映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。


ざっくりストーリー

謎の地球外生物「ギタイ」の侵略で滅亡寸前の近未来の地球。実戦経験の全くない米軍のメディア担当・ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、将軍の「戦場の最前線を取材せよ」の命令に背き、統合防衛軍(UDF)の前線に新兵(二等兵)として送られてしまう。

そして、ケイジは本格的な戦闘を前にあっけなく命を落としてしまう。ところがケイジは意識を取り戻し、自分が不可解なタイムループの世界にいて、幾度も戦闘と戦死を繰り返しながら、同じ戦いを生き抜かねばならないことに気づく。

更に、戦地で出会った特殊部隊の兵士・リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)は既にこの不可解な体験をしており、リタはケイジの戦闘技術を次第に磨き上げ、やがて二人は少しずつ敵を倒す糸口を掴んでいく…

脚本・編集・演出が丁寧だから誰でも楽しめる!

まず言っておきたいのは、タイムループやパラレルワールドを描いた作品では、とかく途中で話が解り難くなったりすることが多々あるが、本作は脚本の構成と編集、そして演出が丁寧で、似たような映像が繰り返されても飽きさせない工夫も施され、誰でも楽しめる娯楽作になっている。グロいシーンも無いから、戦闘モノが苦手でも大丈夫。

解り易くて馴染みやすいゲーム感覚のストーリー!

自分がゲームをしたとしよう。“敵”に倒されたら、リセットして再スタートした時はさっきの“敵”は容易に倒せるが、また“新たな敵”に倒され、その繰り返しで最後にゲームをクリアする、そんな流れをタイムループに置き換えたような作品だと思えば良い。

ただ、ゲームの場合は、自分の経験が蓄積されることで次の世界に行く(クリアする)ことが出来るわけで、決して自分がタイムスリップしたのではない。そう、本作もここが大きなポイント。実に解り易くて馴染みやすいゲーム感覚のストーリーなのだ。

残念なところもある…

残念なのは、死によってリセットするという発想が、上記の戦闘やRPGゲームを連想させるストーリーと相まって、生命が軽んじられている印象を受けてしまうこと。また、“ギタイ”の“ある能力”による時間軸と戦闘力の謎が解り易すく描かれているのだから、なぜ地球を攻めて来たのかについても、もう少し説得力が欲しかった。

ガチガチに作り込まれていない“緩さ”が最大の魅力!

本作の最も良いのは、トム・クルーズが楽しそうに演じていること。トムの身体をはったアクションも良いが、かなりのハイテク戦争の割に、ちょっと古めかしいパワースーツを身にまとって、ぎくしゃく動くのも楽しい。

また、何度も同じ部隊に送り込まれることで生まれるコメディ要素、もう少しがんばっても良かったような“ギタイ”の描写など、ガチガチに作り込まれていないある種の“緩さ”が本作の娯楽作品としての最大の魅力だと思う。

あとがき

鑑賞後のロビーで「オチが解らない」と言っていた人を何人も見かけました。「オチは要らない」と言う意見もあるでしょうね。私は私なりに解釈しました。
要は、そう言う“曖昧さ”や“緩さ”を楽しむ娯楽映画なんです。かと言って、穴だらけのB級品で無く、間違いなく飛び切りのSFアクション映画です。生き返る度にトムがパワーアップするのを楽しみましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット スチールブック仕様(完全数量限定/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
Edge of Tomorrow: Original Motion Picture Soundtrack


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5746/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/400577560.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密

 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"というネガティブな言葉を避けるため原題は『Edge of Tomorrow』に変えられたが、邦題は日本での知名度を活...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

広報担当の将校が地球外生物との最終決戦の場に突然放り込まれて、同じ行動を繰り返していることに気がつく。人間側の葛藤は丁寧に描かれているのに、侵略者はまるで機械みたいだ。この映画の主要テーマは人間の学習能力の向上なのか。

劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」

ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All You Need...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 一匹の敵を倒したトムさんは、死ぬと同じ

オール・ユー・ニード・イズ・キル

広告屋が戦場で戦う意味 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、キ ...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ

原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

評価:★★★★☆【4,5点】(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)

オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円

勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥ったのか? やがて絶望的な戦いの中で、強大なエイリアンの秘密を解き明かした主人公は、自分が人類を救う事の出来るただ一人の存在であるこ...

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想

桜坂洋によるライトノベル「All You Need Is Kill」原作の映画として話題に。 ヘタレな主人公がヒロインと出会い、色々あって強くなって、落ちこぼれ仲間の協力を得て世界を救ってしまい、すべてはメデタシメデタシという内容に、戦争、軍隊、パワードスーツ、宇宙生物、タイムリープ等、ネタを盛り沢山に突っ込んで。 厨二な内容でも、本気の映画人が本気で映画を作ればここまで...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

結局、何回死んだのかな?

オール・ユー・ニード・イズ・キル

今朝は、曇りがちな天候でしたが・・・

オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5

作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...

オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D

日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画の世...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な敵を前にあっけなく命を落とすが、次の瞬間、目を覚ますと、出撃前日へと戻っていた。 再び出撃しては、少しずつ状況が変わりながら戦死す...

[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)]

☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよう...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014年6月28日 TOHOシネマズ日本橋

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょうね。 意外でビックリでした 【ストーリー】  近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・グリー...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

原題:Edge of Tomorrow監督:ダグ・リーマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ノア・テイラー

オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow

日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白いの...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

侵略者から襲撃されている近未来の地球 戦地に送られた少佐が、戦闘の中、 タイムループの世界に囚われていく... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:桜坂洋 『All You Need Is Kill』(必要なのは殺し) 英題:Edge of Tomorrow(明日の境目)

オール・ユー・ニード・イズ・キル

原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...

[映画][☆☆☆★★]「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想

 桜坂洋原作のライトノベル「All You Need Is Kill」を、「ジェイソン・ボーン」シリーズのダグ・リーマン監督、トム・クルーズ主演で映画化。 ものすごく簡単に言うなら、「ロストプラネット」や「ギアーズ・オブ・ウォー」といったTPSに、初見殺しのいわゆる死に覚え

オール・ユー・ニード・イズ・キル

やっぱりラブストーリーでした。  

映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々!

NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー...

「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、明らかにビートルズの『All You

『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら私を捜して"

注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ

オール・ユー・ニード・イズ・キル

もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまいま...

オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン

【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...

『ALL YOU NEED IS KILL 』('14初鑑賞51・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた〜

近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として戦地に行かされたケイジは あっという間に戦死。 しかし、目覚めるとまた同じシーンの繰り返しが始まるが、...

『オール・ユー・二ード・イズ・キル』

(原題:EDGE OF TOMORROW) ----この映画、トム・クルーズの新作だよね。 また、SFニャんだ。 「うん。『オブリビオン』に続いてのね。 しかも、トム・クルーズらしく いつもながらの変化球」 ----えっ、どういうこと? 「じゃあ。 まずはその設定から。 舞台は宇宙から...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度...

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

しょっぱなからネタばれするが…

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん生化学的にも。よくよく考えると私にはこの理論にはついていけない。ま、SFの世界だから。と片付けてしまうのは勿体ない世界観ではあるのだけれど。こ...

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐

熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル '14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット...

運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった が、目覚めると死の前日に戻っていた。  エイリアンの返り血を浴びたことでループ能力を身に付けた男...

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観て

14-66.オール・ユー・ニード・イズ・キル■原題:Edge Of Tomorrow■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■鑑賞日:8月3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ダグ・リーマン◆トム・クルーズ◆エミリー・ブラント◆ビル・...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事していたケイジ少佐が最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー(未来を変える為に死ぬ)

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ...

オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ

原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...

何度も死することで、

28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...

オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow)

監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来…

【映画感想】ALL YOU NEED IS KILL

オール・ユー・ニード・イズ・キル 近未来。地球は「ギタイ(Mimics)」と呼ばれる宇宙からの侵略者[注釈 2]により、滅亡の危機に晒されていた。人類側の統合防衛軍は敵の強大な戦力に対して劣勢な戦いを強いられていたが、「ヴェルダンの女神」「戦場の牝犬」の異名で知られる英雄リタ・ヴラタスキの活躍によって反撃の糸口を掴み、機動スーツと呼ばれる歩兵用パワードスーツの投入によって、欧州地域...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

日本のSFライトノベルを原作に、ハリウッドで映画化、という情報への興味から見てみました。 主演は、なんと、トム・クルーズ!だったのですね。あらま、びっくり この手のタイム・リープものは、日本エンタメの十八番で、「時をかける少女」や、コミックでは、ハルヒ・シリーズ、 最近では、深夜ドラマ「明日もきっと君に恋をする」も、そうだった気がするのですが、増えてきたのは、ひょっとすると...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR