●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第78回・6/28) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第13週『その恋、忘れられますか?』【第78回】の感想。


大事な話があるから会えないかと言われ、はな(吉高由里子)はカフェーでドキドキしながら英治(鈴木亮平)を待つ。しかし村岡印刷では、カフェーに向かおうとした英治に病院から電話が入る。妻・香澄(中村ゆり)の容態の事だった。そうとも知らずはなは待ち続けるが、刻々と時間は過ぎてゆく。始めは宇田川(山田真歩)に呼びつけられたとばかり思っていたかよ(黒木華)も、ひたむきなはなを見て英治を待っているのだと気づき…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

とりあえず、“はな”の出番が多かったのは褒めよう!

いやあ、久し振りに15分間“はな”オンリーで話が進んで終わるなんて、6月の奇跡でないだろうか。細かいことはあとにして、この位に“はな”が出ずっぱりなら、もしかしたらこの娘がヒロインかも?ってやっと思えてくる。
それにしても、(ここだけの話)誰とは言わないが、黙っていると演技力がもろにバレちゃうのが残念…

なぜ、かよだけ知ってるの!?

かよ「お姉やん、なんでそんなに好きになっちまったの?」
「なんで?」って理由以前に、視聴者としては「そんなに」の程度が全然見えて来ないのだが。寝ずに翻訳をしているのは見せて頂いたが、英治(鈴木亮平)に恋焦がれて眠れずに過ごした幾晩かも、“想像の翼”で楽しいお付き合いを妄想したことも一切見せて貰っていない。実の妹のかよ(黒木華)だからこその“身内特権”で知り得た事実とでも言うのか?

娘へのお父の言葉も脳内補完させるのか!?

かよの“身内特権”による秘密の暴露が終わったと思ったら、今度ははな(吉高由里子)がこんな台詞を。

はな「お父からも、あれだけ言われたのに…」
「あれだけ」って「何度も」なのか「執拗に」なのか、どちらなのだろう。私としてはそんな印象全く無いのだ。「全く東京の男は信じられんさ」とも言うが、そんなに恋愛経験も男に騙された過去も思い当たらない。ここも視聴者が勝手に脳内補完しなければいけないようだ。

おい。醍醐さんのことは脳内補完するほど知らないぞ!

醍醐「わたくし、英治さんのことを諦めるわ」
確かに醍醐(高梨臨)がはなに横恋慕しているように、私が勝手に脳内補完していた訳だが、この台詞を聞いてしまうと解せないことばかりだ。醍醐がはなを恋のライバル視していた風も、そもそも英治のことをそこまで慕っていたような描写も無かった。あったのは、時々英治を無意味に褒めただけ。これって、私が“想像の翼”で飛び過ぎて正解だったってことか?

なぜ、はなの心の襞(ひだ)を魅せないの!?

はな「奥さまのことでしょ。聞きました、全部」
これまたあっさりと台詞で済ませちゃった。本来ならはながかよから聞き、大きく心が傷つく姿を映像で見せてくれれば、この台詞にも重みが増して、“はな”に感情移入できるのに、あえてそこをカットする脚本の意図は何だろう?作者は何が何でも“はな”の心の襞(ひだ)を描くつもりはないのか?

今週って、最後の3分で良かったかも!?

これでも今週は意外に“はな”が描かれたと思う。ただ、問題は2つ。
  1.まだ、“はな”が主人公、ヒロインには見えないこと。
  2.一週間かけて、“はな”が英治の事情を知っただけってこと。
上記2つを総合すると厳しいようだが、ヒロイン不在の上に物語もほぼ停滞状態ってこと。

停滞状態が、丁寧な描写によってもたらされたものなら良い。ただ、上にも過去にも書いたように、決して心理描写やストーリー展開など丁寧に描かれたとは言い難い本作。その上“蓮子劇場”の挿入で本編がどちらかも、ストーリーもブツ切れ。

もうこれはただ毎朝、吉高由里子さんと仲間たち(仲間由紀恵さんたちと言う意味。洒落た訳で無いです・笑))の大正コスプレのちょい昔のトレンディドラマを見せらてているだけ。また、予告編を観る限り、また甲府へ逃げて、蓮子が動いてって、何週か前に観たような…

あとがき

昨日、ある方のコメントをもとに調べたら、村岡花子さんご本人は女学校時代から禁酒や安息日の徹底、女性の権利など徹底する宗教へ入信していたそうで、じゃああの泥酔のくだりは何だったんだ?と、今日ずっとそんな気持ちで観ちゃいました。
詳しくは『拍手コメントへ返信 (2014/6/27の分)』に書きました。

予告編を観て再認識したのですが、結局、幼少期の“はな”特性は、時々“甲府編”で登場するだけで、ほぼ跡形も無くなってますね。その分、女学校時代以降、印象的に描かれるのは“蓮子劇場”だけ。これで本当に“はな”がヒロインとして『赤毛のアン』に結び付き、村岡花子さんの生涯を見ることが出来るのでしょうか。心配です…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5742/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/400467671.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第78回★待ち合わせ直前に村岡妻が喀血…

連続テレビ小説「花子とアン」 第78回(6月28日) 村岡(鈴木亮平)と6時に会う約束。はな(吉高由里子)は少し早めに喫茶ドミンゴに・・・。 村岡も喫茶ドミンゴに向かうべく会社を出ようとしたときに電話が鳴ります。 電話に出た弟・郁弥(町田啓太)が驚きの声を上げ「兄さん病院から!義姉さんが喀血したって!」 はなと待ち合わせしてるちょうどそのタイミングでこういう電話が入...

花子とアン 第78回

内容 蓮子(仲間由紀恵)に諭された英治(鈴木亮平)は、 はな(吉高由里子)に大事な話があると伝え、会う約束をする。 そして、会社を出ようとした英治だったが、 妻・香澄(中村ゆり)の入院する病院から電話が入る。 一方、カフェーで英治を待つはな。 その様子を...

【花子とアン】第13週感想&第12週視聴率・関西最高♪

第13週「その恋、忘れられますか?」、さっさと結婚してるって言えばいいのに、村岡

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第78回 感想

大事な話があるから会えないかと言われ、はな(吉高由里子)はカフェーでドキドキ しながら英治(鈴木亮平)を待つ。 しかし村岡印刷では、カフェーに向かおうとした英治に病院から電話が入る。 妻・香澄(中村ゆり)の容態の事だった。 そうとも知らずはなは待ち続けるが、刻々と時間は過ぎてゆく。 始めは宇田川(山田真歩)に呼びつけられたとばかり思っていたかよ(黒木華)も、 ひたむきなはなを...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR