●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第77回・6/27) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第13週『その恋、忘れられますか?』【第77回】の感想。


カフェーに来た伝助(吉田鋼太郎)に「きょう蓮子(仲間由紀恵)と会う約束ではないのか」と聞かれ、はな(吉高由里子)は苦し紛れにそうだと答え、必死に取りつくろう。伝助の目に射すくめられるはなだが、伝助は意外にも気さくにはなに話しかけ、「蓮子をよろしく」と去ってゆく。そのころ蓮子は龍一(中島歩)と会っていた。初めて屋台に行った蓮子は注文も不慣れで、龍一が注文する様子に素直に感動する。龍一はそんな蓮子に…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

当時の電話は交換手じゃないの!?

ヒロインの人生にとって大事なシーンと思われる英治(鈴木亮平)から誘いが電話であるのにちょっと違和感を覚え(史実通りかは別にして)ちょっと調べたら、劇中の時代(1917年/大正6年頃)の電話機はまだ交換手が回線の接続をしていた時代で、ダイヤル式登場は1926年(大正15年)なんてすぐに解るのに、そう言う所の雑さってホント残念…

英治の心の変化こそ脚本家の腕の見せ所のはず!

特に、妻のある英治の気持ちが“はな”へ移りゆく過程は、さぞ様々な葛藤があっただろうことは、昨日の「挿絵」ではやり過ぎなほどに表現されていたし、その心の変化をどう魅せるかこそが、脚本家の腕の見せ所なのに、今日の展開は推しメンの蓮子(仲間由紀恵)を登場させて、強引に中に割って入って連絡を取れと言う、何とも半端無い手抜き感…

大正コスプレのちょい昔のトレンディドラマ!

これだから、大正時代のコスプレに大正チックな舞台装置で描かれる少し前のトレンディいドラマになってしまうのだ。それしかできななら、いっそのことLINEの着信音でも鳴らせばいいのに。まあ、最後の30秒だけでもヒロインの恋バナが進んだ(ことにしよう)のだけは評価する…

ついに“腹心の友”改め“不倫の友”の話へ!

本作はフィクションだから史実上の個人をどうこう言うつもりはない。あくまで劇中の登場人物についてなのだが。朝ドラで、“腹心の友”改め“不倫の友”を描くのはどうなんだろう。更に不倫相手の妻が結核で床に伏してるのにパルピテーションとか言って。もはや伝助(吉田鋼太郎)が哀れに見えてきた。なんか、どんどんキャラが軽くなり、内容も安っぽいドラマになって行くような…

あとがき

蓮子が村岡印刷に苦情を言いに行く安易な構成は認めたくないが、百歩譲ってそれを良しとしても、今日のヒロインの恋バナって、中盤の蓮子に現状報告する1分と最後の英治との電話のやり取りの2分の合計3分間だけ。今日もヒロイン軽視の朝ドラでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5739/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/400395166.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第77回★「サイダーは夢の水たい」と伝助(吉田鋼太郎)

連続テレビ小説「花子とアン」 第77回(6月27日) 本日のポイントは・・・。 1)嘉納伝助(吉田鋼太郎)の意外な一面 2)吉太郎(賀来賢人)の心の内 3)はな(吉高由里子)と蓮子(仲間由紀恵)の「恋」 −◆− 嘉納伝助(吉田鋼太郎)に呼び出されたはな(吉高由里子)は「きっと蓮子さん本屋さんです。蓮子さん本がお好きだから本屋さんに入ると時間を忘れて本を読みふけってしまうんで...

花子とアン 第77回

内容 蓮子(仲間由紀恵)の夫・伝助(吉田鋼太郎)が、 はな(吉高由里子)のもとに現れる。 蓮子を迎えに来たという。。。。はなと会っているハズだがと言われてしまう。 ワケが分からず、はなは、誤魔化そうとするのだが。。。 そのころ、蓮子は。。。 敬称略 こ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR