GTO[2] (第1話・7/8) 感想

フジテレビ系『GTO[2]』公式
第1話・初回15分拡大『新舞台は鬼塚の母校!問題児にグレート授業だ!整形バラされた女子高生に母の後悔』の感想。


鬼塚(AKIRA)の母校が明修学苑の傘下に入った。桜井理事長(黒木瞳)の指示で、その「明修湘南高校」に赴任した鬼塚は、ほなみ(比嘉愛未)が受け持つ2年A組の副担任となる。着任当日、仕事で遅刻してきた麻理子(松浦雅)は、誰もがうらやむ‘読者モデル’で、ビーチで行われる「読モ総選挙」も控えていた。その夜、麻理子はラブホテルへ。鬼塚は連れ戻しに行くが、ホテル前での2人の写真が校内に出回ってしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“テレビの中の出来事”感が半端無かった!

反町'sGTOも、AKIRA'sGTOのSPまで観た来た私が、今作の第1話を観ての感想を一言で言うと「完全な疎外感」ってこと。これが今まで観てきた『GTO』の続編なのか?と思う程に、テレビの中とお茶の間が隔離されていたような気がした。

疎外感の理由は3つ!

理由は、3つあると思う。1つは、生徒たちの紹介がだらだら長過ぎたこと。確かに大人の事情もあろう。一人一人のファン頼みって部分がどんどん増強されている本作だから(前作より有名なタレントが生徒役に抜擢されているから)、一人ずつの見せ場づくりは大事なのは解る。でも、そんなのは物語が進んでから良いと思う私は、全く時間の無駄遣いにしか思えないのだ。

2つ目は、鬼塚英吉(AKIRA)の存在感の大いなる欠如。いやこちらが最大の問題かもしれない。特にこの第1話に関しては、“鬼塚不在”と言っても良いほど。続編だからこそと言うのもあるが、本作の面白さは鬼塚の存在感がすべてなのに、主役が生徒になってしまっては元も子もないのでは。

3つめは、ほなみ(比嘉愛未)の目立たなさ。主役の鬼塚の出番が少ないのだからしょうがないが、本作の大きな魅力の一つに、鬼塚とほなみの掛け合いがあると思うが、それもしょぼしょぼ。これで『GTO』と言われても、殆ど『GTO』らしさを感じない。

上手く行けば原点回帰。失敗すれば時代遅れ。

ただ、悪いことばかりかと言うとそうではない。良く言えば今作は『GTO』の焼き直し版と言ったら的確かもしれない。鬼塚に合わせてちょっとアナログ風味を強めにして、物語の骨子も昭和時代にも成立するようなベタな話に、ネットやスマホの“今風”味付けを少々って感じ。上手く行けば原点回帰。失敗すれば時代遅れ。さてどちらになるのか?

あとがき

正直言うと、想像以上につまらなかったです。ここまで生徒役のタレントを前面に押し出して、鬼塚を引っ込める脚本や演出、企画に疑問しか湧きません。まあ、本作が出演者のファンだけが楽しめるドラマを目指すなら私は速攻離脱します。取り敢えず第2話と、次週から始まるTBSの裏番組次第で、視聴継続かを決めます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Highschool (白抜きハート記号) love (CD+DVD) / E-girls
Highschool (白抜きハート記号) love / E-girls
GTO オリジナル・サウンドトラック
GTO 完結編~さらば鬼塚! 卒業スペシャル~ Blu-ray


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5777/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/401335019.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GTO(第2期)第1回★新演出冴えた。鬼塚脇役、主役は松浦雅

GTO(2ndシーズン)第1回 正直言って、前シリーズと同程度だろうと高をくくっていて、大して期待もせずに見始めました。 ところが、思ってもみなかった「変化」がみられました。 演出・撮影・脚本やBGMの使い方など、全て味付けが変わっていて、これがなかなかの出来映えでした! −◆− 昼休みになって、カメラが移動しながらクラスの面々を映し出し、画面に吹き出しが出てきて生徒名と簡...

GTO(2)第1話

「新舞台は鬼塚の母校!問題児にグレート授業だ!整形バラされた女子高生に母の後悔」 内容 明修学苑の教師・鬼塚英吉(AKIRA) ある日、理事長の桜井良子(黒木瞳)に命じられる。 明修学苑の傘下に入った鬼塚の母校の元“湘南西高校”である明修湘南高校に 赴任し...

GTO2 第1話

地元の湘南の母校に赴任した鬼塚(AKIRA)は、ほなみ(比嘉愛未)が担任を務める2年A組の副担任となります。 しかし、昔の仲間に見送られて学校へやって来るあたり・・・ しかも、鬼塚の昔の担任で今は雑務担当職員をやっている富士宮(小野武彦)に睨まれた鬼塚はみんなに撤収を申し入れるのでした。 鬼塚にも怖い人っているんだねw 鬼塚が副担任となったクラスは、学級委員長の葛木(...

「GTO(2)」1 ☆

生徒達の紹介の仕方が面白い!それぞれキャラを持たせようとしてくれているのが分かって、若い役者さんたちにはやりがいがありそうです。 教室の扉も菱形窓が可愛い~(><) で ...

「GTO」母校での授業1過去は変えられないが未来は変えられる!鬼塚はいじめを受ける生徒に自らを乗り越えろと説いて過去を振り払っていじめを乗り越えた

「GTO」は2012年に復活したGTOの続編で今回は鬼塚の母校である湘南の高校を舞台に鬼塚が今の生徒たちの授業を繰り広げるストーリーである。2年ぶりに戻ってきた鬼塚が果たしてどんな ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR