家族狩り (第1話・7/4) 感想

TBSテレビ系『家族狩り』公式
第1話・初回20分拡大『天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、骨太なキャストで完全映像化』の感想。
なお、天童荒太氏の原作小説『家族狩り』は未読。


家族の介護問題で心の休まらない児童ケアセンターの児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)は、虐待を受けている女児のことで胸を痛める。一方、目的もなく美術を教えている高校教師・巣藤浚介(伊藤淳史)は、恋人から結婚を迫られるが、家庭を持つことに抵抗感を覚えていた。 ある日、浚介の住むアパートの隣で、一家心中が発生。祖父と両親を惨殺した少年が自殺を遂げたもので、遺書も残されていたことから警察は無理心中事件と断定する。しかし、警視庁捜査一課の刑事・馬見原光毅(遠藤憲一)は、直感から、捜査に疑問を抱いていた。 3人は自らの家族の問題に向き合いながら、一連の事件に巻き込まれていく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

期待感と恐怖感は漂うが、散漫過ぎる!

どうやら3つの家族の物語が同時進行して、徐々に絡み合って行く。そんな感じのドラマのようだ。それに、サブタイトルの大袈裟さも相まって、「何かが起こりそう…」と言う期待感と「実は、既に始まっている…」と言う恐怖感だけは漂っている。

ただ、面白いかどうかはかなり微妙。まず、全体的に物語が散漫過ぎる。でも、この散漫さが「何かが起こりそう…」「実は、既に始まっている…」と言う“○○感”を漂わせるのに多大に関与しているから、たちが悪いと言うか微妙なのだ。

あとは構成と既視感の除去次第かも?

今回は第1話だから説明のために散らかった印象になるのはしょうがないとして、今後どうなるのかは、やはりこの3家族と上記の「期待感」と「恐怖感」のバランス次第で面白く化ける可能性はあると思う。

ただ、以前に同枠で放送した『黒の女教師(2012)』や『夜行観覧車(2013)』のように鳴り物入りで始まって、「期待感」と「恐怖感」を漂わせただけで終了したの前科もある。役者はそれなりに揃っているから、あとは構成と既視感の除去さえ上手く行けば…と言う感じだ。

あとがき

当初、期待度★1つにした理由はもっと家族のドロドロした内面を描くのかと思ったからです。でも実際は、既視感アリアリの普通のドラマでした。

それと、物語全体が週単位の連ドラ向きではないような気がしました。こう言うのは小説で一気に読んだり、映画で集中して2時間なりで描いた方が散漫さが無くなって観易いし楽しめるような気がします。そんなプロットに感じました。取り敢えず、次週まで様子見してみます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
家族狩り オリジナル版
Shout(初回限定盤) ドラマ『家族狩り』主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5767/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/401179078.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家族狩り一話感想

面白かったですね。盛りだくさんなんだけど、登場人物が微妙なところで交差してて、まったく別のエピソードでも繋がっている感じがするのはさすが。それぞれが問題を抱えているようだけど、主人公の松雪泰子が精神的に追い詰められてて怖い。一見しっかりしてそうな所がまた、見せ方がうまい(笑) 伊藤淳史がまたいい役やってますね。この人も振り回されている感じがするけど、感性が芸術的で許容範囲が広いので、いざと...

家族狩り

初回の感想 

家族狩り #01

『天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、骨太なキャストで完全映像化』

「家族狩り」第1話★松雪泰子、生々しい・・。麻里子様は不良娘!?

「家族狩り」第1話 初回を観ただけでは全体像は見えてこなかった? 主要な登場人物が多い上に、おのおのが交錯してるから複雑なのかも・・・。 馬見原(遠藤憲一)はグレた娘・真弓(篠田麻里子)のことで氷崎游子(松雪泰子)と関りがあったし、巣藤浚介(伊藤淳史)は游子の認知症の父・清太郎(井上真樹夫)との出会いなどを通じて游子と関わったし、とにかくややこしいほどの相関関係。 で、認...

「家族狩り」 第1話

「これは、やっぱりただの一家心中じゃねぇな。誰かが家族を狩ってんだ」馬見原 「かってる?」椎村 「家族狩りだよ」  残されていた遺書(犯人からのメッセージ)にはこう書 ...

ドラマ「家族狩り」を見て

◆氷崎游子(松雪泰子)を見て 小学2年から6年まで、俺の担任はずっと同じ先生だった。 問題に答えられない人に「どうしてこんなのも分からないんだ!」と怒鳴る女性だった。 氷崎のヒステリックさを見ていると、それを思い出して嫌な気持ちになる。 逆に、氷崎がイライラし過ぎて氷をボリボリ食べるシーンが笑えた。 ◆巣藤浚介(伊藤淳史)を見て 何をやっても迫力が感じられないし、...

家族狩り 第1話

「天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、骨太なキャストで完全映像化」 内容 桐明学院高校の美術教師、巣藤浚介(伊藤淳史)の住むアパートに、 毎日のように、恋人で国語教師の清岡美歩(山口紗弥加)の 代引き商品が届いていた。 去年の忘年会で迫られたのが運の尽...

口で言うより手の方が早い方々に捧げる家族狩り(松雪泰子)

現代ではもはやそれだけで悪である。 暴力に絶対反対の人がいるからな。 愛の鞭が成立するのは秘密の一部愛好家の夜の営みだけでございます。 それでしつけが成立しないからこんなことになっちゃってるんだよな。 まあ、暴力で屈服させられるのが絶対に嫌だという人は多いよ。 だから、まず言葉の暴力で挑発して、相手

【 家族狩り 】第1話 感想

家族ほど不条理なものはないだろ。 なぜ人は家族なんかつくる? ただの他人同士が紙切れ一枚で家族になる。 君らも生まれた瞬間 、いやおうなく家族に組み込まれている。 だが家族とは何だ ? 法律か?本能か?絆か? 愛か? うん? 家族狩り 第1話       2000年度に放映された重たすぎる名作『永遠の仔』の作者・天童荒太氏原作ドラマ。 今期一...

「家族狩り」第1話 感想

 もう夏ドラマが始まるんだよね~。早い。  暑さで体力的に厳しいこの季節。エンタテイメントとして刺激の強い作品の方がいいのか、夏仕様の爽やか系ドラマを見たい気もするし…。  心理サスペンス、ホラーサスペンスは大好きなのですが。  テーマはいろいろ問題を盛り込んで重そうです。  一家惨殺(?)が連続して起こってる感じですね。

ドラマ「家族狩り」第1話あらすじ感想「天童...

何だこの違和感は?ひどい光景のはずなのに美しい-------。「これはやっぱりただの一家 心 中じゃねえな誰かが家族を狩ってんだ。家族狩りだよ--------」金曜の夜ってちょっとドロドロ...

「家族狩り」 第1話

生きれば生きるだけ人生はつらくなるんだ   あんたも覚悟しといたほうがいいよ----------。 子供が両親を惨殺して自殺-----。 そこにはポエムのような遺書と甘い香りが残されていた。 そんな事件が連続して3件------。 しかし刑事・馬見原光毅(遠藤憲一)は思う。 「これは 一家心中じゃねえな。誰かが家族を狩ってんだ。 家族狩りだよ。」 犯人は?そこに潜む闇とは...

家族狩り 第1話:天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、 骨太なキャストで完全映像化

斧だけに・・・ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! 馬見原は、これは一家心中を装った家族狩りだって言ってるけど、 凶器となったであろうあの斧は、間違い無くあの家の少年?青年?が 購入したものですよね。 それすらも、誰かに操られた上での行動なのかしらん? 真犯人は、直接自...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR