裕福ではなく、現代社会の荒波に揉まれる日々。時に世の中の矛盾や理想について熱く議論し、きょうだいで大ゲンカになることもある。 それでも彼らは、学歴社会や就職難、リストラや格差社会、恋や夢…さまざまな問題を正面から受け止め、家族の絆を深めていく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

大の苦手な『北の国から』シリーズの作風…

今作の製作のニュースを目にした時、1960年代に製作されたオリジナルドラマもリメイク映画も観た私としては、それなりに期待を持ったのだが、番宣で映し出された数十秒の映像にすべての期待を失ってしまった。そう、私が大の苦手な『北の国から』シリーズの作風だからだ。そんなマイナスの地点から観始めた…

俳優は悪くない!

冒頭の演出家の自己満足を映像化したようなタイトルから既にうんざりムードでスタート。全体を観終わっての感想は、「俳優は悪くない。悪いのはフジテレビの安直な企画であり、演出家の自己満足と、それにのっかった脚本家」ってこと。よくこんな演出と脚本で妻夫木聡さんを始め俳優さんたちは第1話を演じきったと思う。さぞやりくかったろうに。その理由は…

リアリティーが無い!

本作での時代錯誤は致命傷なのだ。本作は、その時代を生きる“若者たち”が、恋愛や仕事など様々な出来事の中で、もがき苦しみながらもたくましく生き続けている“リアリティー”を魅せるドラマであるのは、前作を観なくても解るはずだ。なのに冒頭の朝からにぎやかな兄弟たちや台詞の内容含めた描写は、あり得ない時代錯誤だった…

なぜ舞台を“昭和”にしなかった?

ほぼ2014年らしい要素が無いなら、舞台を“昭和”にすべきだった。逆になぜ時代設定“2014年”にして斬新なリメイク作品して再構築しなかったのか、甚だ疑問だ。演出家の好みだか知らないが、映像の雰囲気と台詞と俳優のミスマッチ。うーん、どうしてこうなった?

群像劇としては良く出来てる。ただ詰め込み感が問題か…

愚痴ばかりでなく、俳優陣以外の良かったところも書いておこう。それは「群像劇」としてそれぞれの登場人物が意外としっかり描かれていたことだ。

しかし、これだけ個性的な俳優を揃え、各自にエピソードを紐付けし、今後毎週話が進む訳だが、1話でも見逃したら置いてけぼりになりそうな予感がする。これが2クールあって、物語の進行速度が若干遅くなれば違うだろうが、その辺の1クールでの詰め込み感が視聴者にどう映るか?が今後の人気に繋がると思う。

あとがき

やはり『北の国から』の作風も関連の出演者も大の苦手です。期待度★2つでしたが、予想通り第1話で離脱します。継続視聴の皆さん、楽しんで下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5781/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/401404823.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

若者たち2014 #01

『理屈じゃねえんだよ、結婚は~魂を揺さぶる群像劇』

若者たち2014「理屈じゃねえんだよ、結婚は~魂を揺さぶる群像劇」

まずは、主演の妻夫木聡、家庭内はもとより、趣味のプロレス会場でまで!(リングで対戦まで)… まさに「身体を張った!」大奮闘ぶり、お疲れ様でした。 さすがに、1966年のりメイクゆえか、「こんな風に、感情をストレートにぶつけあい、エネルギーの発散をプロレスでやるのは、ふた昔前の若者だよなぁ、 今の若者は、もっとコミュニケーション下手で、逐一、距離の取り方に悩み、温度低目では?」と、...

若者たち2014 第1話

若者たち2014 ( ゚д゚)ポカーン・・・ ひとつ屋根の下な雰囲気〜(あのドラマ大好きでしたー♪) 長男あんちゃんでしたねww(゚∀゚) キャストは豪華でもぎゃーぎゃーうるさいド ...

若者たち2014 第1話★リングで「若者たち」を唄う妻夫木聡

若者たち2014 第1話 名だたる若手俳優が集まって盛りだくさんの内容。 これを整理して感想を書く自信が無いので、印象に残った部分のみ書き残すことに・・・。 −◆− 新城(吉岡秀隆)との不倫がばれてしまったひかり(満島ひかり)。 新城に会いに行くという旭(妻夫木聡)を必死になって止めようとするひかり(満島ひかり)。 やっぱ満島ひかりの演技力は異次元レベルだわ。 ...

言い訳の多い若者たち2014に闘魂ブレーンバスターを(妻夫木聡)

典型的ないまどきの若者なんてものを描くのは至難の業である。 子供の思い描く若者。 若者の思い描く若者。 中年の思い描く若者。 老人の思い描く若者。 それぞれが身近な若者を見て「今時の若者」をイメージするからだ。 それでも・・・創作者は・・・そういうものを描く必要に迫られる。 そういう時の一つの手が・

若者たち2014 第1話

『理屈じゃねえんだよ、結婚は』 「理屈じゃねえんだよ、結婚は〜魂を揺さぶる群像劇」 内容 佐藤旭(妻夫木聡)陽(柄本佑)は、 朝食をとりながら、くだらない芸能ニュースをテレビで観て、 旦(野村周平)ひかり(満島ひかり)相手に、くだらない議論をしていた。 実...

【若者たち2014】初回(第1話)プチ感想と視聴率

「理屈じゃねえんだよ、結婚は~魂を揺さぶる群像劇」 初回(第1話)の視聴率は、1

「若者たち2014」第1話 感想

 怒鳴り合い、つかみ合い、取っ組み合いの騒々しい兄弟だよね。  この夏の時期に暑苦しいドラマだと思った。(笑)  設定もいかにも作りましたって感じがしたけど…。  男兄弟の中でたった一人の女性、ひかり。  看護師なら寮とかに入るよね。  あんなうるさい兄、いたらうっとうしくてたまらないと思う。

若者たち2014一話&同窓生一話感想

■若者たち2014一話 2014なのに古臭いという(笑)展開とラストのしめで、ひとつの物語として一話だけで完結させてもいいと感じたストーリーだった。けど、最後の最後で瑛太が出てきて。これから引っかき回していくの?(笑) 長男の妻夫木聡が、親代わりで兄弟を養ってきた。で、なんとなく弟や妹達に自分の理想の幸せ像を押しつけてしまっているので、兄弟達はうっとおしい。頼んでないと。頼んでないと言わ...

若者たち2014 第1話

録画はしていたのですが、観る時間がなくて、ついつい後回しになっていました。 佐藤旭(妻夫木聡)は、ひかり(満島ひかり)、陽(柄本佑)、旦(野村周平)と東京の下町の年季の入った一軒家で暮らしています。 旭は口うるさいお兄ちゃんのようで、出来ちゃった結婚はみっともないと大声で言っていましたw 旭の家は、両親が早くに亡くなっていて、旭が高校を中退して働いて弟妹の面倒を見て来たみた...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR